• 201708 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201710

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

子どもの習い事・・・1

20130111.jpg

冬は 室内に退避しているカランコエが ちらほらと咲き始めました。

太陽の光って偉大ですね~





cyoppiの今年初の書道がありました。

 2013011-1.jpg

練習初めに、なんと福々しい文字なんでしょう~

清書からは漏れましたが、ゆったり伸び伸び書かれた線が好きです







さて、本日も子育てネタで 習い事について・・・




このブログを書き始めたころは、Riraさんが小学5年生
習い事は バレエだけでした。
cyoppiは、保育園年長組、お習字を始めていました。


初めての子育てで、第一子のRiraさんには、
「 やりたい 」 と言ったことは やらせてみることにしていました。
ベビーの7か月から、スイミング
幼稚園の時には、絵画造形教室やピアノ
一年生からは 書道
ほかにも、子ども一人で参加できるような 一回限りの造形教室やら、
英語教室、体操教室、果ては、一人でキャンプ合宿なんかも・・・
いろいろ体験してましたね~。
そして、3年生からバレエを始めました。


せっかくやり始めたなら、続けることがいいことで、やめることはよくないこと
簡単にやめることを許してしまうと、なんでも投げ出す子になるんじゃないか?という
不安もあったり・・・。

5歳までは、一人っ子であり、専業主婦のワタシの目も行き届く環境のせいで
1対1の状況は、Riraさんにとっては息が詰まることもある環境だったと思います。

一歩間違えば、ワタシも虐待しかねないな ということも感じていて
虐待のニュースを見るたびに 他人事とは思えないわ・・・と思っていました

が、そんな自分がとても嫌だったので、さまざまな育児書を読み、
試行錯誤もしながら、外へもたくさん出ていき
幼稚園に入った時には、
「 これで、Riraさんは、ワタシが知らない自分だけの世界に出て行き
自由な世界ができたんだ 」 と、ほっとしたことを覚えています。



そんななか、いろいろ習い事をしていたわけですが
始めたものの、やっぱりやりたくないものも 当然出てきました。


「当然」と今なら書けますが、その当時は 頑なに
「 やりたいと言って始めたのに、やりたくないだなんて、ありえない!」
という感情でした


Riraさんが、やりたくなかったのは、
硬筆の練習で、ひらがなを書く練習の宿題とか・・・
自宅でのピアノの練習とか・・・
スイミングとか・・・

基本的に、教室に行けば まじめに取り組むので
その上達ぶりは なかなかのもので
スイミングも幼稚園児一人で小学生のコースに入れられてたりしましたが
誰よりも早く級が上がってしまうことも 本人は嫌だったようです。

そして、家で取り組まなければならないことも嫌いでした。


今思えば、ワタシがついつい注意したり、
出来ないことに寛容になれず、ちくいち口出ししていたことで
やる気を無くさせていたのかもしれません。



そんなこんなで、「練習しなさい」と言わなければならないピアノや書道は
親のワタシが疲れてしまいました。
が、「始めたことを簡単にやめてはいけない」と思い込んでいる
(思い込まされている)
riraさんは、自分から 「やめたい」とも言いませんでした。



そんなこんなで、小学4年生の時、本人に自分の意思で選択させてみたのです。


「 ほんとうにやりたいことだけ、やればいいんだよ。
一つ選ぶとしたら、どれがいい?」


そうして選んだものが バレエでした。
その時点で、ほかの一切の習い事をやめました。




そんな間に、5歳離れてcyoppiが誕生。

この人は、赤ちゃんのころから なぜだか
 「 好き嫌い」 の意思表示がはっきりしていました。

1歳半から始めたベビースイミングは、見るからに楽しそう。
Riraさんなら眠かったりご機嫌をうかがいながら連れて行っていましたが
cyoppiは、お昼寝の時間だろうがなんだろうが お構いなく
いつでもプールが楽しそうで、気軽に連れていくことができ

そこで初めて、「好きってこういうことなんだ」ということを実感できました。


一人目で、手探りだった子育てで、知らないうちに
子どもにも自分にも、いらない苦労をさせていたことに
ここで初めて気付いたわけです。

いやはや、Riraさんには
未熟すぎる母で苦労をかけさせてしまいましたわ~




そうして、cyoppi 年長さんのとき、スイミング以外の習い事
書道を始めることになるわけです。

もうこの時点では、Riraさんの習い事は バレエだけになっていました。
cyoppiには、Riraさん同様にいろいろ体験することを提案はしてきましたが
内弁慶の人みしりのためか、ま~頑なに なんにもやろうとはしませんでした

ようやくやる気になったのが 字を書くことだったわけです。

初めての練習で、ノートをいただいて、帰宅してから
「 いこしくへ 」 の文字を延々と書き続け
次の練習の時までに、10ページを超える文字を書き連ねておりました。

その後、毎週、1ページだったり2ページだったりと量は減りましたが
毎回必ず、教室でたった一人 ひらがなの宿題を欠かさずやり続けたのです。

そこで初めて、この人は、「文字を書くことが好きなんだ」
そして「Riraさんは、それほど好きではなかったんだ」
ということに気づくわけです。



長くなりましたので、続きはまた次回に~


 クリックお願いしま~す♪


                
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   


スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

No title
いつも読み逃げしていた由比ガ浜と申します。
いつもフトコロが深い方だな~と読んでおりました。
何かコメントせずにはいられなった今回の記事・・
次回の記事も楽しみにしております。
  • 2013-01-11│18:08 |
  • 由比ガ浜 URL
  • [edit]
由比ガ浜 様へ
ありがとうございます~。
「フトコロ深い」だなんて…恐れ多すぎます^^;
子ども好きなら、こんなに試行錯誤しなくても自然に育てられるんでしょうが
あいにく、子どもが得意ではなかったのです^^;
イライラしている自分が最高に嫌だったのと
せっかく生まれて来てくれた子どもを、
自分のせいで潰すことだけはしたくなかったのです。
夫婦そろって子どもが苦手なので、
子どものおかげでほんとに親が育てられてきたってところです。
お母さんが、自分自身を好きになれたら
きっと子どもも幸せな気がします。

ま、ダメダメなところはたくさんありますよ~(笑


  • 2013-01-11│18:34 |
  • risyon URL│
  • [edit]
No title
こんにちは。

伸び伸びと書かれていて素晴らしいです。
こういう線が出せるcyoppiさん、素敵ですね。
このまま素直に・・・。
文字は人柄と言います(ホントかな?)。

いつも丁寧に書こうと心がけています。
  • 2013-01-19│17:34 |
  • たね URL│
  • [edit]
たね様へ
ありがとうございます!
筆を持った最初から、伸び伸びすいすい書くようすが好きです。

いいですよね~。思うように字が書けるって。
  • 2013-01-19│19:25 |
  • risyon URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。