• 201709 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201711

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

悲しいしらせ

先日夕方、学校からの一本の電話で

悲しい知らせを受けました。

 

ふたつの悲しい知らせでした。

 

クラスの役員をしていた私のところへ届いた知らせは

担任の先生のお父様のご不幸と

クラスメイトのお父さんのご不幸のしらせでした。

 

 

直接は、お会いしたことのない お2人でしたが

身近な人の大切な方です。

 

 

クラスメイトの父親、といえば 立場としては本当に身近なヒトです。

まだ、30代の 一年生の男の子のお父さん。

 

おなじ保育園からおなじ小学校に上がってきたお友だちで

お母さんとは、挨拶を交わす程度

お父さんは、園の行事のときに一度、その後は卒園式・入学式にご一緒しました。

 

いつも元気で、しゃんとした にこやかなお母さんです。

話したことは少ないですが、私の好きな感じの方です。

 

 

お葬式に参列したときに

気丈にも 声をかけてくれたのは

そのお母さんでした。

 

「 risyonさん、ありがとうございます。

cyoppiちゃんも ありがとうね。」

 

いつもと変わらないシャンとしたまなざしで 静かに笑って声をかけてくれました。

 

 

知らせを受けるまで

何にも知らなかった自分が

無責任にも 涙が出てしまい 申し訳なく感じます。

 

 

ちょうど一年前に、見つかったガンは、余命三ヶ月の宣告だったそうです。

 

それから一年。

私は、彼女の沈んだ顔を見た記憶がありません。

 

 

 

子どもをもつ親として

一年生の兄と、まだ保育園児の妹を残していくということは

本当に 想像できない悲しみです。

 

同居されているご両親の いっしょに闘病を見守ってきた気持ちを思うと

ほんとうにやりきれない気持ちです。

 

 

こんなにすごい事態を抱えながら

ほとんど園の誰にも言わずに ただひたすら頑張ってこられたことを知り

彼女とご主人の強さを今さらながら感じます。

 

 

自分に、もしものことが起きたら

私は、どうやって受け止めていくだろう。

もし、夫に何かあれば、私たち夫婦は、どうやって生きていくだろう。

 

自分の事態を 両親に打ち明けなければならないという状態は

苦しみ以外のなにものでもありません。

 

そして、この先を生きていかなくてはならないこどもたち。

非力な子どもには、親は、本当に自分の人生を左右する大きな存在です。

 

 

自分では、病気を選べません。

そして、寿命も分からないものです。

 

 

今は、ただ人知れず頑張ってきた強さに、感銘するばかりです。

 

 

予約してあった、子宮ガン検診に行ってきました。

とりあえず問題はありませんでしたが、ちゃんとした検査結果は、10日後です。

 

 

 家庭を持つと、自分の健康は自分だけのものではなく

家族全体の生活を左右するもの

 

人との悲しい別れに接するたびに

自分の生き方を 戒められる思いがします。

 

 

同じ毎日が延々と繰り返されると思いがちですが

決してそうではなく

そういう事態に直面したときのための

心の準備を強いられているような気持ちになります。

 

 

いかに自分を奮い立たせるのか

 

どう家族を支えていくのか

 

 今ここにある「ふだんの暮らし」は、

いろんなもののバランスの上になりたっているに過ぎないのでしょうね。

 

 

もうひとつの悲しいしらせには

70年余りを丁寧に 前向きに みずみずしく生きられた姿を知ることになりました。

 

長くなりますので、この続きは、また明日。

 

 

 

かなしいお話ですいません。 でも、大切なことかな、と想い書くことにしました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ    にほんブログ村 子育てブログへ

 

 

スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

いろいろ
生きていると、いろんなことに遭遇するね。

生きること、亡くなること、
それがみじかな私は、毎度ながら
人生の意味を感じてしまうときがあります。

短くても長くても、今、一瞬が大事に思う ギュッと心を抱きしめたくたくなるときがあります。

いろんなこと これからも生きているかぎり
いろんなこと きっとあるね・・・
  • 2009-10-20│19:35 |
  • ikuko URL│
  • [edit]
ikukoさまへ
そうだねぇ。
そういう環境で仕事してたら、いろいろ考えるよねぇ。

気持ちを整理して日々すすんでいかないといけないから。

何かをしっかり覚悟して、遭遇することを越えていくしかないのでしょうね。

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。