• 201603 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201605

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

初めての個室 cyoppi

4月16日土曜日夕暮れ
山陽自動車道上り車線を運転していたら
下り車線を赤色灯を点けたトレーラーとすれ違った・・・

緊急車両でもないのに赤色灯?と思ってたら・・・それは災害派遣の車だった
まさに、熊本へ向かって走る。
その後も、もう日の暮れた山陽道を
緑や赤の回転灯をつけた車列が何台も行き過ぎた。
四月に大学生になったばかりの大学生の被災は
他人事とは思えず、送り出したばかりのお親御さんのことを思うと
あまりに悲しい。

こんなときに、のんきに娘のところへ出向いている我が身を、
いかがなものかと思ったが、地震のニュース以来
南海トラフが懸念される香川に住む我が家のことが心配で
ひとり気が重かったRiraさんは、ワタクシとcyoppiの顔を見て
幾分安心したそう。
それだけでも、行った甲斐があったことが慰め。

できることは、募金くらいですが、
今度こそ、せめて自助のための備えだけは自分でせねばと思います。






さて・・・

 cyoppi 初めての自分だけの部屋ができました。


これまでは、ずーっと7~8畳くらいのスペースを二人で使ってきました。
机を横に並べて配置してたときもありますし・・・
二段ベッドで部屋を半分に区切って
勉強するスペースと着替えたり身支度するスペースを分けるように配置したり・・・

年齢が違うと就寝時間も違うので、
二段ベッドの下の段にカーテンをつけて、cyoppiが寝てたり・・・


狭い限られたスペースで、工夫を重ねてきました。


Riraさんが引っ越す前の部屋は

20140623-1_convert_20140623155858.jpg

Riraさんのスペース


二段ベッドの向こう側がRiraさんの机スペース

 20140623-3_convert_20140623155934.jpg
二段ベッドの左側が、cyoppiの机スペース
写真では広そうに見えますが、ベッドと机の間は1m30cmしかありません。


この、cyoppiの机を、Riraさんが今回の引っ越しで持っていきましたので
cyoppiは、Riraさんの机を使うことになりました。


さっそく、撤去したのが・・・
 20160415_convert_20160415165531.jpg
こちらの二段ベッド

cyoppiが1歳の時からふたりで使ったモノです。

もう165cmと157cmに成長した二人には、
かなり圧迫感があったと思いますが

毎日毎日13年かけて大きくなったので、
本人たちは、さほど気づいてないらしい


 20160415-1_convert_20160415165553.jpg
 それでも、高さも低いので、不便だったと思いますよ~



で、とっとと分解しましたら~
20160415-2_convert_20160415165617.jpg 

広々~

ベッドがなくなったら、Riraさんが帰省してきたとき、どこで寝るか?
という問題がありました。
まさかのリビングか?

なんて思いましたが、
モノに執着しないcyoppiは、
モノを整理しただけで不要な棚や収納ケースができ、それも撤去
思った以上に広くなり~
Riraさんのお布団を敷くスペースは十分にあります。




20160415-3_convert_20160415165644.jpg 
cyoppiの机スペース
収納スペースも余裕があります。




奥のカーテンの向こうに衣類を収納
cyoppiの日常の衣類は、手前のこげ茶の箪笥にすべて収納
季節外の衣類は、ベッドに下に収納ケース5個に入れています。

20160415-4_convert_20160415165707.jpg

カーテンで見えないところや、下の方のには、Riraさんのモノを収納
 少し見える右の白い棚にも、Riraさん思い出グッズがしまわれています。
20160415-6.jpg


というわけで、ゆったりスペースで過ごせることになりました。

20160415-5_convert_20160415165728.jpg

狭い我が家で、なぜかこの部屋だけが
広すぎる感じの雰囲気を漂わせております~


Riraさんの寝るスペースも確保できたことだし、一件落着~




スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

初めての一人暮らし

4月2~3日の土日で引っ越ししてきました。

20160402-2_convert_20160412172915.jpg

予告どおり なんともアバウトな荷造りとなり
前日の夕方から、思いつく順に、手当たり次第に車に詰め込み
(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

20160402-1_convert_20160412172855.jpg 
後部座席のドアんところ
隙間に、デスクスタンドやら、靴やら、寝袋やらを押し込み~

出発の朝も、つい30分前まで寝ていた枕やベッドマットをそそくさと縛り
まだほんのり体温が残るまま、なんとか車に押し込み
転げ落ちそうな荷物を手で押さえながら、荷台のドアを閉めました!

