• 201707 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201709

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

お見舞いによせて

お土産バームクーヘン 

クラブハリエ の バームクーヘン


先日の神戸のお見舞いの際に 逆にいただいたお土産

香川から はるばるやってくる・・・ということで 叔母さんの息子さんが

 わざわざ大阪の自宅から準備して届けてくれていたお土産



私のおじいちゃんの妹にあたる その叔母さんは

いつお会いしても 品のある微笑を浮かべた かわいい語り口の人でした。

本家の長女でもある私は、結婚しても何年かは年賀状を出していました。

が、ご主人が亡くなり、引越しもされ・・・いつの年からか年賀状も出せなくなり

その様子が うちの実家のほうでも分かりかねるようでした。



今回やっとお会いできたおばさんですが

実際、病院に入院しているのか、施設に入っているのか

お話ができるような状態なのかすら、わかりませんでした。



約束の面会時間に 向こうから歩いてきたのは

歩行器を押しながらも ゆっくりと歩いてこられる 小さくなった叔母さんでした。




叔母さんは 前の晩、よく寝付けず

会ったら 聞いておきたいことを 思いつくまま

筆ペンでノート1ページに たくさん書きとめてありました。



その文字の しっかりした様子から 

気持ちも頭も矍鑠(かくしゃく)としていることが 感じられ

なんだか とっても ほっとした気持ちになりました。



ご主人が亡くなられてから 1人暮らしをしていた叔母さんが体調を崩されてから

隣県に住む息子さんたちから同居の誘いもあったそうですが

住み慣れた神戸にいたい、ということで

これまで住んでいた借家もすべて息子さん2人にその処分を任せて

少ないモノと身一つで このケアハウスに入られたそうです。




ふるさとである 香川が TVに映るたび

食い入るように 讃岐富士を探したり 見覚えのある風景を探すそうです。



阪神大震災を 灘区で経験した叔母さんです。

そのこともあるうえ、今回のケアハウスへの入所で

これまでの写真や思い出のモノも 多く手放すことになったようで


家の処分を 息子さんに任せたんだから 「あれこれも 聞けないのよ」 と

笑っていました。



まだまだ 元気そうな叔母さんが 

これまで生きてきた思い出のモノを 無いものとして

すっぱり諦め  今の状況を受け入れ

今、笑って暮らしている姿に なんだか潔い強ささえ感じました。




子どもが無事独立し それぞれの家庭を生きていけるようになれば

親としての役割はひとまず終わり  

自分のあとのことは 潔く 誰かに 任せ切る。




子育て途中の私は

意識して すっぱりとモノを手放してきているつもりでしたが


はっきりと意識がある人が 本当にモノを手放して生きている・・・

それは やっぱりちょっと想像もできない 諦めと潔さだ と改めて感じました。




ちょうど、録画していたテレビで こんな言葉を聴きました。


ピアニスト 辻井伸行くんを12年間教えてきた 川上先生のことば

「 (追い詰められた)あの状況で、さらにポジティブに考えられる、すごい強さ 」



とかく 「 メンタルが弱い 」 と指摘され、強さを求められるけど

わかったようで 分からない・・・あいまいな感じでした。

でも、そのメンタルの強さがなんなのか・・・そのことを聞けた言葉の気がしました。



「 メンタルの強さ 」 とは、

苦しいときに ネガティブにならず

ポジティブに考えられる力

そんなふうに思えました。



叔母さんの  その精神は まさに このメンタルの強さじゃないでしょうか。


自身のおかれた状況を 前向きに受け入れていく強さ

つい悔やみがちな その状況を 笑って 「 よしっ!  」 と していける強さ




なんでも かんでも 持つことを卑下して、モノを捨てることを尊重するのではなく

手放すべき時を 判断し 受け入れること

それは その人、その人それぞれで

たとえ家族でも 違っていて

そのことを尊重しつつ・・・

上手に 話を聞ける



いろんなことは つながっているんですねぇ。




とかく おしゃべりが過ぎて 自己嫌悪になることが多い私

つい先日も、失敗したなぁ、と・・・

反省するのに、大事なことを わすれちゃって進歩がないんですよねぇ






話がそれてきたので 叔母さんにもどして・・・



離れて暮らす息子さんも

 毎晩 夜勤でまわってきてくれる介護士の方へ・・・と

おやつのセットを 毎晩分準備して 届けてくれるそうです。



離れていることを諦めず できる配慮をしていく

その気持ちが 大切なのでしょうね。


結局 人は 身一つでこの世を離れるもの
 
そんなことを目の当たりにしたような気がしました。


お土産バームクーヘン1

今日もおひとつ クリックを
               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。