• 201705 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201707

[Edit]

テンションが低い理由



玄関ギャラリー
 

本日のは長くなります。

子どもの近視のお話です。

よろしければ どうぞお付き合いを



最近のワタシの精神状態は なんだか低迷 

ただ 漠然とした不安感が募っているようで テンションが低めです。




 こんなこと、ときどきありませんか?




こんなテンション、初めて自覚したのは 遠い昔 小学生のときでした。

 

 子ども心に いわれの無い不安感を感じていたとき
 
「 えっと ワタシは 何でこんなに暗い気分なんだ???」
 
と ふと我に返って その原因をさぐると 

原因がなかったりして

「 なにやってんだ ワタシ 」って 我に返るって感じでした。



ありますよね?  こんなこと 

 えっ  ないですか?






まあ、そんな感じのテンションなんですが


漠然とワケもわからず 暗い気持ちになって テンション低いのは 嫌なので

ひとまず原因を探ってみた



先日書いた 溜まりに溜まったレシートと領収書の山と未記入の家計簿

これが最大の原因と思ってましたが

これに関しては、もうある程度開き直っているので 

今更テンションは下がらない 少しは下がれよっって言うくらいで・・・





いろいろ思い返してみると それはそれはいろいろ思い当たる・・・ 





計算カードが クラスで最速のcyoppiが

いざ、プリントに書かれた 一桁の足し算なんかで 計算できずに固まっており

計算カードは反射的にできても、書かれたり口頭で言われた計算は別物だったこととか・・・




単純な足し算や掛け算すら おそらく小学四年生レベルの計算

いちいち筆算しないとできない低レベルのRiraさんを発見したりとか・・・



「 できない できない 」 と言うわりには

人のアドバイスもまったく聞かず、行動が起こせない Riraさんとか・・・



なんだか狭苦しく片付かない子ども部屋とか・・・



学年最初にある 視力検査の結果とか・・・・



まぁ、いろいろあるようなわけです。





とにかく このうだうだ低迷気分を吹っ切るためには

ひとつひとつ原因を取除いていかねばならない


大体 元気がない時っていうのは

この面倒くさいようなことを片付ける気力と行動力が 激しく減退してるから

解決できなくって、日々たくさん溜まっていって ますます落ち込み 

負のスパイラルって感じですよね。




というわけで、この一週間やったことは

子ども部屋の 模様替え

cyoppiに計算のプリントを書かせる

Riraさんは、もう中学生なんだから 自分で考えて行動してもらうしかない と割り切る

ただし、恐ろしく遅い計算は、これまで塾も通信教育もドリルもやってこなかったので

適当にプリントを作ってあげて少しずつやってもらうことにしました。

毎朝の玄関掃除をより一層丁寧にする運気UPになりますように

いつもより頻繁に掃除してみる

って感じですね。


我ながら 着々と 片付けたじゃないか



ま、ここに家計簿に関してがいっさい書かれてないことは お気になさらずにねっ

書かれてはないものの

子どものお小遣いについて、とか いろいろ構想は進んでおりますから



そんな風に いろいろ事を整理したり片付けたりしたものの

 いまいち気分は晴れてきませんでした。



テンションが低いときは、とかくマイナス志向になりやすい




で、思いつく限りの改善をして たどり着いた最大の原因は 

子どもたちの近視でした。




2人とも 学校から視力検査の紙をもらってきたので

翌日 眼科を受診 (うれしいことに うちのお向かいは眼科医院 )



Riraさんは、生まれてこの方 1.0見えていた時期が無いんじゃないかと思うくらいで

一年生のときから 0.4とかでした。

二年生になるのを待って メガネをかけました。

それからの一年の間に なんども度数を上げなくちゃならないほど 進行

現在は、12歳という年齢で かなり強度の近視で0.02くらいです。

メガネでは かなり度数もきついので コンタクトをすすめられるほど。

最初は 何軒か眼科も行ってみたし、視力回復なんてとこも行きました。

ワタシが極度の近視で(ソフトのコンタクトでは度数が無いくらい)

小さい頃から ものすごくコンプレックスであり 視力検査が嫌であり 辛かったりしてきたので

遺伝的要素の強い近視が子どもに遺伝することは覚悟していました。

ので

小さい頃から テレビやビデオもあまり見せず 

あまりに根をつめた 長い読書も気にかけ

そんな延長で ゲームも禁止しているような次第です。

「 勉強しなさい 」 と言わないようにしているのも これが一因のところがあります。




それほど注意していても 受け継がれたDNAには勝てず

確実に 成長とともに 近視は進行していきます。




親として、なんとかしてあげることはできないか・・・と受診した最後の眼科は

アメリカで行われているオルソケラトロジーなども精力的に取り入れているような病院でした。

その先生に、いともあっさりと

「 どうして 受診されたんですか?