20160402_convert_20160412172825.jpg 

(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!


で、「君たちは、気をつけて行きなさい!」

と、荷物がいっぱいで車には乗れないRiraさんとcyoppiを電車に送り出し
パパとワタクシは、車で出発。

部屋の鍵を渡してもらえる大学生協へ約束の時間に到着せねばなりません。

20160402-3_convert_20160412173723.jpg

で、道々よ~く考えたら・・・

大学で落ち会おうったって、

そもそも荷物がいっぱいで子どもたちふたりは車に乗せられないじゃないか・・・

Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

しかも、大学からマンションまでは、歩いて行ける距離でもなく
そもそも、場所すらよくわからない。
((((;゚Д゚)))))))

車のナビだけが、そのマンションの場所を知っている・・・・

てことで、急遽、部屋の鍵すらもってないのに
パパと少しの荷物を、到着したマンションの駐車場に置き去りにして
ワタクシが、大学へと車を走らせました


両親とともに鍵を受け取り説明を聞いている新入生に交じって
Riraさんとcyoppiだけが、子どもだけで説明聞いてたわ~

で、そのままキャリーバックcyoppiを荷台の隙間にむりやり押し込んで
「cyoppi 手とか足とか、挟んでないよねっ!」
と確認してドアを閉め
「暑くて死にそうになったら、声かけてね~」てな感じで
マンションへと向かいました。



引越し繁忙期のため、荷物の時間指定はできず
ベッドが先か、家電が先か?行き当たりばったりでしたが
何とか無事に積んできた荷物をすべて降ろして~
カーテンをとりつけ~カラーBOXを組立て~デスクを組立て~
キッチンや洗面所の細かい収納の足りないモノをリストアップし~
朝作ってきた おにぎらずをほおばりつつ一息ついたのでした。

このときのおにぎらずの美味さは、
以来、家族の間で「おいしかったね~」と語り継がれる美味しさとなりました。
・・・大げさ(*≧∪≦)


午後から、ベッドが到着
設置してもらったところへ、電気屋さんがやってきて~
スム~ズに搬入設置が終わり、収納を考え始めたところで
Riraさんは早速、SNSでつながった新しいご近所新入生と約束して
見知らぬ土地の見知らぬお店の前で見知らぬ女子と落ち合って
大学の新入生歓迎イベントに出かけて行きました~

という、ほんとにドタバタの引っ越しとなりました。



翌日、午後には、もう帰路につかねばなりません。
なんにも片付けらしい片づけもできないまま、スーパーで調味料と食料を少し買って
洗面所とキッチンだけモノを収めて とっとと切り上げることとなりました。

新品のパソコンも、ネットやプリンターの設定もせず~

「自力で頑張りなさい!」と言い残して帰ってきてしまいましたわ~



と、言いますか、引っ越し二日目の日曜日
朝から浮かない顔をしたRiraさんは
昼も過ぎれば、もう話しかけても言葉が届かないようで

あぁ~これ以上 あれこれ言っても耳に入らないだろうな~という感じでした。


実は、引っ越す一週間ほど前から、Riraさんは
「まじ、一人暮らしできるかな~(。>(ェ)<。)」と弱音を吐いてたんですよね~


先に続々と引っ越しを始めた高校のクラスメート

「ひとりはめっちゃさみしいよ~(T_T)」
「部屋で一人で漫画読んでたら、涙が出た~」
なんて、めっちゃさばさばしたしっかり者の女子や男子から
メッセージが届いてました。

