• 201505 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201507

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

試練と『セルフ・エフィカシー』

Riraさんのその後について書きたいところですが、
こちらの話から先に~
そして、Riraさんにつなげられるといいな~





セルフ・エフィカシー
この言葉を初めて聞いたのは つい三日前

Riraさんの高校の講演で


SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の一環で
半年ごとに公開されている講座に初めて参加しました。

毎回、学校から保護者向けに案内状が配布され、
体育館で全校生徒と一緒に聴くことができる講座です。
毎回、「めっちゃ面白かった~!」と感想を熱く語ってくれるRiraさんです。
で、もう3年生ともなると、
こうした高校とのつながりや、外部の方の講座を受ける機会もあと少し
ということで、ちょっと参加してみました。

が、行ってみてたじろいだ 

現役高校生800人以上が体育館へ向かう人の波にたじろぎ・・・
会う生徒会う生徒が 「 こんにちは~ 」 と挨拶してくれ・・・
しかも参加した保護者はたったの三人・・・
しかも、生徒も先生も床に座っているのに、前のほうの保護者用の椅子を勧められ
「 いえいえ、そんなぁ~ 」 って感じでした。

講師は、早稲田大学研究戦略センター教授 枝川義邦氏
ファシリテーター 谷 益美 さん
どちらも、なかなかに凄い方でした。

テーマ 「記憶のスイッチ、入ってますか~長期記憶と脳科学~」

そこで聞いたのが、セルフ・エフィカシー

簡単に言うと(ワタシが理解した感じ~)
目の前のハードルや課題に対して、「これは、できそう~」と思える力
「自己効力感」
このセルフエフィカシーが高い人は、
目の前の壁やハードルを越えていけるんだそうです。
そして、今やこれは脳科学的にも立証されているらしい

これは、「自信」とは違うものだそうで、
根拠はなくても本人がなんとなく
「これなら頑張ればできそう!」と思えるか思えないかが重要で
周りが「あいつにそれは無理だろう~」と思っていることでも、
本人のセルフエフィカシーが高ければ、案外と越えていけるんだそうです。


この講座を開催するにあたって、
担当の先生がRiraさんの高校全員にアンケートを採っていました。
一問4点満点で10問で、各学年のアンケート結果を集計して
グラフにしてありました。
生徒会役員の男子が28点で、これが学年でかなりの高得点でした。



講座では、脳科学で解明されていることをふまえ

記憶のスイッチを入れるためには、
「やる気(モチベーション)とソノ気(セルフエフィカシー)」が大事


という話につながって行きますが、そこんところは割愛します


で、その 「セルフエフィカシー」

ピンと来たのは、 『ビリギャル』 の坪田先生の言葉

最初から 「無理!」 と思ってしまうと、その人は本来持っている能力すら発揮できない。
「 できるかもっ!」 と思えないと、何事も可能にはならない。


本人が根拠を持っていなくても
なんとなく「出来る気がする~!できそう!」と思えることが、まず大事。
それがあって初めて挑戦しよう!という気持ちになれるし
頑張り始められる。

つまり、セルフエフィカシーが低いと、高い壁に挑戦すらできない。
「そんなん無理やし~」と思った時点で、その目標すら持つことはない。

ものすごくうなづけた

同じ能力を持っていたり、テストの得点が同じくらいの二人がいて
そこで掲げられる目標に違いがあるのは
まさに、セルフエフィカシーの高さの違い!


そうだったのか~


そして、Riraさんの頑張りの源は、ここにある

・・・と、おもう。


で、そのセルフエフィカシーを高めるためには、どうしたらいいか・・・


それは、どんなにちいさなことでもいいから
「何かをやり遂げた」という成功体験を積むこと
第三者から見た成功体験でなくてもかまわない。
自分でそれを実感できていればそれでいいらしい。


そして、親としてしてやれることをワタシなりに考えてみた。

本人は意識してなくても、私から見て頑張っていること
以前より出来るようになったことをみつけて
そのことを具体的に褒めること
「 出来るようになったんだ 」 という成功体験に気付かせてあげること

そんな気がしました。


そして・・・
高校からそのまま移動して同じ日に塾の先生とお話してて言われたのが


「長年受験生を見ていますが、
『ここに行く!』 と強く思っている子が、結局そこへ合格していきます」

「ここに行きたい」と思う気持ちは、
その可能性がゼロだと思っていては持てない気持ち
「行こう!」と思えるってことは、頑張れば「行ける」と思えているってこと。
まさにセルフエフィカシー

ここでもやっぱりそうですか~って感じです。


昨夜、久しぶりにお会いしたバレエの先生と話していた時に出たのも
この言葉でした

やったことのないことに挑戦する時、
最初から「そんなの無理!」と思っている子は、絶対その壁は越えられない。
「できるかも~」と思える子は、かならずその壁を 乗り越えられる。

「 無理と思うか、出来る!と思えるか、その違いは、
その子の壁を超えてきた経験によって違ってくる 」

自分の前にある壁を 頑張って努力してクリアしてきたという経験がないと
次の高い壁が来たときに 「できそう!」 とは思えない。
ぶつかって、くじけながら
頑張らなくては超えられないような壁を越えようとした経験がないと
「越えられそう」とは思えない。

だから、高い壁に立ち向かっていく経験を積むことが大事です。
高い壁は、チャンスであり、そもそもチャンスがないとその高い壁すら来ない。
壁にぶつかってくじけそうになるくらいの経験が必要。

そして、親は、子どもがやったことがないことや壁に直面したとき、
その背をしっかり押してやること
それが大事です・・・と。

そうでした。

このバレエの先生のもとで、Riraさんは壁を超えてきたのでした。
そして、cyoppiも・・・。



そんな「セルフ・エフィカシー」という言葉を連続で聞かされたのでした。






昨夜、ふと聞いてみた。

「Riraちゃんところで何点だった?」


「それがなぁ~ そんなすごいアンケートと思わず答えたら~
30点やった





大爆笑~!!


30点・・・それがいかに高い得点かは
講座を受けた本人がよくわかっており、講座中に自分で一番びっくりしたはず

おそらく学年トップ得点


アンケートなんて、気軽に直感で答えるのが普通
いくら総体で優勝した翌日とは言え、このセルフエフィカシーの高さ

これが、Riraさんの強みかも・・・



そして、その後のRiraさんは・・・


次回をお楽しみに




それでは


クリックお願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

思いもよらぬ試練

さかのぼること、3週間前


県高校総体 弓道団体 第一日目 夕方


Riraさんから家に電話がかかってきた


「ママっ どうしよぉぉぉぉぉーーっ  」





ワタクシ 「 どしたっ  ? もしかして優勝  」




Rira 「そうっ 三代目どうしよーーーーっ 


電話の向こうから、
はちきれるような嬉しさと喜びと困惑がごちゃまぜの大興奮の声が
聞こえてきました。




これまで、Riraさんの試合を観に行ったことがありましたが
ワタクシ達夫婦が応援に行った時に限って Riraさんの的中率があまり良くなく
見るのをやめて帰ったりすると、その後から調子が上がる
ってことが何度かあったので、
夫婦ともにうっすら 「観に行かないほうがいいかも・・・」と思ってました。

が、今回は、なんと言っても高校生最後の試合

メンバー5人と補欠2人の登録で、Riraさんは補欠だったこともあり
試合に出してもらえるかどうかも試合当日にならないとわからない。
ですが、今日を逃せば、もう弓を引く姿を見ることはできない。
一度も試合を見たことがないcyoppiに、弓道の試合を見せてあげたいってことで
応援に出かけました 


残念ながらRiraさんは控えでしたが
高校のひと立目(ひとたちめ・・・一巡目)をしっかり見守って
帰宅したのでした。

帰宅途中、「 ふた立目(ふたたちめ・・・2巡目)に(試合に)出たよ~ 」 と

団体予選を二位で通過し
決勝トーナメントに選手として出るとの知らせがありました。



そうして、そろそろ表彰式だな~と思った夕方
大興奮の電話がかかったわけです。




思い起こせば、春まだ浅い3月

「 三代目JSBのチケットとれたらさ~ 
まさか弓道の全国大会と かぶらんよね~
と、冗談で話しておりました。



決して弱小校ではなく大会でときどき準優勝の経験はありましたが
まだ今のメンバーで優勝したとは聞いたことなかったと思います。
ワタクシ運動音痴の文化系で
「総体ってなに?」っていうくらい関心がなく無知だったこともあり、
全国大会は、県大会で優勝して、四国大会に進んで勝てば 全国?
って思っておりました。
なので、全国大会なんて遠い遠い~ってことくらいはわかっていました。



が、それでも 実際に 三代目のチケットが取れた時点で
「 まさか・・・ 」  と全国大会の日程を調べたりしてました。

全国への道のりの遠さは わかっていたものの
ときどき何か凄いモノを引き寄せる力のあるRiraさんのことを
予感していたのかもしれません・・・。



一応調べてみると、弓道全国大会は奈良県吉野
なんと!三代目JSB京セラドームの翌日からの開催でした。


・・・ まさかね~




そうして時間は過ぎ、県総体前日。
試合日程と要項みたいなのを初めて眺めていたら





県大会で優勝した高校は、全国大会の出場資格が与えられる
県で1~4位は、四国大会の出場資格が与えられる

ってなことが、書いてありました。


 県大会優勝で、全国が決まるのかっ???

そんなことを初めて知った無知な親だったのです





団体戦の試合の後、そのまま塾へ移動し夜遅くに帰宅したRiraさんが
興奮冷めやらぬ感じで試合から優勝への流れを一気に話してくれました。


しかも涙ながらに



全国に行くってことは、三代目を諦めなくてはならない

これまで口にしたことはなかったものの、
まさかの事態が現実のものとして
目の前に突然降ってきたのです。
まさに、想定外


決勝トーナメントを勝ち進み優勝が決まった時には
応援に来てくれたOBOGも、顧問の先生も、日頃淡々としてる男子部員も
後輩までもが涙しており、まさに歓喜の渦のなか
自分だけが 複雑すぎて泣けなかったそうです


もう、リビングにごろんと仰向けになり ボロボロとおもしろいほど泣いてました。
我慢してたんですね~


「自分のためには頑張れんけど みんなのためには頑張れる

と言って練習してきた結果、優勝と全国への切符をもたらし
その知らせを聞いたあちこちから おめでとうの言葉がたくさん届き
高校部活動としては最高の結果だったわけです。


ライブより全国高校総体やろ~
行きたい!と頑張っても行けない全国大会、なにを泣いてんだー!
という声が聞こえてきそうですが・・・


が、思うように伸びない苦しい勉強に立ち向かう受験生にとって
三代目ドームツアー参加だけが
その後の受験勉強一色に耐えていく心の支えだったことも事実。


それだけを楽しみにこの半年の日々があったと言っても
決して過言ではありません!

とは言え、まさか顧問の先生に「全国の前日に 三代目のライブに行かせてください!」
なんて、口が裂けても言えませんよね~



と、そんなところに、またひとつ思いもよらぬ試練が・・・




さ~て どうやって気持ちを整えていくか・・・
続きは次回に~


それでは


クリックお願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


Pagetop

[Edit]

父の日 何が違うのか?

先週の金曜日から二泊三日で四国総体に行っていたRiraさん

日曜の夜に帰ってきました。

そのお迎えの車中で盛り上がったのは、「父の日」について。



その内容が・・・


せっかく皆がそろう日曜の晩ご飯 「何作ろうか~?」と
夫婦で立ち寄ったスーパーで

「 ママっ! 今日はなんと父の日やーっ
と声を上げたのは、主役のはずのパパ。


すっかり忘れていた・・・

って、わたくしがお祝いするのは、両家の父たち
でも、すっかり忘れておった・・・

応援に行けなかった四国大会の動向が気になって気になって
すっかり忘れておったのです



で、学校まで帰ってきたRiraさんをお迎えにでかけ
車に乗り込んできたRiraさんに、パパが
「 今日は何の日かしっとる? 」と聞いてみた。

「 えぇ~  何の日~?」と言うので、すかさずパパが

「 父の日で~ 忘れとったやろ~ 」というので、

すかさずRiraさんが
「 はい、おめでとう!プレゼント! 」と間髪いれずさし出したのは
愛媛土産の坊っちゃん団子

あきらかに家族へのお土産の横流し~



次に迎えに行ったcyoppiにも パパは同じ質問してた。


「cyoppi~今日は何の日や~?」

cyoppi 「Riraちゃんが 試合から帰ってくる日~

というわけで、cyoppiもすっかり忘れておった。



というか、生まれてこのかた
cyoppiが自発的に誰かにプレゼントをあげたことなんて
ほとんど皆無 


かろうじて、仲良しの友だちくらいはありますが、それも大体フライング

毎年、Riraさんから誕プレもらってるにもかかわらず
Riraさんへのプレゼントは しっかり忘れている。
しかも、Riraさんの誕生日は、自分の誕生日の翌日だというのに・・・

おそらく、自分自身の誕生日のことばっかり考え過ぎて
翌日のことまでは考えられないんだと思う。

なので、母の日も父の日も、cyoppiからは何もないのが常
毎年、「うわぁ~忘れとったわ~ なんでやろ~」と言う割には
まったく落ち込むでもなく、いじけるでもなく
次回から改善されるわけでもない・・・。




とまあそんなわけで、Riraさんも無事試合に出してもらえて
それなりに勝ち進んだってことで、お祝いの手巻き寿司の食卓を整えたところで


Riraさんがおもむろに取り出した・・・


「 はい、パパ。 父の日 」



 ちゃんとラッピングされリボンがかけられたこちら        


    鉄火巻・かっぱ巻・納豆巻 タオル

*画像、お借りしてます


『 福を巻き込むのり巻きタオル かっぱ巻き 』

これには、一同驚いた

学校と塾と家の往復で、文具も本も洋服も自分では買いに行く暇がないような
多忙なRiraさんのどこに、そんな余裕があったのか・・・

そりゃ~不思議です。


cyoppi 「 なんで覚えとん~  いつ買ったん~ 」
と、矢継ぎ早に質問してました。

「母の日」、とくれば 「父の日」というわけで、
5月頃にひさしぶりに友だちと遊んだときに、ふたつとも選んだそうです。

Riraさんは、1人で買い物に行けるようになって以来
毎年、プレゼントを欠かすことはありません。


最初は、近所のお花屋さんでお小遣いで買ってくれたお花でした。
たった200円かそこらのお花を、きれいにラッピングしてもらってました。

専業主婦で子どもが家にいるときは、必ずと言っていいほどワタクシも家にいて
ひとりで買い物に行かせるようなこともなかった頃なので
初めてお花を貰った時は
「 いったい いつ行ったの???」 と聞いてしまいました。

しかも、うどん屋くらいにしかお使いに出したこともなかったので
ほんとにびっくりしたのでした。

以来、一度も欠かすことなく、遅れることさえもなく
家族の記念日にプレゼントを欠かさない人なのです。
しかも、絵や手紙、カードも添えられています。
よくできた娘です

しかも、ケーキを食べる時も、お土産を食べる時も・・・
「みんなでそろって食べようよ!」 と、
毎回全員がテーブルに着くまで 待っている人です。
それは、高校3年生の現在も。

こんな素晴らしい娘に育てた親の顔がみてみたいわ~





そんな姉を、常に見て育っているにもかかわらず
cyoppiには、いっさいこの発想がありません


おんなじように育ててるのに、何が違うんでしょうね~

まったくわかりません・・・


というわけで、Riraさんのおかげで しあわせな父の日となりました



それでは


クリックお願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

高校のサポート体制

20150612.jpg

本日は、Riraさんの高校の面白いサポート体制をご紹介


ありがたいことに、Riraさんが毎日毎日楽しい高校生活を送れているのは
やはり、その環境に恵まれているから

Riraさんがこの高校に入学して驚いたのは、
生徒も先生も保護者までもが この高校をとても好きだということ
自分の大好きな母校だから子どももこちらの学校を!という保護者の方もいるほど
そして、中学校よりも格段に頻繁に学校を訪れる機会が多く設けられていて
学校のことがとてもよくわかります。


そんな高校ですが、
コツコツ型のRiraさんにとって 入学当時から学校の勉強について行くのは
なかなか苦労が多く、苦しいものでした。

それでも投げ出すことなく頑張ってこれたのは、
いつも前向きでノリのいいクラスの仲間と担任に恵まれ
たとえ試合があっても、その後に塾を休むことのない部活の仲間の
おかげが大きいと思います。

そして、入学当初から 将来の職業選択や、進路の決め方に対する
セミナーや講座をたくさん設けてくださり
常に進路選択に対する刺激を与え続けてくれる
学校の体制がありました。

「赤丸スクープ甲子園」の取材で尾木ママの授業を受けたり・・・ ★
大学の就職支援のアドバイザーの方が、就職活動の話をしてくれたり
各分野の大学の研究生や先生を招いて学部紹介をきいたり
地元企業や公務員の方々就職セミナーなんかもありました。
「はやぶさ」を飛ばせた先生やユーグレなの社長が来校したことも・・・
・・・興味ある方は、こちらもどうぞ ☆ ★        

Riraさんは、2年生の夏休みに
自分が興味ある大学へオープンキャンパスに出かけましたが

先日、その大学の学部の先生が学校紹介に来られるというラッキーがあり
直接学校の様子を聞くことができ
その大学へ進学した先輩と直接話す機会にもめぐまれ
ますます行きたい気持ちを強くしています。

「受験は団体戦!」と、よく先生方が言われますし
身近な友だちが頑張る姿に刺激を受けてここまで来ましたが
それでも、なんだか遠く果てしないところにあるような大学で
( 実際に、とっても成績が果てしなく遠いのですよね~ )
ともすれば、くじけそうになるもんだと思いますが
そんなところへ、直接大学に通い教える方々の生の声を聞けることは
かなりの励みと奮起になっているようです。

前向きなRiraさんにしてみたら
「 自分のために 向こうから来てくれたわ~」 ってな感じ

まったく ありがたい限りです。 


そんななかスタートしたのは、
高校総体の県予選が終わった翌日から始まった
「ちゃれんじ週間」
・・・やったと思います。正確な名称は忘れました


放課後部活をしていた時間を、一気に受験勉強に切り替えるための
「ちゃれんじ」
希望者に、放課後から午後8時までホームルームを開放して
勉強する習慣を身につけてもらいたいというのが目的

で、上の写真がそのサポートとして開設された 夕方の食堂

わざわざご丁寧に、カラーのイラスト入りで「招待状」が届きます。
って、事前に希望のメニューと日程を申し込んだ人に配られるプリントです

よく見ると~そのネーミングに笑えます
「うカレー」 「AB勝丼」 「うカレーうどん」 「受かるビ丼」
うちの娘にぜひ食べてもらいたいのは 「D・E判定から上げ丼」

友だちと、「このメニューははずせんやろ~」と、いろいろ注文したようです。
完全予約制なので、指定の時間に食べにくるのを忘れたりすると
全校放送で フルネームで呼び出しがあるそうです

担任の先生は、夜の教室にやって来て
「 今日だけやぞ~」 と、チョコレートを配ってくれたそうです



そんな今年の担任の先生は ダンディ・・・Riraさん評


受験も大事だが、高校生活も満喫してもらいたい!
という先生で、体育祭で自分のクラスが全校準優勝だったことがうれしすぎて
翌日から授業に行った先々のクラスで自慢したらしい    


そして、こんなプリントも配られてました。

高校総体 県予選に出場するクラスメートの出場種目と試合日程一覧表


こんなプリント初めて見ましたよ

頑張ってるメンバーを応援しよう!ってことでしょうね


おかげさまで、全国大会進出の部も!

男子バレーの決勝リーグの日には、
全校放送でその活躍と 「ぜひ応援を!」というメッセージが流れ
午前授業だったため、午後からたくさんの生徒が体育館に詰めかけたそうです。

優勝を決めた体育館で、
めっちゃたくさんの応援の生徒とバレー部が記念撮影してました
青春だね~


というわけで、愛情あふれる先生と いつも前向きな仲間に囲まれて
Riraさんは 笑ったり ボロボロと泣いたりしながら
高校生活を謳歌しております。

ま、自分の時代の母校以外、他の高校のことをしらないのですが、
今どきは、高校ってどこもこんな感じなんでしょうか?
そうだとしても、羨ましい限りです。




さて、Riraさんの 「ボロボロに泣いた」 ことについては
10日後辺りに記事に出来ると思います。
「青春だね~」 って感じのRiraさんです。



それでは


クリックお願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

ちっちゃいちっちゃい幸せ

そろそろ来るな・・・

と、何の根拠もなく思っていたら
トントンと外階段を上がってくる音が・・・

やってきたのは、宅配便の方


「 よしっ なんにもネットで注文したものはない!
ってことは・・・ 」

と、届けられたのは




20150604.jpg

『 しあわせの蒼いとりさん 』


先日ふと眺めた地元テレビ番組に
映っていたのが 『 しあわせの蒼いとりさん 』

めっちゃかわいい~ と思ってたら
なんと視聴者プレゼントされるとか

というわけで、早速には葉書を投函


そしたら、我が家にやって来てくれました~ 



パパとcyoppi も一緒に観てた番組だったので
「ホントに来た~  」 と喜びもひとしお~




しあわせです

おまけに、そのタイミングは
修理に出していたパソコンが修理完了し、面倒な設定をしなおして
4カ月ぶりにようやくネットにつなげられ
「めっちゃうれしい~」と家族にLINEした直後の宅配便でした。

ネットがつながったおかげで
新春書初展で全国特別大賞をいただいたcyoppiの作品を
ようやく本人が ネット展で確認
過去の栄光を今頃みることができ、うれしさ再び 


そこへ、パパが 「ドーナツをいただいた~」 と帰宅 
しかも、飲み会の帰りの代行で、おつりの小銭がないからと
50円おまけしてくれたらしい


そういえば、何となく入ったガソリンスタンドでキャンペーンやってたらしく
3円/L その場で値引きしてくれた~
70Lも入れたから、ラッキー


というわけで、ちっちゃいちっちゃいラッキーに

この上ない幸せを感じております


単純って 大事


今日もご飯がおいしかったとか
洗濯物が気持ちよく乾いたとか
新しい葉っぱが出てきたとか
ベランダに小鳥がやって来てたとか
cyoppiが毎日元気に笑って帰宅してくるとか
Riraさんが楽しげに学校の話をするとか
開けた窓から雀が飛び込んできたとか

ちっちゃいラッキーをしあわせと感じるおめでたい気持ちも 大事


あまりにちっちゃすぎやしないか・・・
と、器の小ささを情けなく思わないこともないけど
ささいなことをしあわせと感じられるのは
平穏なふつうの暮らしをおくれているから
「 普通 」 って、簡単にありそうで、案外ないもの・・・

それって、やっぱり しあわせってこと


不安や足りないモノを数えても それはキリがないので 
今あるちっちゃいちっちゃいしあわせに気付けることのほうが
断然 幸福感は増す


へっ?そんなことで?と笑われそうなほどささやかなことでばかりですが

おかげさまで しあわせを感じられる我が家です





それでは


クリックお願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。