• 201709 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201711

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

思春期娘の部屋模様替え

 前回、 『思春期娘の声のかけ方』 なんてタイトルにしたわりには、
具体的な「話しかけ方」を書かなかったかな~と思いましたので
補足いたします。




まず、思春期娘Riraさんを不機嫌にさせる言い方は

①本人が分っていることを、改めて指摘されること
「 いい加減(スマホをやめて) 勉強しなさい 」
「 洗濯物を(自分のタンスに)片付けなさい 」

②今やろうとしていたことを、指摘されること
「 早くお風呂に入りなさい 」
「 早く起きなさい 」

③気にしていることを言われること
「 太ったね・・・ 」
 「 ニキビがひどいね・・・ちゃんと洗顔しなさいよ 」 

こんなところでしょうか?

考えてみたら、すべてが命令形
親のワタシでも、言われる側なら嫌なことばかり

というわけで、反省





そして、なぜ、親がしてもらいコトが出来ないのかを考えました。




① 「分っていることを改めて指摘されること」 に関しては、
親が、「分ってる」と感じられることなんだから、本人は当然分かっている。
分っているのに、出来ないのは理由がある。
ま、大体は「面倒くさい」「やりたくない」「やるきがない」というところ・・・

そこで、直接的には指摘せず、命令はしないことにしました。

スマホに関しては、このひと月の間に、本人が意識を変えたので
自分で遠ざけており、勉強の合間の休憩にスマホしてるという感じになったので
改めて、注意することはなくなりました。

とかく、人間関係の不安からスマホ依存になるようですが、
Riraさんに関しては、
「今から勉強するから、Line見ないよ~」と言える友だち関係なので
問題ないそうでした。


「勉強しなさい」ということですが、
我が家は、小さい頃から 「 勉強しなさい!」とは言わない!
と、決めていました。

言われてするのでは、やらされてることになるし、厭々やっても意味がない。
やるのもやらないのも自己責任、ととらえ
成績をとやかくは言わないことにしていました。



高校生になって、
友だちが、「テストの点が悪かったけん、親に怒られる~」と言ってるのを聞いて
「成績悪いと怒られるんやって~大変やね~」と驚いていたくらいです。

ま、大学進学が現実的になってきた今は、さすがにワタクシも怒りましたけどね
努力不足が明白だったので!


そういう感じなので、今さら急に「勉強しなさい」は、通用しないかな?
ということで、勉強する目的と、具体的な進路についての話を詰めました。

それ以来、ワタシが「勉強しなさい」と言わなくちゃならない状況はありません。
夕食後、リビングで団欒してても、いつの間にかひとり机に向かってたり
自分で決めたノルマをこなせてるような時は
「 がんばってるやん!」 と一声かけてやるだけです。


とにかく命令形をやめました。
「 せっかく洗濯物たたんだから、片付けてよ 」 とお願いしたり

親の都合や時間の感覚を押し付けないように、大目に見ることに・・・

そうすると、必然的に、②の対策にもなりました。
 

ただ単に、大目に見てると 当然いい気になって、つけあがることもあるので

洗濯物が片付けられてなかったら、次回から洗濯物を畳むことをやめる
夜遅~くにお弁当箱をそ~っと出して流しに放置するようなら、お弁当は作らない
起こしても起きないなら、次からは起こさない

というように、無言で対処はしています。当然です




 ③気にしていることを言われることに関しては

事実を指摘するんではなく、「どうしたらよくなるかな~?」と
一緒に考えてやる
ってコトにしました。


「太ったね~」ではなく、
「一緒にダイエットしてみない~? ◎◎がいいらしいよ~」って言ってみると、
「友だちはね~・・・」と友だちとのダイエット話を披露してくれたりして
なかなか楽しい。
協力する、味方になる・・・それができれば、一緒に楽しい


現に、それまでは、体重の話をするのも不機嫌でしたが
今は、「増えたわ~、減ったわ~」 と自分から話してくれます

要するに、親も子も、「こうなりたい」と思ってる思いは一緒なんだから
「 じゃ~どうする?」 っていう改善策を具体的に話すことができたら
思春期の会話も、上手くまわるような気がします。