みんな家庭環境がめっちゃいいんやな~なんて言いながら
「ひとり暮らしってそんな感じなんや~」と驚き半分で聞いてたのに

なんと、いざ自分がひとり暮らしスタートとなると
本気で寂しくなってきたらしい。


めったと泣くことなんてないRiraさんが、目を真っ赤にしてました。

(*≧∪≦)
と、泣かれても帰らねばなりません~

「あさっての入学式に会えるやん~o(^▽^)o」
と、頭をヨシヨシして とっとと帰路につきました。


入学式・・・当初は行かないつもりだったのに、これで行くことが決定


それ以来、やっぱりひとりぼっちは寂しいそうです
2日くらいは、晩ご飯も食べる気力がなかったそうでしたが
毎日、大学に行く予定だけはあるので、友だちはできそうなものの
帰ってきたら「ぼっち」ってのが、さみしいんだそうです。

ま~ね~w( ̄o ̄)w

今はそう言うけど、1週間もしたら平気になるから~大丈夫~
自由の身に 慣れてしまうもんだよ~
ご飯だけは、食べなさい~
友達んち行ったり、来てもらったりしなさい~

そんな励ましを夜な夜なしてました。


ぼっちの部屋で、初心者マークのパソコンは、ネットにつなげず
(そもそもケーブルやルーターを買ってなかったし~(/ω\*))
後日、必要なモノを聞いて買ってみたものの、うまく設定できず~
まわりの友だちに聞いても、「引越しの時にお父さんが設定してくれたから全然わからない~」
と、言われてしまい、頼れそうな子もおらず・・・
ひとりで深夜までいろいろ頑張ってたコトもありましたが
大學の人に聞いてみて、自力で「できたーーーー!!!つながったーーー!!!」
とうに寝静まった我が家に、興奮したLINEが届いてました

そうやって、汗をかきながら成長すればいいのです~


そうして一週間、さまざまな部活の見学に行き、履修届けも出し
今ようやく元気な声が聞けるようになりました。


自分の家でひとりぼっちって、さみしいんですね~

我が家のほうは、パパだけが寂しそうですが・・・
cyoppiは、もともと朝ぐらいしかRiraさんに会うこともなかったし
夜は、自分が寝た後にRiraさんが塾から帰宅する生活
お互いに自分のことで忙しいので、
小さい頃から、二人でゆっくりのんびりすることすらなかったので
淡々としたものです。
cyoppiの生活に、変化はありません
これまで一度も、自分の個室を持ったことがなかった姉妹は
今、初めて個室を持つことができ
モノに対する執着がないcyoppiは、不要なモノを一掃して
広々~と暮らしています。

Riraさんが引越した翌日の月曜日には、Riraさんのベッドを撤収しましたからね。

また、cyoppiの部屋はご紹介します


ワタクシは、と言いますと・・・
引越して別れるとき
家族と離れてさみしい~(T_T) とRiraさんが感じてくれただけで
満足ヽ(≧∀≦)ノ

そんな寂しさは、数日で忘れ去り、自由気ままに暮らしていくんだと思いますし
そうでなくては困りますもんね~


今どきLINEで簡単につながれますし~声も聞けます。
離れている分、心配もありますが、見えない分心配しなくていいところもあります。

もう、一緒に暮らすことはないのかもしれませんが、ま~それもまた良し!

というわけで、ようやくのんびり~です。


これが、Riraさんの一人暮らしのスタートです。
が、まだ机に椅子がなく・・・(車に積めなかったから~)
机に引き出しもなく・・・
キッチンに食器棚もありませず
届けてやらねばなりません

ちゃんと整ったら、Riraさんに許可をいただいてお部屋をお見せしたいな~
と思ってはいますが、いつになることやら~

先に、cyoppiの部屋をご紹介しますね~
それでは~




更新が滞ってます。頑張って更新しますね~


Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
思い立ったが吉日タイプ主婦
面倒くさがりゆえに、ふだんの暮らしを整理してシンプルに、ひと手間だけかけた丁寧な暮らしをめざしています。

パパ君とRira (大1) とcyoppi (中2) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。