• 201704 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201706

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

子どもの習い事・・・2

前回 長々と書きましたが・・・

未熟者のワタクシは、二女cyoppiのおかげで
子どもの習い事は 好きなことをするのが一番
 ということを、ようやく理解したわけです。




cyoppiが 習い始めた書道の先生は
前衛書の先生で、cyoppiが習っていたころは
子どもよりも大人の生徒さんが多かったようです。

おおらかで、快活で、パワフルで、歴史が好きな、話好きの先生でした。
残念ながら、cyoppiが、一年も通わない間に ご病気をされ
入退院を繰り返し、体調の良い時だけ教室が開かれるという状態で
とうとう快復を待たず 亡くなられてしまいました。



その先生の教え方は、一風変っていて・・・


小さな子どもに対しては さして注意することなく

好きなように 思い切り はみ出てもいいから
元気な線を書きなさい

と、話していました。

元気や勢いが見えるような線が書けると 大いに褒めてくださり
その子その子の 調子や性格、力に合わせて
緩急織り交ぜての指導だったように思います。


Riraさんが通っていた時、子どもの傍らに座るワタシが
ついつい子どもに注意したり、細かいことを言ったりすると
「 お母さん、自由に好きなように書かせていいんです 」 
と言って、口出ししたくなるワタシを止めてくれました。

その時には、あんまり親が、あれこれ言わないほうがいいんだな・・・とか
親が「いい」と思っている文字と、書道として「いい」という文字は
違うんだろうな・・・とか
ぼんやりとそんなことを思うくらいでした。


そして、cyoppiに対しては
とにかくひらがなの形に関しては、きっちり法則から教えていただき
毛筆では、線の様子や空白とのバランスを教えようとしてくれていたと思います。

芸術的な前衛書の先生だけに、形をきれいに書くというよりは
白い半紙にどう書くか、そんなことをcyoppiに話してくれることもありました。


そのことは、cyoppiの記憶に残ってはいないと思いますが
半紙の大きさなど気にせず、はみ出すほど元気な線が書ければ
大いに褒めて、花丸をくれた先生のようすは 覚えているかもしれません。


こんな先生の教え方を見ていて感じたことは
まずは何よりも子どもが書くことが好きになることが大事ということ。

その子その子、それぞれに合わせて、先生はそれを育ててくれたような気がします。



ちなみに現在の書道教室は、家から歩いていける一番近い教室
それまで、好きなように ただ伸び伸びと書いていたのが
丁寧に、美しい文字を書くための書き方を教えてもらう感じで
cyoppi自身 なかなか慣れず疲れるようでしたが
しばらくすると、慣れてもくるし
「上手になりたい」というcyoppiの気持ちの成長も相まって
筆の扱い方、止め方、形の納め方・・・等教えてもらうことで
「 ああ、こうするときれいに書けるんだ」という納得がたくさんできたことで
頑張る気持ちと 頑張れる場所を得られたのだと思います。




いろんな習い事の教室で、参加する親子の様子を見ることがありますが
親に力が入りすぎて、あれこれたくさん口出ししてしまって
子どもが ちっとも楽しそうじゃないときもあります。

まぁ~かつての自分を見るようなんですけど


そんなとき、ついつい 
「お母さんは、何にも言わなくていいんだよ~」と言ってあげたくなります。
っていうか、きっと何にも言わないほうがいい作品ができる気がしています。


幸いにして、cyoppiは、自分が作る作品に 筆一つでも手を加えようものなら
「 cyoppiの作品やけん、さわらないで 」 とはっきりいうので
ワタシに手出しはできませんが・・・





これまでのRiraさんとcyoppiの習い事遍歴を振り返って思うのは
子どもは好きなことしか頑張れない

だから、小さいうちは まず 「好きな気持ち」 を育てること
どんな先生も、そういう気持ちを育てたいと、子どもをみてくれていると感じます。

好きになってもらいたい。
好きになって上手になって、長く続けてもらいたい。




好きなことに欲が出てくれば
(一番になりたい、とか、ここまで上手になりたいとか・・・)
そこから初めて、その子の努力が始まり、頑張りが始まる。

 そこになって、ようやく親のサポートが必要になってくるけど
技術を高めるのは、あくまでも先生と子どもが取り組むこと

親にできるのは、頑張る子どもの気持ちを家庭で支えること
たったそれだけの気がしています。


親の知識や価値観なんて、
所詮はその道を極める先生に 敵うはずないのですから
 先生を信頼して 託せばいいのです!



好きになれば、自分で動いていき始めます。
それを ただ寄り添って 刺激だけは注ぎつつ、待つことが
親にできるサポートのような気がしています。


待つことのストレスは、そりゃ~大きいですが
それでも、子どもを信じて待つことが、
子どもが、自らなにかに進み始めるための近道のような気がします。




Riraさんも cyoppiも まだ道の途中でしかありませんが
好きなことや やりたい意欲が湧くことを大切に
親が壊してしまったりしないよう、見ていたいと思っています。



そして、最大のしあわせは、気負いもなく、たまたま選んだ教室で
信頼できる先生との出会いができたこと。



ただ、いい先生に出会うことはできても、
子どもが頑張る気持ちにならなければ
その先生と親身にお話しする機会に恵まれなかったり
先生の本当のすごさに気づくことができない場合もあると思います。
そういう意味では、やりたい気持ちになったRiraさんとcyoppiにも感謝です。


夫婦でよく話すことは、
今の姿のRiraさんがいることは、バレエの先生のおかげで
先生が今のRiraさんを育ててくれたと言っても過言ではない!ってこと。


出会いを大切に、先生と信頼し合えることで
子どもも親も ともに育てられている気がします。



たかが 子どもの習い事
されど 子どもの習い事

奥が深いものですね~






長くなりました
未熟な文章に、お付き合いいただけたこと
感謝します。





 クリックお願いしま~す♪


                
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   


スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

No title
うちは、9歳と4歳の女の子の姉妹です。
もう、ぶんぶん首を立てに振りながら、読ませていただきました。

そうですよね。そうそう!!
No title
とても学びが大きかった記事でした。
今度小学生になる長女。
ついつい口出ししてしまいますが、
待つ事・・・大事にしてゆきたいと思いました。
ありがとうございました。
  • 2013-01-14│23:32 |
  • 由比ガ浜 URL
  • [edit]
Timshel 様へ
同じ5歳違いなんですね。

長女のバレエでかなり学習しました!
頑張る長女とバレエの先生のおかげです。
まったく親が、興味も関心もなかったことに子どもが進んで行くおかげで
親になっても学ぶことも多いし、世界も広がります(笑
子育てって、いいものですよね。
  • 2013-01-15│09:03 |
  • risyon URL│
  • [edit]
由比ガ浜 様へ
放っておくんじゃなくて、ただ傍らで見ていること。
ただ、子どもそれぞれ得意なことと不得意なことがあります。
うちの子にもあります。
それは、ただ待っていても無理なことがあるので
ハードルを下げてやるとか、少しヒントを上げるとか
はたまた諦めるとか…いろいろです(笑

いろんな意味で、いい出会いがあるといいですよね~。
小学校、たのしみですね!
  • 2013-01-15│09:12 |
  • risyon URL│
  • [edit]
No title
risyonさんお久しぶりです☆

「子どもは好きなことしか頑張れない」
「信じて待つ」etc・・・

大人(私だけかな?)でも一緒だな~と思いました。

今、私はコーチングの学びも深めているのですが、
コーチング的な考え方なのかな?と思ったりもしました。

どんなことからでも学べるrisyonさんは、素敵です☆☆
  • 2013-01-15│15:46 |
  • tomona URL│
  • [edit]
tomona様へ
コーチングもいい考え方ですよね~。
ライフオーガナイザーの同期にもコーチングの先生がいました!
さら~っと本も何冊か読みました。
毎日、簡単なことだけは心がけてますが、奥深~い。
いいヒントがあったら、おしえてくださいね~。
  • 2013-01-16│08:16 |
  • risyon URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
思い立ったが吉日タイプ主婦
面倒くさがりゆえに、ふだんの暮らしを整理してシンプルに、ひと手間だけかけた丁寧な暮らしをめざしています。

パパ君とRira (大1) とcyoppi (中2) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。