選択理論でいうところの

相手を変えることはできない!
変えることができるのは、自分だけ!
自分が変われば、いつか相手も変わる。




家族に不機嫌な人がいるのは、嫌です。
それはみんな一緒の想い・・・だからご機嫌になれるよう工夫する


そんなところなんだと思います。
というわけで、今日も元気にゴミ出しをして学校に出かけた思春期娘です



そのやる気になってる娘の部屋は・・・

BEFORE

20130703-3.jpg

って、写真がなかったわ~

きれいです。モノに埋もれてることは一切ありません。
方角は、東向き

机の左側にかすかに見える本棚に、教科書が並び
右側に本棚があり、残りの教材なんかが並んでおりました。

正面の壁は、壁ではなくリビングとの仕切りの引き戸で
リビングの音は、ダダ漏れで、こちらの引き戸はいつも半分開け放しています。



子ども部屋の入り口から見たらこんな感じ


20121028-4.jpg
 左側がリビングで、
Riraさんの机と,cyoppiの机は、同じリビングの方向を向いて
並んでいたわけです。


しーんと静かで、完全な個室は嫌なんだそうです。
高校受験も、この体制で頑張れました。

が、なぜか今は集中できない。


塾では集中できるのに、家ではできない。
なんの違いがあるのか?具体的に聞いてみました。


塾の机の形や大きさ、椅子の形状、周りの様子・・・
そしてわかった相違点は
塾は、限られた教材を持って行き、それ以外は持って行かないから
目の前のことに集中して出来る。

が、家の机の周りには、あらゆる学校の教材が並んでおり、
それが視界に入ることで、「あれもやらなきゃ!これもできてない!」と気になって
焦って、結局出来ない。

なんだそうです。


というわけで、原因が分ったので、そこを改善

翌日、本人のいない間ですが、一気に子ども部屋の家具を動かしました


お断り
我が家は、日頃から「ママの模様替え」は日常的なので
誰にも文句は言われませんが
「 部屋に勝手に入らないで!」 というお子さんの場合は、
一緒に相談しながら模様替えすることが大切です。
たとえ親子でも、勝手にやってはいけません。

もともと、我が家は、姉妹それぞれの独立した子ども部屋はとれない状況
姉妹が喧嘩することはないこと
それぞれの生活時間が異なり、一緒にいる時間が少ないこと
個室に籠ることよりも、人の気配を感じる方が安心する
ということも、大きな要因になっているので
誰がいつ出入りしても、模様替えしても 何ともないのだと思われます。
そして、家具は動かしますが、
机の中までは関心ないので、引き出しをあけることもないし、
娘も「誰かが勝手に引き出しをあける」なんてこと微塵も思ってないようです。




というわけで、何の予告もなく模様替えした結果が



20140623_convert_20140623155837.jpg
こちらが今朝、学校へ出かけた後の様子

机の向きは、北

風水では、もっとも子どもが集中出来る方位です。
家に余っていた衝立を壁代わりにして、ある程度の籠り感ができました。



机に置くのは、勉強道具だけ・・・というのが小学校からの鉄則でしたが
今回は、その勉強道具、教材、教科書すらも 気が散る原因ということで
 

すべて背後に収納する!ということにしました

 20140623-1_convert_20140623155858.jpg
 すべての教科書・教材と、お気に入りの本やコミックがここにあります




机に座って、右側の壁は
20140623-2_convert_20140623155917.jpg
cyoppiのコーナー
cyoppiは、いつもきれいに片づけられるので
Riraさんにとっても、気になるモノはないそうです

 以前は、ここにRiraさんの机がありました。




子ども部屋の入り口から見ると・・・

20140623-3_convert_20140623155934.jpg 

手前が、cyoppiの机
右側に 二段ベッド
ベッドの向こうの衝立の奥が Riraさんの机です。 



今回、移動したことで、
案外、机に座るcyoppiから見えることも無くなりました。






でも、引きこもってるわけではなく、リビングから丸見えです

20140623-4_convert_20140623155951.jpg 
扇風機があるのが、リビング

いつもこんな感じで、開け放たれています。




現在のところ、集中できるそう。
たった7~8畳の限られたスペースですが、やればいろいろ出来るもんですね



以上が、このひと月に実行したこと
面倒くさいな~と思いがちな高校生女子ですが
おそらくRiraさんは、すこぶる素直な方だと思います。
こちらが聞けば、恋バナもしますから


あとは、本人のコツコツ努力が、いつか身を結ぶことを願うばかりです


思春期の娘さんをお持ちのみなさまも、命令形をやめてみて
協力してあげるよ~という体制で 声をかけてみると
なにか変化があるかもしれません

子どもを変えることはできません。
変えられるのは、自分だけ!
自分の声のかけ方が変われば、いつか子どもが変わってくるはずっ



娘の楽しい高校生活の一端を 覗かせてもらうのも、楽しいものです



励ましのクリック お願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  

スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

個室だ!!
すごすぎます!
私も、この環境ならあれこれ気を取られずに集中できそう(>_<)

魔法使いのお母さんがいるみたいでいいなあ~♪
って、こども目線で感動してしまいました。
Timshel 様へ
このかなり滞っているブログにコメントくださり、誠にありがとう!
いろいろ考えてもいいことないので、とりあえず、行動開始!で、
日常生活の「やりたいこと」から始めています。
そのうち「緊急ではないけど大切なこと」に
時間を費やせるようになっていきますね~!

大した「魔法」は使えませんが、「サプライズ!」くらいはねっ♪
いいですよね~模様替え♪
  • 2014-06-24│12:24 |
  • risyon URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。