近視は その子の個性です。

背が高い子もいれば、低い子もいます。

メガネで矯正して 見えるなら それは病気ではありません。

なんにも問題ないです!わっはっは 」

と元気に笑い飛ばしてもらい

それ以来、もういろいろ眼科を受診することはやめました。

( 定期的な検診はお向かいの眼科へ行ってますが・・・)



親が悔やんでいる姿を 子どもが見ることで 

かえって要らない不安を抱かせたり

近視を深刻に捉え過ぎてしまったり

自分自身の経験から よくわかっていましたから。



ワタシが 子どもの頃に言われた 「姿勢を正しく、テレビは離れて見る。」というようなことが

 30年余りたった現在でも 同じように眼科医から言われます。

「 あぁ やっぱり近視に関しては 進歩が無いのかなぁ 」 とがっかりもしましたが

予防と回復は望めなくても

対処方法は あきらかに増えているのは事実です。



人一倍心配性でマイナス思考の実家の両親でも

「 コンタクトもあるし、レーザー治療もあるし、心配し過ぎなくても大丈夫 」と言ってくれます。

実際 実家の父は、私よりも強い近視でしたが 60歳前にレーザー治療を受けた経験者。




視力検査に悩まされるのも 学生の間くらい。

現在では、矯正した視力しか学校では測らないし

裸眼の視力検査もないようですし、気持ち的な負担は私のころに比べれば少ないようです。



たしかに 正常に見えている人よりも 近視の人はコストがかかります。

Riraさんのバレエの為に 使い始めた1dayのコンタクトも月額4725円。

それに定期的な眼科受診と メガネのレンズの交換。



でも、子どもの為には

そんなことよりも 近視ということを気に病まず

気長に それなりに付き合っていってもらいたいと思っています。




昨年まで 家族で唯一裸眼で 1.0ぴかりんっと見えていたcyoppiが

急に 視力が落ちました。

ぐんぐん背が伸びている時期です。

一年の間に 1.0 が 0.3前後に落ちています。

この急激な下降にさすがに不安も感じ先生にもうかがいましたが

「 病的なものではないですよ 」 と言っていただけました。

昨日 とうとうメガネを作りに行きました。


この人は、お気楽な感じで

家族みんながメガネをかけているので 「cyoppiもかけたいっ!」と言ってみたり

今回のメガネを作りに行くのも 若干楽しみにしているようす・・・



ま、それくらいで いいんですけどねっ




子どもの 体や健康は 本当に いつも心配の種です。


手助けしてあげたり 解決できる問題なら

それは ひとつひとつ 整理したり 片付けたりしていけますが

こと そういうことに関しては 親の力及ばずです。

近視のように 遺伝的要素を 言われれば

それは明らかに 親のせいでもあります。

ほんっと申し訳ないんですよねぇ。


でも、それもこれも 動かしがたい事実で現実

そのことをどう感じ、どう捉え どうつきあっていってもらうか

そういうことでしか 親は力を貸せません。


ま、近視が進めば それに対処していってやることしかできないし

自分で心配そうなら 話を聞いてやるし・・・

それを積み重ねていくしかないのでしょうね。


ははははっ

 ワタシの近視が これほど強度じゃないなら こんなに心配しないんですけどね。


根本的な解決をしてやれないことと その進行に

ついつい不安にさせられるのです。

子どもがいると 大なり小なり 果てしなく悩みは増えますねぇ

自分以外の人間に これほど悩んで心配してあげられるのは

ある意味 貴重なことなのかもしれません。





が、今回も できる限りのことは やったということで

ひとまず よしっ とします。



日ごろのワタシの不安を ここに書いてしまいましたが

Riraさんも このブログ読むんですよねぇ・・・。



ちょっと 迷うところでした。



でも、Riraさん、自分でなんとかできるようなことじゃないから

心配になったり 不安になったら パパでもママでも 話してくれればいいんだよ。

背が伸びきるまでは 悪くなっていくものだから

見えにくくなって 困ったら そう言ってよ。

大丈夫、パパもママも おんなじ経験者だから、きみの気持ちはよくわかるっ!




最後までお付き合いくださった皆様、ありがとうございます。

面白くない話だったと思いますが

これが正直な今の状態でした。





明日は、徳島に出没予定ですおたのしみに。


どうぞクリックもしてみてねっ
               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

















スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

あテンションプリーズ
テンションかぁ~
私もここ数日どよ~んってしてました。
親が入院とかあって、今日も検査結果待ち。
家族の誰かになにかあると、テンションも上がらないのが、普通の人間なんじゃないかな?

目が悪くなった私は、目が見えなくなる恐怖を味わったので、メガネやコンタクトで見えるなら、それはそれで大変なこともあるだろうけど、眼科の先生同様、「うん大丈夫!」
って、思うよ。でも、そのつらさは、なった本人しかわからないから、家族みんなそうなら、ある意味、想いを共有できてよかったね!

今日、偶然にも、会社の心のお悩み相談に、初めて電話してみたんです。
いろいろ話すうちに、私が聞いてほしいのは、アドバイスとかそんなんじゃなく、
「そーなんだね・・そーだったんだね」って
つらさを受け入れてほしいただそれだけ。
それを、上司にわかってもらえなかったから、
それがつらかった。ってこと。

会社の誰かに話すと、ぐちになる。だけど、前向きな発想でお付き合いいただける、心の電話相談のベテラン職員さんは、自分を前向きに導いてくれたんだ。おかげで、すっきり!  さっきまで仕事を辞めてやる!って思っていたのが、嘘のように前向きになっていました。
電話相談の方ってすごいなぁ~・・

ブルー脱出したぜぃv-218

うちのhideも、片目だけ悪いんだぁ~
ちなみに私、なぜか、れーシック状態の別の手術を治療で受けているうちに、色見は薄くなってしまいましたが、視力は上がるというラッキーなこともあり、色を聞かれると、若干不安ですが、片目だけなので、まぁどうにかなってます。
コンタクトも使い捨てを、悪くない右目だけ使用のみで、過ごせております。
片目だけ・・ってのがすごいでしょ?!
効き目が右で、右目が視力わるかったので、ちょっと度数を上げるだけで、左目はそのままでOK。この案を眼科の先生に提案された時は、びっくりしましたが、ぴったり!
私にあっています。おかげで、バレーボールができるようになったのさ~v-221

長くなって、すんまそん
  • 2010-05-21│12:40 |
  • ikuko URL│
  • [edit]
No title
v-410v-426我が家の息子達もめがね男子です。
特に次男はかなりの近視です。
やはり幼稚園頃からうんっ???と思いはじめ小学校になって二年生だったかなぁ、一年生だったかなぁ、眼鏡をかけはじめ、今年もまた眼科に行ってきました。成長がとまるまでまだまだ進行すると言われました。
でも、私は矯正にも行かず、眼科の先生のいわれるまますぐ眼鏡に。もっと何か方法があったのかも。後になって思いましたが。
私も主人も眼が悪いし、しょうがないかぁ~と。でも、できたらいい方がいいに決まってるくらいで。
でも、歯に関しては、私が治療歯ばかりなのでこどもはせめてともう神経質なくらい必死です。そのわりに長男は転倒して永久歯欠けるし、どんなに歯磨きに気をつけていても虫歯発見したりともうそのたびにくらっとくるほど。長男の歯科代はすごいです。(泣)

悩みって、その人が思う比重によって違いますよね。その人の生活や環境でも違ってきますし。

それと、簡単な計算問題を筆算するということ、私はいいと思いますよ~。
丁寧なんだと思いますよ。間違い、ないでしょう?v-218
我が家の長男なんて、なんでもかんでも暗算してミスが多くてそれが悩みなんです。私はどんなに簡単な計算でもいいから筆算しなさいと言っているほどです。時間の問題はもちろんありますが、支障がないのであれば絶対いいですよ。v-426
risyonさんはしっかり子ども達のことを見ていて、その対策もしっかり考えられて素敵ですよ。それに玄関をきれいにするっていうのは更にいいv-352
私は風水はあまりわからないのですが、玄関は毎朝水ぶきしています。これはもう十年以上になります。実家の母もやっていたからなんですが、努力はしないといけないのですが、そのうえでげん担ぎや風水なども取り入れて気分を落ち着かせたいと思うことありますよ~。

私も長文になってすみません。
ikukoさまへ
みんないろいろあるんだよねぇ。
今から考えても、音信不通だったikukoさんの目の病気ん時って
言うに言えない、不安と心配でいっぱいだったんだろうなぁ、って思うよ。
眼科に付き合うのは、いつも私で、
よくない結果を聞かされるのも私。
その場にいない旦那は、間接的に聞くだけだから
いまひとつ反応も緩やかで…。
不安でなかなか旦那にすら言いにくかったり…。ま、不安なことは結局旦那に吐き出しますけどね。

最近の私の関心事は、心療心理士関係です。
いかに話を聞くか…。なかなか本を読むくらいでは難しいですが。

子どもの、他人の、話を聞いてあげるって本当に難しいよねぇ。
momoさまへ
ありがとうございます。
長文大歓迎です♪

親として後悔することはたくさんあるものです。
そのことに気付けたり、意識できているだけでも、なにかこれから違ってくる気がします。

目も悪いですけど、長女は歯も悪い。
毎日小学校低学年まで仕上げ磨きしてやったにもかかわらず
歯が大きくて詰んでいるため、虫歯がありました。
しかも、永久歯はもっと大きく、小さい顔の長女の上あごには入りきらず
犬歯が歯列から完全に二本ともはみ出ています。
それにくらべて 次女は、すきっ歯で、仕上げ磨きもほとんどせず
本人もちゃちゃーっとしか磨かないのに、歯医者さんのお世話にはまったくなってません。

いろいろあるもんですね。
普通でいいんですけど…。その「普通」って案外難しいものだと感じます。

計算ねぇ^^;
そうなんですよ、丁寧だからテストなんかはほぼ完璧だったから
親も先生も気が付かない…^^;
けど、恐るべき遅さなんです。数をこなして慣れるしかないですね。

お互いないものねだりですねぇ(笑
ま、そんなものです。
みんな、よそのおうちには何にも問題ないように見えたり感じたりしてうらやましいものですが
それなりに、その家庭なりに、いろいろあるんでしょうね。

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム