• 201704 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201706

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

成績悪いと怒られる・・・のか?

仕事帰りに、いつものガソリンスタンドに立ち寄り給油しようとしたら
ガソリンスタンドのお兄さんたち、周囲の会社の人たち、お店の人たち・・・
何やら大勢の人たちが、通りに出てきたり、ドアから顔を出したりしておりました。
しかも、周辺には、警察官も数人!

何事?事故?事件?

と、ガソリン入れながら スタンドのお兄さんに声をかけたら

「 あと10分で、安倍総理が 向かいのうどん屋さんにうどん食べに来るんです 」

と教えてくれた。


参議院選挙の遊説で来県したわけですが

日本の総理大臣も、うどん県に来たら、うどんを食べるかぁ~

と、微笑ましかったけど
あまりに物々しい雰囲気と次第に多くなるダークスーツの自民党員と、警察官。
ついでのように、ガソリンスタンドもいっぱいになってきたので
残念ながら、安倍総理の来店を見届けずに おとなしく車を出しました。

ちょっと もったいなかったかな・・・





さて、高校生活は楽しいものの、勉強だけは苦しいRiraさん
先日の学力テストの結果が出ました。

「 結果が返ってきたわ~ 」というRiraさんの声に、
能天気な家族は 「わ~い!見せて見せて~ 」 と群がった。

「 めっちゃ悪いけん! 」 というRiraさん。
「 そんなんわかっとるし~ 」 と、楽しげに覗きこんだら
ま、予想通りの成績でした。


「 へ~。後ろに、人がおるやん~ 」 って、とこです




そんなのんきに笑う親を見て、Riraさんが言った一言

「 普通、これくらいの成績やったら、友だちは、親に怒られるらしいで・・・」 




子どもの成績で、なんで親が怒ることがあるんでしょう???

子どもが勉強してるのは、誰に臨まれるわけでもなく
自分が自分にやっていること。
親のためではもちろんない。

中学の時にも、
成績が下がったことを親に叱られる・・・と暗い顔をしたクラスメイトを見て
「 親に怒られる子もおるんや~。大変やな~ 」 と思ったことがあったらしい。



学校の成績って、なんなんでしょうね。
学校では計れない賢さをもった人は、世の中にたくさんいます。


子どもが小学校に入る辺りから、
「 勉強しなさい 」 とは言わない!と思ってきました。

「やりなさい」と強いられれば、嫌いになり
言われなければやらなくなるだろうし
命令されるとやりたくなくなるもの

そりゃ~、小学校低学年は、「宿題やった?」くらいは、声掛けしました。
が、「塾には行かせません」「通信教育もやらせません」と言い渡しており
ニガテなことや、分からないことは、一緒に取り組みますが
「 勉強しなさい 」 というセリフは、言わないことに決めていました。


どちらかと言えば、抵抗なく、すんなりと勉強に取り組めるように・・・
楽しい、知りたい、面白い、という気持ちで
自分から求めるようになってくれればいいな・・・と、思ってきました。

だから、こちらから 「 勉強しなさい 」 とは、言わない。



Riraさんが、高校を選ぶときにも、「進学校でなくても・・・」と、止めたこともありました。
大学受験に向けての勉強よりも、大事なことがあるのでは・・・という疑問があり 
 自分が進学校に進んで、格段にレベルの違う賢い子を目の当たりにしつつ
なんとなくの流れで進学してしまった経験もあり
子どもには、学校の成績うんぬんをとりたてて問うことはなかったので
親として進んでもらいたい高校もなかったのです。

が、自分で決めてコツコツ取り組むRiraさんに、
「 自分の子どもだけど、自分とは違うんだな」ということを意識させられ
厳しいところへ意思を持って進もうとする子どもの選択に任せることにしました。


進学するにあたって、いつも言ってきたことは
「 賢い子は、ものすごくたくさんいる。それは、ごく当たり前のこと。
でも、大人になって本当に大事なのは、自分の求めるモノにむかって
腐らず あきらめず、こつこつ努力できる力。
それが無かったら、持ってる頭のよさなんて 活かせない。
親と違って、それだけは、Riraちゃんは持っている!」
ということでした。


だから、別に成績がどんなに悪くても、いいんです。
( もちろんRiraさんは、悪くてもいいとは思ってないですけどね )

自分が、賢いだなんて、もともと思ってませんから
「この子は頭がいい」だなんて、親のワタシでも思ったことないし・・・。
そして、一年生ですから。
学習習慣を身につけるには、大事だと言われる一年生
すでに、つまずいてるような成績ですけど


でも、彼女は頑張ってます。
睡眠不足で目が赤くて、
試験当日には、栄養ドリンク飲んで出かけていくような
疲れがたまったおっさんのようですが
それほど 頑張ってる人に、何を怒れるというのでしょう


授業が理解できなくて、勉強が進まなくて、時間が足りなくて
それでも腐らず、投げ出さず、立ち向かっている姿があるだけで
凄くないですか?

親としては、この姿があるだけで、満足です。



Riraさんは、中学生のころからずっと
どんな悪いテストでもいつも答案用紙を見せてくれました。
隠さず見せてくれるその姿勢だけでもいいんじゃないでしょうか?
それは、今でも変わりません。

次、どうするか・・・そんなことは親が言うまでもなく自分が考えているもの。
自分が進みたいところへ進んで行けるかどうかは、
自分の問題ですから・・・。



というわけで、
 「 これ、いったい何点満点のテスト? 」 と聞き返すような点数でも
なにも言うことはありません。



Riraさんも、言います。

「 よかったわ。なんにも言わん親で・・・ 」 と・・・。


 親に怒られるから、「ヤバい~」んじゃない。
自分自身に「ヤバい」と思っていれば、あとは何とかするでしょう。
 やるしかないし。
やらないなら、違う道を模索すればいいし。

学校の勉強が、大学進学が、すべてじゃないさ~



そういうもんですよね~



お手数ですが、ぜひ、クリックを~♪


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   



スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
思い立ったが吉日タイプ主婦
面倒くさがりゆえに、ふだんの暮らしを整理してシンプルに、ひと手間だけかけた丁寧な暮らしをめざしています。

パパ君とRira (大1) とcyoppi (中2) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。