• 201512 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201602

[Edit]

大学受験が始まってわかったこと

センター試験が終わり、私立の受験が始まり、国公立の出願時期

ここまできて、ようやく分ったこともいろいろあります。

遅っ 



我が家は、ただひたすら国公立を目指してきたので、
私立を真剣には考えられませんでした。

Riraさんへの大学進学の条件は

県外 国公立大学



ですので、親のワタクシが、私立大学に関して具体的に考えると
国公立が遠のいていくような
そんな負の気に引っ張られそうな嫌な予感がしたので
私大を真剣に考えてきませんでした。

が、手ごたえのある通いたい私立も
検討してやるべきだったな・・・と思っています。


といっても、国公立進学を目指す高校の、前向きな理系の担任の先生は
志を曲げず、行きたい大学があるんだから現役では無理だとしても
そこへ向かって行きなさい!という考え方なので
はなから、滑り止めの私立なんて受けなくてもいいのでは?くらいの勢いです


が、センターを受けながら、「絶対浪人は嫌だ!」と強く思ったらしいRiraさんに
もし私立しか行く道が残らなかった場合、あまりに安易に考えた私立だったかも・・・
と思わずにはいられません。

不本意な大学に、1千万近くかけて下宿してまで通うなんて・・・
・・・ありえない

親としては、私大しか受からなかった場合は
一浪して第一志望国公立を目指しつつ
行きたい学部のある難関私大も受けられるよう頑張ってもらおう!
という意見になりました。
・・・いうのは簡単・・・


センターを受けてみて、
ますます頑なに「浪人は嫌だーー!!」と思ったRiraさんですが

受験する私立に関しては、ほんとにここでいいのか?と感じているようです。


センターが終わり、国公立赤本と私立の過去問を見ながら
いかに行きたいと思っていた大学が自分にとって難関かという実感
第二志望の大学に対する現実的な感覚
「こんな問題でいいのか?」という私立に対する不安
感じているようです。

二次試験の問題のレベルって、思った以上に、
その大学の入学するべき生徒のレベルにどんぴしゃなんでしょうね。
そんなことを今、ひしひしと感じています。


というわけで、前期後期の願書を提出するまで、なんだか宙ぶらりんなうえに
後期まで引っ張ってみないと4月からの暮らす場所すら決まらないという
まさに先行き不透明なところ


はぁ~ 受験生は 大変だね~




センター試験・・・

たった一回の試験で、これからの大学が振り分けられる現実は、
なかなか厳しいものだな~と感じます。

ミラクルの結果を出した国語と英語は、
一浪して勉強したからと言って出せるような点とは思えず
しかし、いったい何点満点の試験?と目を疑うような数学と理科の結果も
国語と英語のミラクルを吹き飛ばすモノで・・・
Riraさんの結果は、いつもの模試通り・・・というモノでした。

が、ミラクルを起こした子もいれば、思いもよらない失敗をした子もいて
実力をつけるということは、ほんとに大変!と感じています。
・・・親のワタクシがね




ですが、センター翌日から、Riraさんは動き始めています。
第二希望だった大学の2016赤本を購入し、学校で過去問を手配し、
前期対策の塾の補講を先生と相談し、必要な問題集を準備してました。

その気持ちを見るだけで、安心。
なんとかなるさ~


最終決定の懇談も終わり、国公立願書発送完了

もうすでに、各大学の願書受付け状況と倍率が日々更新されてるようです。




友だちもいろんな状況で頑張ってるようです。

早々に浪人の覚悟を決め準備に入ったり・・・
進路決定で家族とすったもんだしたり・・・
第一志望を貫きとおしたり・・・変更してみたり・・・

みんなの頑張りを見ながら、
「もっとやっとけばよかったわ~」とぼやいてるRiraさんです。
それなりに頑張っとったやん~と思うのは
「家族だけ・・・うちは、子どもに対するハードル低いわ~
皆、もっと前から進路を決めてもっと頑張ってた。」
だそうです。

それなら、あと365日追加して頑張ってくれても全然いいんだよ~ 



こんなことも言ってます。
「皆の親は、かわいい娘に家を出て欲しくないって言うんよね~
それでもめてるし~
うちと、違うんよね~ 

なんなん?!家にいたいの~?
と聞いても、出て行きたいそうなんですが、
家族が誰も止めてくれないことに一抹の寂しさがあるようです。

めんどくさっ
ワタクシといたしましては、新しい土地で暮らすことで
ワタクシがのこのこ遊びに行ける拠点ができることが楽しみ~なだけです。

そして、家に帰ればいつも誰かが「おかえり~」と言ってくれる
今の生活のありがたさをしみじみ~と感じてもらいたいくらいです



そんなこんなの大学受験ですが
センター試験も5年後、なくなります。
それはどんぴしゃ cyoppiの大学受験の年
理系でも文系でも英語は必要。
しかも、これまでの受験のための英語ではなく使える英語力

ひたすら机に向かったRiraさんの姿と、Riraさんのアドバイスにより
cyoppiと英会話教室の体験に行ってきました。
2月から英語教室に通い始めます
楽しみ~になってくれるといいな~と思ってます。
ま、新しい場所と人が苦手なcyoppiは
ひと頑張りすることになるでしょうね~

得意な自信が持てるモノに育っていけばな~と、今から種まきです。
大学に行くのかどうかも皆目わかりはしませんが
頑張ることに損は無いはず~


大学受験を通して感じたことは
結果ではなく、その後の就職活動でもなく、
目標に向かってここまでこつこつ頑張ることができたという
自分の力をつけてきたこと!
それなんじゃないかな~と感じます。

最初から諦めることは誰でもできる。
わずかな可能性でも、それに向かって一歩一歩進んでたどり着こうとする
その姿勢を持ち続ける力をつけることだけでも収穫あり

泣いても笑っても、いいんです。




なんか、インフルエンザが猛威をふるい始めたようですね~
絶対ならないしーーーーと強く念じる毎日です


受験生のみんな~がんばっていきまっしょい



それでは

 クリックお願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

熱唱しながらセンター試験へ

センター試験が終わりました。
もう5日も前ですけど・・・
記録のために、その頃のコトを書き留めておきます。


迎えた朝は、センター試験には珍しい晴れ渡った冷たい空でした。
さすが晴れ女。
Riraさんが行動を起こす時は、晴れと決まっています

ま、この日行動を起こした人はごまんとおりますけどね~


普通に朝ごはんを食べて、淡々と家を出ました。

いたって普通です。


送った車中では、三代目が激しく流れ~
助手席のRiraさんは・・・熱唱しておりました。


渋滞するかと思った試験会場付近も、全然~すいすい~で難なく到着

すぐに高校の縁起のいいのぼりを見つけ
(こののぼりを作ったら、バレー部が全国に行けた~という伝説ののぼり)
友だちや先生と合流したのを見届けて
あまりの寒さにそそくさと帰宅したワタクシです。

ふたりきりの車中でも、熱唱してたから言葉を交わすこともなく・・・

バレエのコンクールのときでも、なんでも
大事な時に Riraさんに声をかけることはしません。

いろんな人に「頑張ってね」と応援してもらってるし
頑張ることは当然だと思っているし、頑張る人だし
何も言う必要がないのが常です。



それから急いでcyoppiの中学校駅伝大会の応援に行ったのでね~
って、これがまた、初の応援だったのですが
しかも、cyoppiは補欠で、走らないというのに・・・
えらく楽しく、熱く応援してきました。

ゴールして倒れこみ吐くほどの力走の中学生を見ながら
みんな頑張ってるんだ~ と胸が熱くなり
 
cyoppiの頑張りのおかげで
これまで開催されてることすら知らなかった駅伝大会を
応援しに来ることができたことに
夫婦ともども しみじみ有難さを感じたのでした。

高松市で2位だった我が中学校は、
来年もきっと優勝目指して頑張るんだと思います

そして、そんな仲間の走る姿を応援しながら
補欠のcyoppiは、「来年は選手で走りたいと思ったそうです。

凄いわ~何キロも練習してきて、毎日くったくたで
それでも、またやりたいと思えるなんて・・・
心が折れず、しんどいコトを嫌とも思わず、やりたいと思える前向きさに
なんだかとてもうれしくなりました。


というわけで、久しぶりに大声で応援し疲れて昼寝をしたら
すっかり夕方で、あわててセンター試験のお迎えに行ったのでした。


慌てた割には、早く着きすぎたので、スタバで珈琲を飲みながら
お迎えのおかあさんやお父さんの姿を眺めながめてたら
案外元気なRiraさんが友だちと笑いながらいつもの調子で出てきました。


よかったわ、泣いてなくて


「こんなんでいいのか?」と思うほど緊張しなかったそうです。

が、それと試験の結果は、一切関係ないようでした 


センター2日目は、会場に到着して担任の先生にあいさつしたとたんに
ひら~っと受験票が風に舞ったそうで・・・
担任と二人で苦笑するしかなかったそうです。


その日のうちに自己採点


何にもしてないのに早起きしてお弁当作って送迎しただけで疲れたワタクシは
早々に寝ておりましたのに、
10時半すぎにRiraさんが寝室にやって来て
「ママ~行ける大学が無いわ~と言われましたが
夢うつつやったし、そんなこと今頃言われてもどうしようもないので
そのままお引き取りいただきました。


自己採点のために登校した学校では
友だちのさまざまな様子が見えたようです。



かわいくてかわいくてしかたなく
なんとか自宅から通える大学に行ってもらいたかったお母さんを持つ女子は
センターで希望通りの遠くの有名大学を受けられるだけの結果を出し
さみしいお母さんは、「◎ちゃん~一緒に寝よ~」と懇願されたそうな・・・
いい結果が出て、離れていくことが現実味を帯びて、さみしくて泣かれるって~
羨ましすぎるわ~

一段落して、お父さんと明け方までプヨプヨしとった女子もいたらしい。
仲良しだね~

そんな平和な家庭もあったそうです・・・。


さて、Riraさんの結果ですが
「実はね~90日前のマーク模試で 古典が0点だったんや~
学校の先生も塾の先生も『マークで0点はなかなか採れんのに・・・』って
絶句しとったのに、センター満点だった~
という驚きのエピソードを聞かされつつ・・・
奇跡的に英語も出来たらしく・・・
そこまで聞けばどんだけ凄い大学に行けるんかと思いきや
なんのことはない 
担任の数学の先生が「今までの努力は何やったんや~」というくらいに
数学の出来が悪く
もともと不得意な理科も当然とれておらず
理系とは思えないすさまじい結果を残すこととなりました。


よって、「行ける大学が無い~」んだそうです。

突き付けられますね~現実


というわけですが、センター前後のRiraさんの様子を書き留めておきます。


センター近くになりますと、
周りのママ友や親族からいろいろ応援を頂きました。
応援してくれている人がいるんだ、という事実をRiraさんに伝えました。
センター間近となると、応援してくれてるということは、
背を押してもらってるよう様な心強さがありました。・・・ワタクシが。
その応援にお礼の電話をするRiraさんの姿から、
きっとRiraさんもワタシと同じ気持ちだということを感じました。

前日は、午後から試験会場の下見にも行きましたが
塾に戻り、いつもどおりに塾で過ごしていました。
いつもより早めの帰宅をしましたが、
前日だというのに、まだリスニングのCDの振り返りをやってたり
現役生は、最後の最後まで頑張るんだな~と感心するばかりです。

そう言えば、Riraさんの全然できない漢文を見かねた友だちが
「三日やれば絶対出来るようになる!」と言ってくれたそうで
センター一週間前をきって漢文に取り組んでたな~
「三日」と聞けば、出来そうな気になるんでしょうね~
説得力のある、友だちの励ましはありがたい!

というふうに、ほんとうに試験ギリギリまで諦めずにやり通す姿勢だけは
感心




試験当日は、車中で三代目を熱唱し、
いつもどおりにこやかに向かって行きました。

本人いわく、ビックリするほど緊張しなかったそうです。


そして、1年ほど前からハマった三代目ですが
毎日のモバイルチェックや番組チェックで気がそぞろになってたり、
脳の領域の何割かをもっていかれてるようで
大丈夫なのか・・・ ???
と思うことも何度もありましたが
毎日、学校と塾と家の往復で、
塾を出る10時過ぎまでスマホの電源も切っており
家族と一緒にいる家でだけスマホをいじっていると思えば
おおめに見ることも出来、
パワフルすぎるライブ映像も、精神統一や落ちつきとはかけ離れ・・・
高すぎるテンションにひやひやすることもありましたが
反面、元気をもらい、刺激をもらい、楽しみをもらい、頑張りをもらい
三代目にハマっててよかったな・・・と思っています。

おかげで、ワタクシも楽しい日々やったし~
今市隆二君からは、直筆サインいただけたし~
これが、ネガティブな暗~い、テンション低~いモノにハマってたらいけませんが
夢に向かって愛と感謝を忘れず全力で突っ走る三代目で・・・


 ホントよかったです。






センター試験に向けての様子はそんな感じでした。

子どもは、案外、あっけらかんとしたものなのかもしれませんね~
と、感じながら第一ハードルを越えたことを、感謝している次第です。


次回は、試験が始まってわかってきたことを書いてみようと思います。



それでは

 クリックお願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

バレエのおかげ

日々駅伝練習にバスケに、走りまくっているcyoppiです

毎日、何キロも走るので、一緒に走ってる仲間には、
膝を痛めたり、どこかが痛かったりして
サポーターしてる子も多いようです。
部活でも、膝サポーターやテーピングしてる子をよく見かけます。


で、何にもしていないcyoppiを見てて
駅伝の先生方が声をかけてくれたらしい

「 cyoppiは、痛いところ無いの?」

走ったり部活した後は、家でサロンパス貼って寝れば治るcyoppiは
「 痛くないです 」 と答えた。


そしたら、部活の顧問の先生が
「 この子は、体幹がある。だから姿勢が良くて
体に余計な負荷がかかって無いから傷めにくいんかな~」
と、褒めてくれた。

別の体育の先生は、
「cyoppiは、体育の授業でも、
初めは上手く出来なくても、どうやったらできるかをよく見てる。
それを考えてるから、何でも上達する。」
と、褒めてくれた。

そして、毎日観ていてくれる顧問の先生が
「とにかく この子は、前向きで真面目!」
と、褒めてくれた。


と言って、初めて「先生が褒めてくれた~」とご機嫌で帰宅した。


見ていてもワタクシには、
体幹があるかないかなんてわかるはずもないのですが

cyoppiが褒めてもらったことは、
すべてバレエで身につけたことばっかりの気がします。

バレエは、言葉の説明ではなく
先生の動きをよく見てその通りに動くのが基本
振付も、見て覚える。
見逃したら動けないし、忘れたら踊れない・・・集中力がつく
これが勉強にも活かされて、集中力がついてる気がする。

どうすれば形にハマるのかも、自分でしっかり見て動く。


レッスンで腹筋背筋運動もするので、部活や陸上練習でも難なく出来る 

帰宅してからも 時間を見つけてストレッチ
痛くなりそうな予感がしたら、素早く冷やしたり、温めたり、湿布したり
お風呂でも優しく撫でているようです。
これも、バレエで教わってきたこと 


おかげで、今のところ何とか元気に走っています。

たった4年間のバレエでしたが、身についたモノは大きくありがたいものでした。
残念ながら きっぱりと辞めてしまいましたが
得たモノを大切に、新たな場でも活かせるといいな~と思います。


それにしても、日頃厳しく怖い先生に褒められるって
相当うれしいモノなんですね~
いつもは、帰宅しても言葉が出ないほど疲れきっているcyoppiが
この日ばかりは、ニコニコ帰宅して早々に報告してくれました。

部の先生からいただいた年賀状に
「いつも前向きで努力できることは素晴らしい。
いつか必ず花開きます!」と書かれてあり
いつもは怖すぎるほどの先生でしたが、めっちゃうれしそうでした。

自分がほんとうに頑張っていることを、見ていてくれる存在って、
有難くうれしいものなんですね。
家族が褒めるのとは違って、客観的な視点で、経験もある人に褒められるのは
格別なのかもしれません。


というわけで、これまで身に付けたモノを総動員して
今年もcyoppiは、手を抜くことなく全力で進んでいくようです。


まったくもって凄いね~
ワタクシの子とは思えませんわ~



それでは

 クリックお願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

ブログ7周年

20160107-3.jpg


40歳からスタートした『ふだんの暮らしから』
更新ペースが気まぐれですが、何気に7周年を迎えました。

始めた頃と、何ら変わりなく・・・
文章力も、更新内容も、成長が見られませんが
子どもらだけは、すくすくと成長しております



  20160107-1.jpg
 
食いしん坊のcyoppiのたっての希望で
バースデーケーキは、ショートケーキを


初めてのケーキ屋さんでしたが、めっちゃ美味しかったので
リンクを張っておきます。

シュエット洋菓子店


20160107.jpg

住宅街の中の小さなケーキ屋さんですが
どれもこれも美味しく
cyoppiは自分の誕生日は「ここのケーキがいいわ」と言っております。


朝一番に、パパとRiraさんからプレゼントをいただいたのを見ていたcyoppiは
焦ったのでしょう
部活から帰宅して焦ってカードを買いに行き、
メッセージを書いてくれたようです。

人の誕生日を忘れているのはいつものことなので期待してなかっただけに
うれしいプレゼントになりました。


この日
Riraさんに内緒で、ワタクシがこっそり年賀状を出した
Riraさんの二年の担任の先生から年賀状のお返事が届きました。

先生は、4月から他校へ転勤されてるので、
前の学校の生徒の母から年賀状などが届いてうれしい驚きだったことと
RiraさんにPOWERを与えてくれる言葉が書かれていました。

ちいさな種まきが、大きな収穫になったような幸せ気分

親子でうれしい出来事になりました。
ありがとうございます


というわけで、いつものとおり、ささやかですが
こんな調子で暮らしていきたいと思います。
よろしくお付き合いくださいね


それでは

 クリックお願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

センター10日前の受験生

毎日の塾から帰宅して軽くご飯を食べる11時過ぎ
凄惨な事件を伝えるニュース番組ではなく
気の抜けたようなお笑い番組を選択して 文字通り「げらげら」笑う姿に
そういう番組のありがたさと
Riraさんのここに来ての気持ちの強さを感じる毎日です。


最近の彼女は、素直。


ま、基本的に素直でわりやすい・・・

と、学校の先生にも、塾の先生にも言われるほど
気持ちが素直に表情に出る人です。


気持ちが表情に出るといっても、怒りとか、ムカつくではなく
「キャー先生!(テストの結果が悪かった~)」というようなことで
顔を見れば、テスト結果が容易に想像されるという具合だそうです。


お正月休みの家族の会話の中で、こんなことも言ってた。
「人に怒ったことって、ないな~」と・・・凄いな

そういえば、誰かが(主にワタクシ)イライラしてても、
必ずなだめてくれるのがRiraさんです。
(あ、cyoppiもなだめて慰めてくれるな~
ま、なぜかパパには敢然と立ち向かっていくんですけどね~


という風で、素直なので、励ましが欲しい時は
「ママ~」と、寝室までやって来てベットにごろり。
「どうしよ~」とのたうちまわって
「どうか元気になる言葉ください~」と心で言っているのが見えます

「やるしかないやん~」とかける言葉のレパートリーも少ないんですが
「それはわかっとるし、やるよ~。でもどうしよ~~肩もんで~」
という毎度の展開で、
凝り固まった肩をもみながら、バシバシと背中に気合を注入しております


昨夜は、こんなことも話してました。

風邪で休んだ日の模試7教科を一気に塾で解いたらしく
「一日で7教科はきついわ~
センター試験、2日に分けてくれとんて、意味があるんやね~
と、ありがたがっておりました。
凄いなRiraさん。そんなふうに思えるのか・・・


はたまた、仲間の男子が、模試で鉛筆転がして80点採ったことに
Rira 「ありえんわ~
でも、やつはそうやって人生乗り切っていけそうな気がする~
と言うので、
私 「さすが、毎年年越しを伊勢神宮行ってるだけのことはあるな~」
と言ったら(その男子は家族で大晦日から伊勢神宮に詣でるのが恒例)
「うわっじゃーRiraちゃんは明日からお守り全部持って学校行くわ
と、ありったけのお守りをかばんに入れて学校へ行き始めました

そうそう、頼れるものすべてにすがって味方してもらいましょう


これまでなら、いろいろ気に入らないことがあると
すぐ文句を言ったり、イライラしてたりしたのが、
なんだか笑ってやり過ごせるようになってきたようです。


今朝も、「ママ~ ヒートテックがないー! なんで~?!」
と叫んでいました。
うわっ イライラするかな?と思いつつ一緒に探してやりながら、
「ほんま無いな~」と笑いながら脇腹をつっついてみると
半笑いで諦めてくれました。

平和です。


というわけで、ワタクシは、
どんな小さなことも 笑ってやり過ごせるよう 工夫する日々です

たぶん、この気持ちはRiraさんも一緒の気がする。


あぁ~単純で素直な娘に えらく助けられております

こんな笑う門にこそ 福が来るもんです~


まずは第一関門まであと10日

あらゆるものに癒されながら、笑いながら、
すがれるものにはすべてすがって
前向きな言葉のシャワーを降り注ぎながら
できることをやりきって行こうと思います




そんな傍らで、cyoppiも走っています。
「今日は、今まででサイコーに疲れたー」と笑ってる彼女も強いです

そして、新たな展開を求めて、バレエを卒業することになりました。
「毎日精一杯頑張る生活の気分転換としてバレエをつづけませんか?」と
先生がおっしゃってくださいましたが
ここまで体を動かしている上の気分転換が、体を動かすコトというのは
無理なコトと思えたのと、
新たにやりたいことを始めるためには、やはり何かを手放すことも大事。
片付けやモノの持ち方、風水にも通じますが
何かを減らすことで、新しい風が吹き込んで来る余地ができる。
そんなスタートになると思っています

cyoppiは、今 とってもスッキリしています。


というわけで、
ふだんの暮らしを大切に前に進んでいくのみです


それではまた~
 クリックお願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

行動開始!


20160101.jpg

あけましておめでとうございます

結婚以来 なんと初めて自宅で朝ご飯をいただくお正月となりました。

うどん県名物 白味噌あん餅雑煮





恒例のお節は

 20160101-3.jpg


12月31日大晦日
女性陣が大集合で手作り


20160101-1.jpg 

ワタクシの担当は、
ごぼうといんげんの牛肉巻
エビの塩焼き
田作り
栗きんとん
伊達巻
黒豆
ぶりの照り焼き


20160101-2.jpg

我ながらよく頑張りました

しかし、その腕前が上がらないんですよね~

伊達巻なんて、年に一度しか作らないのに、それがハレのお節だなんて・・・


気持ちでは、家のご飯を大事にしているのに
そのレパートリーも腕も上がらないってどうなの!ってことで
今年は、料理を習ってみようかと思っています。

家族が楽しめて、お客様ももてなせるご飯が作れるようになりたいな~
と思っています。



年越しは、家族全員で金毘羅さんへ
人手も多く、本殿の前でカウントダウンとはいきませんでしたが
大勢の人の中で穏やかに越せました。



2016年は、ほっこり家時間を楽しめるよう
少しずつ丁寧に家事していきたいと思います。
 
20160104.jpg

それでは 行動開始!

朝いちから仕事へ 学校へ 駅伝練習へと全員出動です


本年もどうぞよろしくお願いします



 クリックお願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム