• 201709 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201711

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

場面緘黙だったのかな・・・


本日は、次女cyoppiのはなし



クラスで 「 天才 」 と言われることがある次女cyoppi

運動もある程度でき、慎重で生真面目な性格で努力家
そのおかげで成績も悪くないので、 そう誤解されているようですが
学校の先生もびっくりする程の人見知りな子どもでした。



2~3歳の頃は・・・

他人とあいさつも返事も出来ないこと
外に出ると必ず手をつなぐこと、ワタシの傍らから離れないことは
かなりの人見知りやな~
って、感じで受け止めていました。



3歳から保育園に通い始めましたが、「行きたくない」とは一言も言わず
毎日、きちんと通っていたので、なんの心配もしていなかったと思います。


そんなある日、担任の先生から
 「cyoppiちゃんの声を聞いたことがない」 と言われました。



 

先生の話では、たまにお迎えをお願いした祖父にもきいてみたら
「 ワシでも、あんまりしゃべったりせんけんの~ 」と言ったらしい


そうだったのか?おじいちゃん・・・



言葉の発達は早い方で、家ではペラペラとしゃべっていたので
発達に何の疑問も持っていなかったワタシは
「 へ~ そこまで人見知りがすごいのか~」 くらいにしか思っていず
本人がしゃべらないなら、毎日の連絡ノートで、家庭の様子をお伝えしとこか~

というのんきな受け止め方でした。


ありがたいことに、保育園は、大らかな雰囲気で
cyoppiが、一言も話さなくても
クリスマスの劇で、台詞を話せなくても
避難訓練で、固まって廊下に座り込んで避難しなくても
それを本人に指摘することも叱ることもなく
笑って報告してくれるような雰囲気でした。


おかげで、ワタシも 笑い話のように受け入れ
本人には「保育園楽しい?」と、ときどき確認するだけで
 「ちゃんと声を出しなさい」とか「みんなと一緒にするんだよ」と言うことすらなく
人と違うことを、むしろ面白がっているくらいでした。



そうやって、のんきにいられたのは
家でのcyoppiは、自分のコトは自分ででき
保育園の準備も、入園以来 毎朝自分でやり
保育園からの手紙を忘れることなく
ワタシが準備物や手紙の返事を忘れていることを指摘してくれるほどで
発達に問題があるとういうよりは、むしろ出来すぎる子どもだったからです。

そして、cyoppiは、好き嫌いだけははっきりしていたので
嫌なことは嫌、やりたくないことはやりたくないと言える性格だったこともあり
本人が無理して保育園に通っているとも感じていなかったのです。



なぜ、話さないのか?


本人に質問したこともありましたが、その答えは
「 『うん』 と 『ううん』 だけで大丈夫だから 」 ということでした。

やさしいお友だちと先生に囲まれて、話さなくても
丁寧に聞いてくれるので、首を振るだけでコト足りていたというわけです。


それでも、ウマの合う先生に巡り合ったり、環境に慣れて
次第に話もし始める姿も見られるようになりました。


が、年長になって初めて、劇の台詞を一言言えるような感じで・・・


小学校入学前の入学前検診では、
教頭先生との面談で下をうつむいて一言も話さず
挙句の果てには、やさしく 「じゃ~お名前だけ言ってくれるかな?」という問いかけに
ぽろぽろ涙を流して固まっておりました。

発達の状態を確認する入学前検診で、これってたぶん「要注意」だったでしょうね


それでも、ワタシは、な~んとも思ってなかったんですよね~

「 どんだけ人見知りなんよ~」 と笑い話として話してたくらいですから・・・



そんな超人見知りのcyoppiは
小学校に入学した翌日
子どもの本能で、自分にぴったり気が合うお友だちを見つけ
楽しい学校生活を送り、現在に至っていることは
このブログのとおり


というわけで、単なる 「人見知りの激しい子」 と信じていたわけです

とあるブログに出会うまでは・・・




昨年夏、ふと出会ったそのブログは 

「猫になりたい」

タイプの異なる発達障害を持つ小学6年と2年の兄弟をもつお母さんのブログ

診断が出るまでは、子どもたちの行動に翻弄されながら
自己流で 考えに考え 対処され
診断が出てからは、学校に働きかけ、協力体制を整える日々
毎日綴られる文面と内容からは、パワーとやさしさと、ありのままの母らしさと
悩みと疲れと・・・笑いあり涙ありの内容です。

