• 201706 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201708

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

道開きの神のもとへ~旅行記

ただいまぁ。 無事帰ってきました。

なんて、土曜日夕方には、早くも帰宅しており

翌日 日曜日には、、新国立バレエ団 「 しらゆき姫 」 も鑑賞し、

娘ふたりは、本日夏休みの登校日で学校へ・・・・

と いつもの暮らしにもどっております。



さぁて 参りましょうかぁ(笑  「 道開きの神 」 のもとへの旅行記です




当初の ワタシの予定では、

高松から高速に乗れば

明石海峡大橋を渡って 神戸に入り、

そこから名神高速を通って 京都経由で

東名阪自動車道を経由して 伊勢自動車道を通って

伊勢へいくはずでした。


っていうか、事前のリサーチでは、そんな行程でした・・・・




あっ  つまり我が家は

鳥羽水族館と、伊勢神宮参拝~京都観光の旅に出たのでした。

宿泊だけは、五日前くらいに無事決まり

出発前日あたりに どこに どんな順番で 行くかをようやく決めました。


いつも そんな感じで旅立ちます




なのに、神戸を通過しているあたりで、車のナビは 「大阪方面へ」とのたまい出した・・・


まさか、こやつ 大阪から一般道を通って行けというのかっ

と、もんのすご疑心暗鬼になりましたが、

さんざんな ナビに対する文句とは裏腹に

名阪国道(自動車専用道)を通って 

当初予定したような感じの時間に到着させてくれました。



たいした地図も持たずに旅しているナビ頼りの我が家には

いったい どう行くのが 最短時間なのか 正解が不明ですが

とにかく 朝6時40分に出発して

11時には、400キロ近くを走破して 鳥羽水族館近くに到着しておりました



伊勢旅行 鳥羽水族館






 伊勢旅行 鳥羽水族館 1

パープルの海老ちゃんもいれば




伊勢旅行 鳥羽水族館 2 

華麗に泳ぐ パンダイルカもおり・・・





伊勢旅行 鳥羽水族館 3 

どろ~ん でれ~ん と ひたすらデカイやつもいたり・・・







挙句の果てには



伊勢旅行 鳥羽水族館 4 

お魚さんたちに 行きかう人間がよく見えるように・・・と

水槽を磨いてやっているダイバーさんまでいたりした。








そんな鳥羽水族館の後は

徒歩3分のところにある ミキモト真珠島へ



こちらのお方が 創設者らしい

 伊勢旅行 ミキモト真珠島 




海女さんの実演も見られます。

伊勢旅行 ミキモト真珠島1 

実演してくれた海女さんは、なんと一番若い人が 20歳とか・・・

思ったよりも若いのにびっくり 



真珠養殖と海女さんの関係がよく分かりませんでしたが

目の前で もぐって サザエや貝を 採って来るのを見ることができますよ。




真珠に 興味があったわけではないんですが

天然真珠がどうやってできているか

養殖真珠をどうやって作っているか・・・

小学生のcyoppiの反応はよくわかりませんが

中学生女子や 大人には なかなか興味深いものでした。


ぜひ、一度 行ってみて~





伊勢旅行 ミキモト真珠島 2      伊勢旅行 ミキモト真珠島 3

こんなクラウンや もっと凄いものも展示されておりました。





そこからは、パールロードなる海岸沿いの道を走って

その日のお宿 花椿へ

伊勢旅行 花椿   


peddyさんお奨めの 御宿でございます。

9室しかない小さな まだ 新しいような宿でして、料理がお奨めとのこと。

伊勢旅行 花椿1jpg 

貸切露天風呂は あいにく入れませんでしたが

大浴場の お湯は ぬるっとしたいいお湯で





「 どれどれっ 」 と お腹をすかせて座りましたら・・・・



伊勢旅行 花椿2

海老は、ぎっしり実が詰まって まるまる太く・・・


煮物の味は やさしく

炊き込みご飯は、卓上で蒸らし


大人2人分のお刺身はこんな風で

伊勢旅行 花椿2jpg

鯛の向こう側に盛り付けられてた 伊勢海老は

まだ ぴくぴくと動いておりまして



焼き物もあり 冷製茶碗蒸しもあり

お吸い物  揚げ物  デザートまであり

温かいものは温かく運んでこられ・・・



一番リーズナブルな宿泊プランにも関わらず

久しぶりに 苦しいほど美味しいものをたくさんいただきました。


今思い出しても お腹がいっぱい気分ですので、本日はここまで



               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

No title
おお!
ついに旅行記始まった~^^
しかしどこウロウロしていってんのさ
栗東、湖南といえば
ほんとにワタクシのおるところ
そっかー
ここらへんの空気も吸ってったんか~

けどへんなナビやな~
名神からは瀬田の次の草津で新名神に乗ってほぼ一直線やったのにな~(笑
けど400キロ4時間なら合うてるし(笑

花椿貸し切りのお風呂もこじんまりやけど風情があって
よかったのに
なんで入れへんたん~?
あっこは汲み湯やけど榊原温泉いうて名湯のんやし
ぬるぬるでええ感じのはず
料理はおいしかった?
長年いってないから
人にすすめるにはもう一回またいかんとね~

あー旨そ
  • 2010-08-24│20:09 |
  • pedi URL│
  • [edit]
No title
我が地元 三重県 にいらしてたのですね
楽しんでいただけましたか?
「旅行記」興味深く読ませていただきます
  • 2010-08-24│20:31 |
  • kurara URL│
  • [edit]
peddyさまへ
そうなんよぉぉぉ。
「こんなことならpeddyさんちへ寄ればよかったやん」とパパ君も言うくらいで^^;

ま、珍道中でしたわっ(笑

貸切露天風呂は、食事の時間とかの関係で入れませんでしたぁ。
でも、いいお湯でしたv-218

子どもの料理にも、ちゃんと一皿でお刺身ついてたし、よかったよ。
朝食もテーブルいっぱいの品数で、イセエビの味噌汁と、鯛のアラの煮付けもでたよ。

みんなめっちゃおかわりしてたわ。
それもこれもpeddyさんのおかげさま~v-238
kuraraさまへ
三重県の方でしたかぁ。
なんだかうれしいですねぇ。

こちらの旅行記、なんか薄っぺらい内容で
ブログに書くにはどうなんかなぁ・・・とも思ってましたが
我が家の記録になり
そのうえ、コメントもいただけて、とてもうれしい気分です。

しばらくの間、お楽しみいただけると幸いです(笑

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。