• 201710 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201712

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

おにぎり と おむすび

先日は 授業が4時に終わるのに
その後 居残りで委員会があるらしく
そのうえ レッスンの時間が 5時スタートで・・・

という 過密スケジュールだったRiraさん。


時間にきっちりしているタイプの我が家だからか
子どもたちは、親以上に 時間が気になり
遅刻なんてことは 「 人生最大の失敗 」 くらいに 重大なことらしい



というわけで
終わりの時間が読めない中学の下校と迫り来る個人レッスンの緊張で
先日のRiraさんは、 朝からどんより


といっても、ワタシにできるコトは ない・・・。



せめて・・・と 好物の 明太子でおにぎりを作っておいた。




案の定

殺気立った雰囲気を全身で放つように Riraさんが階段を駆け上がって帰宅。

歩きながら カバンをおろし
制服を次々と脱ぎ
うがい、手洗い・・・

放つ言葉も とげとげしいなか


おにぎりを差し出してみた。



「 メンタイコ 」という響きに ピキッと 反応し
ひとつ手に取る。




ぱくりと食べたRiraさんは

満面の笑みで 「 めっちゃ美味しいわぁ~ 」 と 
顔が文字通りほころんでいた。 



美味しいものを食べると
とたんに機嫌が直る習性の Riraさんを見た瞬間



うっしっしっ
心の中で 小躍り



なんとか時間にも間に合い
気持ちの余裕があったかどうかは分かりませんが
レッスンに出陣していきました。


おいしい食べ物の力は 偉大です






ときどき 時間が無いお昼に コンビニでおにぎりを買うワタシ。
時間が無いこともあり 美味しいさを求めて食べることはなく
ただ、空腹を埋めるだけのもの




このコンビニおにぎりをかじりながら 思い出すことがあります・・・





2010年2月 木村まさ子さんの
「 いただきますとごちそうさまに 心をこめて 」 と題された講演


関心を持っていただくために書きますが
 木村まさ子さんは、 キムタクの お母様だそう。


その講演で 考えたことは ブログにも書き残していますので 
下の★をクリックしてみてください。
あっ、長文ですので 覚悟してクリックどうぞ


命をいただくということ・・・

自分のなかのまだ見ぬ誰かがいるということ・・・

自分が作る食事の意味・・・




自分で読み返しながら、確かにお話しされたのに
書きとめていなかった おにぎりの話を 今日は思い出してみたいと思います。



コンビニで 様々な味のおにぎりが販売されており
いつでも手軽に おにぎりを食べられるようになりましたが
家庭で作るおにぎりと大きな違いがある・・・というお話でした。

気持ちを持たない機械が作り出したおにぎりと
お母さんが 家族の為に 握ったおにぎり

その込められた気持ちの分だけ お母さんのおにぎりには
心を満たす暖かさがあり 
握った人と食べた人の気持ちを結ぶ・・・

だから 「 おむすび 」 と呼ぶんだそうです。


コンビニのおにぎりは、たしかに便利で 空腹を満たしてはくれますが
おむすび には なれない。


そんなお話でした。




おにぎりのパッケージをみると
たかだか鮭おにぎりに 見たこともないような添加物の文字が表記されています。

家で作れば、お米と塩と焼き鮭と海苔 という分かりやすいもの
たったこれだけ


そのことを 意識してから
 ワタシは食べますが
パパ君も 子どもたちも 口にすることは ほとんどありません。

年に数回 コンビニでおにぎりを選ぶのは
子どもたちにとって ある意味 貴重な愉しみ という感じです。



そんな おむすび


この日の Riraさんの顔を見ながら
その おむすびの力を 再確認したしだいです。



いつまで、この食べ物に騙されるような単純さが続くかは 分かりませんが
いつか 家庭を持つときに
この 食の力を感じて ご飯を作れる人に なってもらいたいものです。


この日、珍しく 
パパ君とRiraさんが一緒に遅い晩ご飯の食卓に着きました。

焼きたての鮭と 普通のお味噌汁・・・

そんないつものご飯を
「 おいしいねぇ~ 」 と食べてくれたことは
主婦として この上ない喜びでございました

いつも ありがとう







お時間がある方は どうぞ 

                

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

ステキなやさしさ♥
Riraさんの気持ちを察して大好きなメンタイコのおにぎりを用意されるという優しさ♥すてきだな~。子どもさんたちには,そんな相手を思いやる心遣いや,振る舞いが受け継がれていくのでしょうね。
「いただきます」のお話も心に響きました。私は子どもたちとかかわる仕事をしていますが,食育に関して,なかなかうまく伝えきれておらず,どうすればよいかと悩んでいるところでした。とてもよいヒントをもらったような気がします。ありがとうございます(^^)

  • 2011-03-05│07:53 |
  • かんきち URL│
  • [edit]
No title
昨日偶然会社で、キムタクの話になり子供の写真を見ました。昔、写真が流出したそうです。芸能人って大変よね。子供二人のうち、下の子は健常ではなかったそうです。
人生バラ色に見えた結婚生活。キムタクもいろんな勉強しているのね。。。
と知ったところでした。意味あって産まれたその子を、きっと大事に育てていることでしょう。嫁姑問題も取りざたされた時期もそのころだったんでしょうね。
食育を実践されていたお母様の愛情を感じますね。v-22

「めんたいこ おにぎり」好きなんだね。

いつもご飯に玄米を入れて炊く我が家は、おにぎりが白くないんだけど(^_^;)ちょっと硬いおにぎり、文句も言わず食べてくれる息子も、最近ラブレター攻めにあってます。
興味がないのか、そのへんに置いてある(笑)女の子怖いわぁ~。
riraちゃんは、興味なさそうよね・・。
  • 2011-03-05│10:05 |
  • ikuko URL│
  • [edit]
かんきちさまへ
「優しい」という言葉は、どうなんでしょう?
あんまり意識がないなぁ^^; どちらかというと、冷酷です(笑

なんとか、テンションを上げてやりたい!!一審です。
家族が不機嫌だと、こちらもイライラしますし。

食育はむずかしい。
モノがスーパーにも溢れ、廃棄されてますから…。
毎日、「ふだんの暮らしがおもてなし」となるような気持ちで
単なるお茶漬けにもひと手間加えて大切に差し出すことができれば
家族には伝わる気がします。
大切な気持ちで作られたものは、大切に食べてもらえる気もします。
ikukoさまへ
まったく関心がないから知りませんが
突出している人は、突出してマイナスなこともあるものです。
そんなもんです。

ラブレターねぇ、全然だろうな(笑

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。