• 201710 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201712

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

高2長女 厳しい現実と向き合う

久しぶりに高2長女 Riraさんの様子を書き留めておきます


が、それほど変わりなく高校生活を邁進中

思春期は・・・といっても
ワタクシが気になるほどのことはなく・・・
その対応に苦慮することもなく・・・
特別なことは何らありません。




ただ、最近気付いたのは
Riraさんが無意識にとらえているであろう家庭内の力関係 

気付いたのはほんの些細なきっかけ・・・


ふと、パパが何気なくRiraさんに指摘した言葉に対して
横目で、俄然冷たい視線を送るRiraさんがときどきおりました。




パパが言ってることは、冗談交じりで
 「 食べすぎちゃうん?」 とか、思い出すのも苦労するような些細な言葉

ま、お年頃の娘には ムッ とくるような類のことです


その、同じ言葉をワタシが、もっとあからさまに投げかけても
それに対しては そんな冷たい視線で睨まれることはありません。


「 なんで同じこと言うとんのに、パパだけ睨まれるん~?」 
ってことに はたと気づいた三人

その理由を考えてみた・・・

パパは、何にも考えずに ホントのことを口にしているだけ
そこには、「じゃあどうすればいいのか?」 「どうすればできるようになるのか?」
ということまでは、全く考えてはいないことをRiraさんは知っている。
そして、パパを睨んでも、怒られるでもなく
自分に直接何かマイナスになるようなことは発生しない
と言うことを長年の経験からわかっている。



これが、ことママ様相手だとそうはいかない

ママ様に向かって ムッとした態度をとろうものなら
翌日からのお弁当がなくなるとか・・・塾のお迎えがなくなるとか・・・
洗濯をしてもらえなくなるとか・・・
即、その時点からの自分の生活に大いに支障をきたすことを
小さな頃から経験してきている

ママ様を敵に回すと怖いのです 



というわけで、自然と無意識のうちに身に付いた反応でした





そうは言っても、ワタクシも工夫はしています

むやみにお年頃の娘に無防備な言葉は投げかけません


何か指摘する時には、必ず、その対策を提案したり相談してみたりして
「 こうなってもらいたい 」 と思っていることを何気なく伝えるようにしています。


たとえば、「 太ってきたよね~ 」 と思う時

やんわりと 「 体重どんな感じ~?」 と語りかけ
「 ママさ~お正月に食べ過ぎてめっちゃ太ってさ~」 と
さも自分のことを相談するように話しだし、相手が乗ってきたら
「 ちょっと一緒に これこれをやってみる~?」と提案して
楽しんでやってみるような気にさせる。


とにかく、直接指摘の言葉を投げかけずに
相手がどういう風にとらえているかを探ってみれば
大体、本人も何かしら考えてたり気にしてたりするので
「 じゃ~どうしたい?」という話になっていく。
そこで、提案してみたり、本人の意向をきいてみたりすると
「 これからどうするか 」 という前向きな話に進んで行く


常に、「 指摘すること 」 に対して
ママは 「 あなたに期待してるよ~ 」 という気持ちを伝えることを
心掛けている。
しかし、その期待は、決して親の欲ではなく
「本人がなりたい自分」 と合致していることが大事かな。



というわけで、今のところこの方法で平和は続いているのです。



そんなRiraさんですが、凄いな と感心させられることもあります。

ここからが本日のメイン


先日、センターチャレンジを受けてきました。

ワタクシも当日会場に送って行って初めて知りましたが
来年センター試験を受けることになる高校2年生が集まって
現役受験生の受けているセンター試験を一日遅れで受けて
腕試しするというのが 「 センターチャレンジ 」

会場周辺は、制服姿の高校2年生で黒山のようでした


午後1時半から7時半まで、一気に二日分のセンター試験を受け
「解ける問題がなかった・・・」という感想の数Ⅱに
力尽きて帰ってきました。

その翌朝、Riraさんを起こしに行った時のこと・・・


「おはよー」と言うワタシに、むっくり目を覚ましたRiraさんは
「 国語 △△点  英語は●●点 数Ⅰは××点・・・」
と、センターチャレンジの感想を述べました。


