• 201704 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201706

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

ご飯を作る気持ち

子どもの頃、共働きだった母に
「手伝いなさい」と言われることが とても嫌でした。

疲れてイライラした頭ごなしの言い方に
やる気など起こらなかったのです。


そんな言い方しかできなかった母の背景は
子どもでも察しがつきました。



そんななか感じていたのは、

自分は、楽しい気持ちで家事ができる人になろう。
子どもには、手伝うことを強いるのではなく
手伝いたい気持ちを育てよう。
好きな気持ちで、毎日の家事を楽しめる人になってもらいたい。

そんなことでした。



そのために、
お手伝いを無理強いしないこと。
やりたくなったときには、やってもらうこと。
自分が家事を楽しむ姿をみせること。

そんなことを意識してきました。



ま、もちろん、いつもいつも寛大な心で出来ているわけではありません

忙しい時もあるので、のんきな子どもの姿に イラッ となる日も
ありますので、子どもにしてみたら
 「手伝いなさい!と怒ってるやんっ!」と感じてるかもしれませんが


でも、家事というものに向かう子どもには、
なかなか家のコトはたのしいもの
なにげなくお手伝いする・・・
そんな感じでいてもらいたいと日々を過ごしています。



要領よく時間を使って、家事の時短を計る一方で

ひと手間をかけて 面倒なことを楽しんでいることもあります。


ブログの名前にした 「 ふだんの暮らしから 」 は、
エッセイストの山本ふみこさんの 「 ふだんの暮らしがおもてなし 」 という本から
拝借しました。

なんと、ご本人に、このことを伝えたこともありました


その本には
疲れていたり、時間が無かったりしたときにも
家にあるもので 質素でも、簡単でもいいから
家族に美味しいごはんを食べてもらいたいという気持ちでもって
丁寧に ご飯を炊く
丁寧に 常備菜を盛り付けてみる
丁寧に 卵焼きを作る


そんな、ちいさな丁寧があれば
十分に 美味しくしあわせな食卓を作ることができる
というようなことが書かれており・・・

そして、たまにやって来るお客様をおもてなしするような大切な気持ちで
日々ともに暮らす家族をおもてなしする。

そんな気持ちでいられたら、単なる白いごはんが
とっておきでつやつやのご飯に炊きあげられ
質素でも、ありきたりのメニューでも
それは ごちそうになる。


そんなことを思いながら いつものご飯を作っています。


そして、そのことを感じられる人に育ってもらいたいと思っています。



今のところは・・・と言いますと

子どもたちは、率先してお手伝いをする程ではないですが
私が忙しくしているときは、協力してくれます。
暇そうなときに、声をかけると やって来てくれます。

うれしいのは・・・
旅行で二日も外のご飯を食べると
それがどんなに美味しい食事でも、二日目の夕方には
「 なんでもいいから家のご飯を食べよう!」
という気持ちになってくれること。


ワタシが嫌いなことや面倒と感じることに手間をかけはしません。

ただ、好きなことには手間を惜しまず
おもてなしするつもりで
毎日のご飯を炊いているわけです。


これが、ワタシがご飯を炊くことに力を注げる 理由です。






ぜひ、クリックをお願いします


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
思い立ったが吉日タイプ主婦
面倒くさがりゆえに、ふだんの暮らしを整理してシンプルに、ひと手間だけかけた丁寧な暮らしをめざしています。

パパ君とRira (大1) とcyoppi (中2) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。