• 201708 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201710

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

子どもの荷造り

3人のママ友の会話

「 朝、学校へ何時くらいに、送っていけばいいかなぁ? 」

「ねぇ、リュックって、どのリュックを持って行くん? 」



隣で 聞いていた私は、「 なんの話? 」 と聞いてみた。



聞けば  中学生の 三泊四日の宿泊学習の荷物の準備の話らしい。


「 Riraちゃんは、どうするの?」 と聞かれた質問に、

私は一個も答えられなかった


出発前日には すべての荷物を持参して、学校で荷物検査があるらしい。

授業も四時間あって、そのうえに宿泊学習の荷物全部を持っていくから

大荷物になって大変ってことで 車での送迎を お母さんたちは考えているらしい。



へっ そんなことしなくちゃならないのか


しかも その送迎の心配をしていたのは 男の子のお母さん。





帰宅してきたRiraさんに、聞いてみた。


「 前日の学校の予定は、~だから 授業も少ないと思うし 自分で持っていけるよ 」



「 荷造りは?」 と聞いてみたら

「 モノは 大体そろったと思うから、今晩 すべてに名前を書く予定。

ママは、△△と ◎◎を 出しておいてくれればいいよ 」  と。



大体、小学5年生のときの 宿泊学習も 全部自分で準備していた。

私は、準備物もよく知らず

帰宅した後の 洗濯物を見て 初めて

へぇ~ 下着から靴下まで 名前を書くんだったのかぁ と 知ったくらいでした。





土曜日に、初めての新しいお小遣いで

 今回の宿泊学習で足りない下着の枚数もチェックして 買い物してました。






うちの パパ君は、よそのお母さんを見る機会があると

「 よそのお母さんは、よく手を掛けて育ててるなぁ 」 と感心していることがよくありました。



でもなっ 

自分のことは自分でできるようになってもらうんが 大事なんで



子どもでも やろうと思えば できることは いっぱいある。

それを ひとつずつ増やしていくのが、ワタシの勤めだ



と 信じているので

我が家は、リュックを背負って歩けるようになってからは

旅行も、おばあちゃんちへのお泊りも

自分の荷物は 自分で持たせています。



始めは、荷物の準備を手伝いましたが、

幼稚園くらいになれば、荷物の準備もまかせてきました。



子どもだけで おばあちゃんちに泊まりに行ったとき、一度は パンツがなかったそう

自分で 入れるのを忘れたんでしょうね。

自分で忘れてしまったので、別に誰を責めるわけでもありません。




キャンプに行くときも、自分の荷物は自分で管理。

ママ様に  「 アレ出して。  これはどこ? 」 と聞くこともありません。

お風呂に行くときに必要なものは 一袋にまとめてパッキング

リュックの底から、着る物の順番を考えて 入れていっている ハズです。



 子どもでも 自分でやるもの、と思っていれば、自分で必要なものを考えて準備できます。



というわけで 宿泊学習の荷物の準備に ワタシが手を貸すことはなく

Riraさんも、何かを言ってくることもありません。




帰省してくる従兄弟たちなんかをみていると

ほんっとに おかあさんが働き者です



お風呂ひとつ入るのに、いちいちお母さんが 子どもの分を 引っ張り出して

準備してやらないとできない←子どもは、うちよりも大きい子たち





いつになったら 子どもは自分でやるんでしょう

いつまで 手をかけてやるんでしょう

いつになったら 自分でできるんでしょう



面倒くさがりのワタシには はなはだ疑問です。





こんな話をすると

「 Riraちゃんはすごいねぇ 」 とか 「 Riraちゃんだからできるんだよ 」 と言われますが

cyoppi もできますよ。



保育園の荷物の準備を 指示されていたのは 私のほうですし

習い事の荷物を 準備してやったことも一度もありません。


自分がやりたい、と思って通い始めた習い事です。



自分は、どこへ何しに行くのか。

道具はなにが必要で、何が足りないのか。

スイミングやバレエの後の 着替えに必要なものはなにか・・・。

それくらいは、自分でやろうよ。



私が動いて 準備してやることはありません。

「 これこれは 持ってる?」 と声をかけてあげるだけです。




おともだちが お母さんに 「 お母さん、△△が入ってなかったよ」 

と言ってるとき

「 おいっ そんなの自分で入れなさいっ 」 とつい言ってしまう私です



うちの子だから できるんじゃなく

かれこれRiraさんなら10年かかって ここまでできるようになってきたのです。

多少 忘れ物があっても、本人が自分で困れば 次からは考えるでしょう。

それを先回りして 親がやってあげても 進歩は望めない気がします。



お母さんも、いつもいつも準備万端やってやらなくても

たまには 

「 ママは、今日疲れてできない。  ちょっと自分でなんとか頑張ってみて~」

と、仮病でもつかって、片目をつぶって 助けてもらって 任せてみたら

案外 しっかり できるものかもしれませんよ



なぁんて 余裕で話してるのは

やっぱり Riraさんとcyoppiが 根っからの しっかり者だからなのか




応援のクリックを~
               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

No title
我が家は学校まで連れて行かなかったですよ。
みんな行かないと言ってました。
大荷物持って、同じく、通学カバンに宿泊合宿の荷物に持っていってました。
小学校の修学旅行の時も、帰りは夜遅くだったから迎えが必要でしたが、行きはお友達と行きました。
私は心配症だからすごく気になるのだけど、気になるくせにめんどくさがりなので、1人で行ってくれるならお願いしますと。
主人は私とは正反対。いちいち今の子は親がなんでもやってやりすぎと言います。
塾の送り迎えもいつも車でしていたら主人がいい加減にしろと。1人1人電車での行き方を一度教えてくれて、それからは1人で行って来いと。はじめは心配でしたが、私は楽ちんになりました。
ただ、荷物の準備はRiraちゃんとcyoppiちゃんのようにはいかず、ほとんど私がお手伝いいたしました(汗)
確かに、我が家の息子ちゃん達、あまり自立してません。気をつけなきゃ。
  • 2010-07-06│15:58 |
  • momo URL│
  • [edit]
No title
すみません。修学旅行は運動場まで自転車で一緒に行ったわ~(汗)うそつきになるとこでした(汗)
  • 2010-07-06│17:17 |
  • momo URL│
  • [edit]
momoさまへ
はははっ、わざわざありがとうございます(笑 
なんだかmomoさんらしいです。

私は、多分人一倍面倒くさがりなので
できるだけ自分がやりたくないっていうのが本音です(笑

おかげで 子どもは自分の必要なものは自分でメモを書いて渡してくれたり
何度も声をかけてくれます←私は当てにならないので^^;
それくらいでいいんですよ。と、思うことにしています。

実家に送るのも面倒で、Riraさんは、小1からお泊りに行くとき電車で駅名のメモをもって行ってました。

乗換えがないし、ローカルなので車掌さんに一言「1人です」って伝えるし
ま、子ども自身の不安との戦いだけです(笑
心配してもキリがないし・・・こんなもんです。

  • 2010-07-07│09:46 |
  • risyon URL
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。