 

きみは、夜中から1人で
数Ⅱ以外の全教科を自己採点したのかい・・・ 



そして、まだ布団のなかのRiraさんの次の言葉は、
「まだまだ今から どれだけやらんといかんかが分ったわ~





決して、悠々と国公立大学に行けるような成績ではない彼女

オープンキャンパスに行った大学の写真を机に貼り
「 ここに行きたい!」 という信念で進んでいます。

が、その学部学科に入学できるのは、全国から45人
狭き門であり、今の成績からはかなり高い目標です。

その厳しい現実を思うと、親の私たち夫婦は
今の成績で行けそうな大学は・・・と思いがちですし、
事実ワタシ自身もそんな選択をして大学受験をしました。


が、Riraさんにそんな思いはないようです。


ここに入るためには、ここまで頑張らなければならない


ただ、それだけを思っています。

そもそもセンターチャレンジは、「受けたい」と思えるようなものではないはず。
成績のいい子が腕試し、というのとはわけが違って
Riraさんの場合は、厳しい現実に向かうことになるわけです。

そんな試験を何とか受けたとしても、その日に自己採点する気持ちって
どこから生まれてくるんでしょう?


大人でも、とかく厳しいと分っている現実は見たくないモノ
何とか逃れたい・・・と思うもんじゃないのか???






このRiraさんの行動と台詞に、
夫婦ともども朝から感心させられた次第です。

一体、この娘は、どこからやってきたのでしょう???
コツコツ努力することが苦手で、安易な方に流されてきたような私達夫婦は
すでに娘に、人として追い越されてしまっています・・・


高校受験の時もそうでしたが、同じ気持ちで大学受験に向かっているようです。


このRiraさんの気持ちを支えているのは、
「今たとえD判定でも、強い気持ちでやれば合格できる」と言う
力強い学級担任の言葉と
前向きに頑張るクラスや部活の友だち、熱意あふれる塾の先生です


先日も、こんな姿がありました。
弓道部の試合当日、朝4時半に起床し、6時から朝練
1時間電車で移動して試合に臨み、決勝まで勝ち進み閉会は夕方6時過ぎ
そこから電車で学校に帰り、遅刻して塾に向かって、迎えに行ったのは夜10時
真冬の寒空の下、屋外で1日過ごしたわけで、
「もう塾は休んだら?」とLineしたワタシに
「 みんな行くって言うし、行ってくる」 と元気に返してきたLineに
前向きな友だちってありがたいな~と思いました。

子どもは、親が思うよりはるかに体力と気力があり
なんといっても前向きです。


学校の進路指導の先生がおっしゃっていました

「 子どもは頑張っています!
なのに親が、子どもより先に諦めてしまうことが多いです。
最後まで、親は子どもの力を信じてください!」


まさにそうだと感じています。




バレエの先生が言っていたことも同じでした。

「 そんなの無理じゃないか、と親が子どもに線をひくことで
子どもが伸びる力を摘んでいる

まずはなんでも やってみたらいいんです 
そうやって乗り越えて行ったら成長していくんです 」





大学受験に向かうRiraさんに
親がしてやれることはほんの少ししかありません。

ただ、
親が先に諦めることのないようしっかり応援していこうと思っています。




次回は、次女cyoppiのお話~



クリックお願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

No title
こんにちは。
いつもながらのRiraさんの前向きに頑張る姿に朝からパワーを貰いました。
何事にもアスリートの魂で立ち向かうRiraさんを応援しています♪
そしてそんなふうに育ったのも家族の暖かい愛情に包まれて育ったからでしょうね~。我が家も見習う点多しです。声のかけ方、参考にします!!
ゆん様へ
ありがとうございます!
でも、ま~毎日毎日ご機嫌でポジティブな溌剌女子高生ではないですよ(笑
いろいろ不機嫌もありますよ~
大人でもそうでしょうし(笑

ただ、クラスで最下位っていう痛烈な成績をとっても
腐ったりしないんですよね~^^;
投げやりになるとか、キレるとか・・・不思議とないんですよね~
そこは尊敬してます(笑
  • 2015-01-21│09:47 |
  • risyon URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。