そのお兄ちゃんに「場面緘黙」というのがありました。

お母さんは、小学校1年のとき
担任の先生の「声を聞いたことがない」という話で、
初めて家の外では話すことができないということを知ったそうです。

そんなくだりを読んだ時、初めて 
程度は違うかもしれないけど、cyoppiは これだったんじゃないか?!
と、思い至ったのです。

そのブログに綴られた、場面緘黙の様子と、お母さんの対処、接し方、療育・・・

そんなことを読んでいても、うなずけることが多いのも事実です。


そのブログからの情報しか知らないので、詳しいことは分りませんが
軽度だったのでしょうが、あの人見知りは、これだったのでは、と思ってます。


なぜ、今のcyoppiが、普通に暮らしているのか・・・


それは、小さい頃から
人見知りなことを寛容に受け止めていたことが大きいと思います。
これが、親にも余裕と経験がない第一子なら、ワタシも神経質になったのでしょうが
運よくcyoppiは、第二子
泣く子をかわいい、面白い、と笑ってみることのできる余裕が親にもありました。


「 ちゃんとあいさつしなさい 」 と指摘するよりも
親が挨拶している姿をみていれば、いつか自分から言えるようになるんじゃないか
っていう程度に、思っていましたし・・・

誰に会っても、「めっちゃ人見知りなんです~」って、言ってたな~ワタシ


なので、発達に全く疑問を抱いていなかったことと
同い年の子以上にしっかりと日常生活を送るcyoppi
家では誰よりおしゃべりだったので
なんの心配も不安も待たずに、他人と話せなくても、泣いても
笑って受け流せたこと

そして、大らかで体いっぱい使って遊んでくれる保育園で
お友だちに嫌なことをされる経験もなくこれたこと

これが良い方向に向かった最大の要因だったと思います。



そういえば、cyoppiは、親から注意されることもひどく嫌いました。
「 片付けときなさいよ~ 」 と普通に言っても
「 怒らんといて!」 と嫌がってたな~

だから、お願いすることはあっても、声を荒げて怒ることはできなかったし
ま、ありがたいことに 怒らないといけないことをすることもなかったんですけどね

そんなcyoppiの様子に・・・
ワタシは、当時5歳年上だった長女Riraさんをついつい厳しく叱っていた姿に
cyopppiは、嫌悪感や恐怖を感じて、
過剰に「怒る」ことに敏感なのでは・・・と案じ反省していたのも事実です。





先日、学校で話せなかった「猫になりたい」のお兄ちゃんが
道徳の時間に自分から挙手をして発表したそうです。
そこに至るまでの、お母さんの数年にわたる努力とこまやかな配慮と
密なる先生とのやり取りと、勉強と・・・
場面緘黙の療育として、本人に直接「すごいじゃん~!」とは言えず
あくまで本人の前では フツーにしていなくてはならないのですが
そこに至る経過を綴られていました。


発達障害なのか、個性なのか・・・

その判断は素人には出来ませんが、疑問を持ちながら、育てにくいと感じながら
子育てしている方が案外多いように思います。
知識をもって、その子その子にあった対応を知っていることで
親も子どもも楽になることができれば・・・


あのときの自分が、何か違う対応をしていたら、今のcyoppiとは違っていたかも・・・
とも、思わされます。



そんなことを思うのでご紹介させていただきました。


ぜひ、読んでみてください~お薦めです
「猫になりたい」



書かれている文章からは
ほんとに親しみやすい、気やすい感じのお母さんを想像させますが

自分の子どもを、いつも人知れずにしっかり見ていて
この子がしあわせに生きていくためには・・・そのことだけを願って日々進んでいる
お母さんの姿は、ほんと尊敬でいっぱいです。



長くなりました。お読みいただきありがとうございます。

励ましのクリック お願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

No title
私、場面緘黙の子、受け持ったことがあります。ブログ読んでみますね。
  • 2014-02-03│20:41 |
  • ぱいんこーん URL│
  • [edit]
ぱいんこーん様へ
読んでみてください~♪
  • 2014-02-04│08:04 |
  • risyon URL│
  • [edit]
はじめまして
高1男子、小5娘うちとおなじだ!と思って拝見してたら、猫になりたいを見ていることも同じで驚きです。ちなみに長男は中1まで支援クラスでした^ ^いっぱい泣いてきました。また寄らせてください
  • 2014-03-20│21:52 |
  • ベビーチーズ URL│
  • [edit]
ベビーチーズ様へ
コメントありがとうございます。
随分遅くなりごめんなさい^^;
近頃更新がものすごく滞っておりまして…^^;
よろしければ、またのお越しを~♪
  • 2014-03-22│11:42 |
  • risyon URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。