[Edit]

えっ!という間に梅雨入り

Riraさんの高校がテレビに出た!ことで放送中のCMタイムに

年賀状だけでしかRiraさんを知らない県外の友人が
「 娘ちゃん、高校どこ?!
今、テレビに出てなかった?!」

というLine



スゴっ!!

ワタシのブログも知らず、なんの予告もしてなかったのに・・・

いくら、丸~い顔がアップで映ったからって
一度も会ったことが無いRiraさんを、よく見つけたもんだ


これが、今回最大のサプライズでした


録画も、3回ぐらい見て、興奮しすぎて疲れてしまったわ

めっちゃ いい経験になりました~!



なんて盛り上がってるうちに、突然 梅雨入りしてしまいました。


毎年、雨が続くよな~と思ってたら、
遅ればせながら・・・って感じで 梅雨入り宣言されるのに、
今年は、雨が降る前に宣言された。

は、はやいな・・・


っていうか、家族のなかでワタシだけが衣替え終わってないんですけど


冬物のクリーニングも完了し、お布団もとっくに入れ替え
洗濯すべきものは完了しているにもかかわらず
自分のことは、なかなか面倒くさい。

が、自分のことを後回しにする癖を改善して
子どもの手も、そろそろ放しつつ、自分のことをやろうと思うこのごろです。


それでは~





お手数ですが、ぜひ、クリックを~♪


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   

スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

クラスに尾木ママがやって来た!

前回ちらりと書きました

「Riraさんの高校に尾木ママがやって来る!」
 


な、なんと Riraさんのクラスにやって来ましたー


なんたるラッキー

恐れながら、尾木ママのブログにリンク貼らせていただきました

授業の様子・・・こちらをクリック


ロンブーの淳を、是非見たかった担任の先生は、
こっそり教室の後ろから入ろうとしたものの、
5台のカメラとスタッフに阻まれ、その姿を間近では見られず
えらく悔しがっていたらしい


cyoppiが大好きな、上重アナも来てたそうで、
「 すら~と背が高くて、めっちゃイケメンだった~
というRiraさんのことを、cyoppiは恨めし気にみておりました



そして、体育館での講演の様子も~・・・

体育館が興奮に包まれたらしい




「古典を深く理解するためには・・・」 と、
尾木先生が授業でお奨めしてくれた本も早速 Riraさん購入

20130525.jpg 
筑摩書房 「平安朝の生活と文学」 池田亀鑑

古文を理解するためには、古典が出来た当時の生活様式を知らないと
なかなかり文章の理解は難しい・・・ということで勧めてくれたらしい。
世の高校生のみなさま~どうぞ~

こうやって、興味の範囲が広がっていくんでしょうか~



というわけで、学校中が、予想以上に大盛り上がりの一日だったようです。



思えば、ほんの数が月前・・・
「 この高校に入れたら、尾木ママにも会えたりして~ 」 
と、つぶやいていた我が家。

それが、意外にもこんなに早く叶うなんて
言霊の力なのか・・・
やはり 『持っている人』 Riraさんの引き寄せる力なのか・・・

しかも、よくよく聞けば、
尾木先生は、高校卒業以来47年ぶりの母校訪問だったらしい


いろんな意味で、すごいね~!


というわけで、番組はこちら

『 赤丸!スクープ甲子園 』 
早くも 27日(月) 放送!!


お楽しみに~ ・・・してるのは、家族だけだね




えらく、いつもと違うテンションで失礼いたしました~



お手数ですが、ぜひ、クリックを~♪


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   

Pagetop

[Edit]

今週の女子高生弁当

20130524-4.jpg

昨年いただいたアナベルに、ぼちぼち蕾がつき始めました

この青い感じがいいんだな~




タイトルのとおり、ゆる~くお弁当紹介~

といっても、試験期間中がありましたので、お弁当なしの日が多かった・・・。
そして、慣れもあり、手抜き気味~


 20130524.jpg
 グリンピースご飯・・・グリンピースは実家産
大根サラダ
オクラ・・・嫌いなので、残してあった
卵焼きにウィンナー
ホウレンソウのシュウマイ・・・もちろん冷凍食品








20130524-1.jpg 
ロールパンそのまま
リンゴ
ミートソースパスタ
豆腐と鶏ミンチのハンバーグ
キャベツとベーコンのオムレツ




そして、本日
食べる本人よりも先に公開~

20130524-5.jpg 
茹でタマゴとベーコンとチーズたっぷりのホットサンド
きゅうりとトマトとウィンナー
ごぼう天


特別に、ビタントニオでミニドーナツもサービス

20130524-3.jpg
食後のデザート
友だちらと ほっこりしてもらいましょう~


とは言うものの、本日は学校でビッグイベントが開催されているはずーっ


Riraさんの学校が、TVに出ます~
しかも、全国放送~

今頃 収録中のはず

尾木ママがやってくるらしい~

27日月曜放送~ 
興味のある方は、尾木ママの公式ブログ検索してね~



では、また~



お手数ですが、ぜひ、クリックを~♪


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   


 

 

Pagetop

[Edit]

まったく未熟な親だね~

本日は、「子育て備忘録」~

中高校生の娘がいる方には参考になるかな?
いや、単に面倒くさい話かも~
まぁ、子育てに、悩みと興味のある方は、お読みくださ~い

なんせ、この文章、もう5日もかかって書いてるので
長文です。あしからず。



 



うちの娘は、めっちゃ頑張ってるわ~


と、感心してたら、
ほかの子は娘以上に頑張り屋さんばかりだった・・・

ここんところ、初めての試験で、
1時、2時まで勉強してることに感心しきりだったのに
周りの友だちは、3時4時までとことん取り組んで頑張ってたらしい・・・




現に、うちで娘と一緒に勉強していた友人は、 夢中で数学を解き続けていたら
東の空が明るくなって隣の家の鶏が鳴き出したらしい・・・すごいな

頑張って、フツーなんだね・・・

こんなところでも 自分自身の親バカぶりに気づかされる今日この頃です







そんなわけで、相変わらず、甘ちゃんの親バカなワタシですが、
もう半年も前から、解消できないことをひとつ抱えておりました。


それは、これまで何度か書いてきたRiraさんのバレエのこと

小さい問題に直面するたびに、
一回一回自分なりに気持ちの整理をしてきたわけですが
先日も 「 もう無理~ 」 とぷつっとキレて涙をこぼす娘を前に
味方になるべきか、突き放すべきか悩む前に、
とっさに味方になってしまっていました。 

日々葛藤しストレスをためつつ頑張る娘を前に
ここは「子どもの味方をしなくては!」それが正しい!
と思い込んでました。




先日も、「頑張るべきか、楽に生きるべきか」
書いて思考の整理をしていたわけですが・・・

試験期間中に練習がある4日のうち、1日だけお休みしたいと申し出た娘に
先生は 「 ダメだよっ!」 と一言言い放たれ、娘は絶句したらしい。

これは私の想像ですが
本音は、全部休みたいところを、悩みに悩んで1日に絞り込み
言う言葉まで考えて、慎重に申し出たことだったのに
予想以上のお返事で 
もう駄目だーっ と、ぷつっとキレた・・・ということでしょう。

正直ワタシも、 
先生の言葉に、「どんだけ厳しいん?!」と衝撃も受け、
「どこまで頑張らすん?!」と
その厳しさに恐れおののきつつ、反発すら感じてしまいました


基本的に、「自分がやりたい」と言って決めたことには、
辛くて弱音をはく子どもに寄り添いはしても、
「自分で決めたことだから頑張りなさい」と押し出してきました。

その懐かしい原点が残っていました。
5年前、Riraさんがcyoppiと同じ5年生だったときの話
「足を引きずって」

なんか、この時から自分は成長してないなぁ・・・



そして、現在
日々頑張る娘に、「もっと頑張れ」とは、とても言えなかった・・・
むしろ、後ろ向きなまんま~不本意ながらも~
なんとか予定をこなそうとする娘に
「 そこまで頑張らんでもいいんちゃう~? 
たまにはずる休みしてもいいんだよ~」
と、言っていたワタシ・・・親バカです、はい


娘の葛藤とストレスは、遡ること半年前の冬から続き・・・
やりたくないけど、やらなくちゃいけない、というジレンマの中
体調に異変が出るほどで・・・

このまま逃げ場がないのでは、
これまでやってきたバレエを嫌いになるんじゃないか・・・ 
 ここまで育ててくれた(と本人も自覚している)先生を
嫌いになるんじゃないか・・・
そんなことまで思いやられる状態でした。

そんな懸念もあったり、親としての甘さもあったりで、
ぷつっとキレた娘に、とうとう
「休んでしまいなさい」
という言葉が出たのでした。


初めて、親の賛同というか、許可が出た娘は、
かなりほっとした表情になったことを覚えています。

おかげで、
試験中のこの土日はレッスンを休むという踏ん切りをつけられた娘は
気を落ち着けて、勉強してきたわけです。



しかし、
娘がぷちっとキレてしまった後、ワタシは冷静になって考えた・・・ 
 
先生は、「休んでいい」とは絶対言えない立場の人
娘は、誰かに甘えることはできない。
やるのは自分、誰も助けてくれない。
投げ出して、やめることはできない。
どこかの時点で、吹っ切って開き直ってやりきってもらうしかない。

でも、ここまで葛藤しながらストレスを抱えて
ようやくなんとか取り組んでいることを 先生は知っているだろうか?
少しでも先生に知ってもらえれば、
ワタシに、なにか対応できることがあるんじゃないか・・・。

そんなことを考え、先生と話してみることにしました。







んでっ!!



先週金曜日 みごと 解消~



って、ワタシの気持ちのなかだけで
Riraさんは、相変わらず悩みと葛藤のまっただ中ですけどね・・・ 
 

それはみごとに 腑に落ちるお話でした。
 




先生は、全部わかっておりました。

葛藤して・・・悩んで・・・重い腰を上げて・・・それでもレッスンに向かう
それで、いいじゃないですか。
その葛藤の中で 自分で決めていくことで成長があるんですよ。




「葛藤している」ということは、本人が、自分の立場をわかっているということ。
わかっているけど、やりたくないし、辞めてしまいたい。
葛藤しているということは、辞められない、投げ出せない、やるしかないとも
わかっているということ。


「 それでいいんです。」とにっこり笑う先生の言葉が、
「悩んでていいんだ~」と、ものすご腑に落ちたのでした。


子どもと言えども、15歳は、
そう簡単に親の言葉に左右されるような歳ではありません。
説得なんて、聞く耳はもちませんから・・・
ましてや、Riraさんは、かなり頑固で、
自分で決めたことを曲げることはしません。


だから、毎回、レッスンに行くかどうか、
自分で決めるまで、ワタシはひたすら待っておりました。

バレエのの字も言いにくいほど拒絶してるような時もありましたから
言えませんよ~ 「 レッスン行きなさい!」 だなんて


 そして、それでも、Riraさんが 「休む」 と言ってきたのは
学校行事の時間の都合が合わなかった以外
一度もありませんでしたから・・・。
言わなくても、わかっていることだけは、信じることができましたし(笑
そして、日々、手を抜くことなくすべてをやろうとしている姿を見てきましたから。


そんな中で決めたお休みだったわけです。


そんななか、先生に言われた、最高に目が覚めた言葉がありました。


子どもが、
辛くて、行きたくなくて、「休んでもいいかなぁ?」と親に判断を求めてきたとき
そこで親は絶対に「休みなさい」と言ってはいけない!

子どもは、苦しい時、誰かが逃げ道を提示してくれることを待っている。
だから、相談してくる、判断をゆだねてくる。

そこで、親が、「休んでもいいよ」という逃げ道を作ってしまうと、
子どもは何かあった時に、
「お母さんがいいって言ったじゃない!」と親のせいにする。
これは、大人になっても言えることで、自分で決めて進んでいかないと、
いつも自分が逃げた理由を誰かのせいにすることになる。


だから、子どもには、自分で決めさせる。
それで、「休む」と決めれば、親は、それを受け入れる
休んで後で困るのは、本人だから・・・。
ただ、「休もうか?」と相談されたとき、判断をゆだねられた時は、
逃げ道を促すのではなく、押し出してやる!

迷ってるから相談する
行きたくないけど、行かなきゃいけないこともわかってる
そこには、必ず本人に「行かなきゃいけない」という気持ちがあるから
そこでこそ、親は、「行った方がいいよ」と、背中をぐーっと押してやる。


「 センセー!『休みなさい!』って、言ってしまったわ~
この土日のレッスンは、もう来ないと思います~ 」

って言ったら、先生笑っておりました


この、話をパパ君にしたら
「先生、凄っ!」 と、これまたかなり納得しておりました。


習い事と勉強と・・・何が大事か。
これは、経済的にも時間的にも負担が多い習い事の場合
夫婦のうち夫が、「そんなことよりもっと勉強を・・・」という価値観で
日々頑張って取り組む姿を見ている妻が、「応援したい」となりがちで
この価値観の違いで悩む家庭も多いと思いますが
運よく我が家の意見は一致しており
勉強は頑張りたいのならやればいい。
でも、それ以上に大事なことがあるはずだよ、という価値観で
成績について、さしてどうこう言うこともなくきました。
 (悪い成績の時は、「きゃー」とは言うものの、別に叱りはしないので
Riraさんは包み隠さず、いつも結果を見せてくれます

Riraさんは、先生のおかげで今の姿になっている。
ということも一致しているので
先生の話を聞いても、ワタシ以上に感心しておりました。


というわけで、親としての方針も一致できたのでした。
めでたし~



とは、言いつつも、
土日のレッスンの出席は、諦めるしかありませんでしたけど




あとひとつ、大事なことが・・・

これまでここにも書きましたが、
部活と勉強とバレエと・・・すべてをやらなくちゃいけないなら
腹をくくって、
「全部やりきってやるー!」と開き直って取り組んでほしい!ということ
でも、今のRiraさんは、まだまだそこに達していないこと・・・
そんなことも先生に、お話したら、明快な答えが返ってきました。


「 待ってても、スイッチは入らないよ!
考えてても入らない。
動き出さないと!!
追い込まれた状況で動き始めて
はじめて吹っ切って取り組めるようになる!」



はぁーっ!さようですか~っ!!




これは、性格だと思いますが、
Riraさんは、壁にぶつかると、まず悲観的にたくさん考えた後
覚悟を決めて、黙々と動き出して行く感じで
そんなことは先生は百も承知!
だから、
考えても分からないことは多い。
動き出してやってみて、初めて見えて来るものはたくさんある。
だから、まず考えずに動き出しなさい!とよく言ってくれていました。


今、まさに動き出すことが必要なとき!
が、しかし、その動き出すきっかけがね~~っ





と思っていたら、意外なところで 小さな光が見えました。




Riraさんには、バレエのバの字も言いにくい雰囲気ですが
同じ家庭内には、cyoppiがおります。
ようやく足の腱鞘炎が治り1週間ぶりにトウシューズを履こう!と張り切っている彼女

土曜日には、ふたり一緒のレッスンがありました。

準備するcyoppiの横で、おもむろに自分も準備を始めるRiraさんの姿が・・・


ほほ~っ 行くんだ。




そして、翌日曜日。例の「休みます」と言った日曜日です。

午後からふたつあるレッスンのひとつ目は、きっぱり休むようでしたが
お昼ごろには 「終わりそうな気がする」と、つぶやいたことを
ワタシが聞き逃すはずがありません


うっしっし 行ったりして・・・


横目で様子を見ていたら、4時には、やることにしていた課題が終わりそうで
それからレッスンに行って、夜帰宅して9時には試験勉強に取り掛かれば
なんとか範囲をこなせるはず・・・とめどがついたらしい。



が、ま~しかし、コトはそう簡単には進まず、決めた課題が終わったのが
レッスン開始15分前。

遅刻が大嫌いなRiraさんは、またまた悩むわけです・・・めんどくさっ
遅刻するくらいなら、
「休みます」って言ってるレッスンだから休んでしまおうか!と。
 




そこですかさず、ワタクシの出番



押し出す時は、いつですか~?

今でしょう~!!



というわけで、思い切り背中を押しました


遅刻してもいいじゃない!
ここで休むことと、遅刻してでも行って
レッスンに参加しようという意思があることを伝えることとでは
大きな違いがある。
みんなそれぞれいろんなことを抱えてて、自分だけがしんどいわけじゃない。
先生は、Riraさんが頑張る人だと知っている。
でも、先生が皆の前で、決してRiraさんに「休んでいいよ」とは言えない。
言わない。
自分ひとりじゃなく、みんなで作るモノだから・・・
そして、ここでうだうだ考えるよりも、思い切って行って動いた方が
自分自身スッキリできる人だよ!ということ 


ふだん、あまり深い話はしませんし、
話しても、簡単には入っていかないし、届かないように感じる年頃ですが
ここぞ!と感じるときに話すと、ものすご素直に受け止めてくれる娘です。


この土日の朝、目覚ましをかけ平日よりも早起きして机に向かい
昼間も、淡々と机に向かっているRiraさんの姿がありました。

彼女が「休む」と言ったことは、楽しようという気持ちがあったわけじゃなく
休まないと時間が足りないと考えた結果のこと。
そして、親が「もう休めばいいじゃない」と言ったにもかかわらず
ぎりぎりまで、自分がイケるかどうか探りながら
机に向かっていたんだと思います。


今、「休んではいけない」という感覚は、
「休んだら怒られる」というかなり自己中心的な、低レベルの感覚だと思います。
が、今回話したことで、
自分が決めること
自分だけじゃないこと
置かれた自分の立場
そんなことを意識するきっかけになっていけば
まわりも見えてくることで、みんなで踊ることの楽しさに
気づけるようになればいいな・・・と思います。



こうして、滑り込んだ日曜のレッスンでした。



何かが、すこし動き出したような気がしています。

 



子どもを どこまで頑張らせるか

それは、なかなか微妙で難しいことだと思います。
現に、我慢を重ねて自分自身の精神に支障をきたした人が、
うちにもいましたから

ただ背中を押し続けるだけでは、危険です。


Riraさんの場合は、基本的にバレエは嫌いじゃないこと
何のかんの言いながらも、レッスンに行けばスッキリして帰ってくること
今の彼女に、嘘やズルさがないこと
決めたことをやり通そうとする力があること
そして、
すべてを理解して引っ張り上げようとしてくれる先生がいること


こんな状況から、
後は、親が背を押すことだけで扉が開くと感じることができたからです。

精神に支障をきたすようなら、そりゃ~押しません



大事な一言を思い出しました!

「 先生、限界かも・・・と思った時、何と言ってやればいいんでしょう?」
ってことも、聞いてみたら、先生は

「 倒れるな、と思った時、初めて『大丈夫?』と一言だけ声をかける 」
それだけで、いいそう。

ここでも、親から指示はしない。逃げ道は示さない。
聞かれれば、子どもは自分の気持ちを吐きだすでしょうし・・・ね。

凄いな、先生・・・パパ君も共感してた




子どもの限界を決めているのは、案外、親です・・・うちの場合

これまでも、書いたことがあったような・・・★



だから、真剣に子どもと向き合っている下さっている先生がいるかぎり
Riraさんの背中を ぽんっと押して行こうと思います。


何の気なしに気軽にもっともっと高いハードル越えている子は、
ごまんといるし~
Riraさんなんて大したことないさ~



いつも先生に言われるのは、Riraさんは「考えすぎる」ということ。



はははははっ



その性格は、こんな小さな我が家の出来事を、
つらつらつらつら考えて、文章にしてるような、しち面倒くさい
頭でっかちのワタクシの性格を受け継いでいるんだと思います。

ごめんよ~Riraさん





というわけで、苦しい週末を超えました。
Riraさんの気持ちに変化があったかどうかは分かりませんが
バレエの「バ」の字を言っても大丈夫な雰囲気が出てきた気がします



子どもの力は、凄い!
とっくにRiraさんは、ワタクシたち親を超えてしまっております
せめて、親は、目の前の自分の子の姿だけに気を取られず
もう少し大きな視点から俯瞰していかなくっちゃ!と思っています。



右足の甲が腱鞘炎で トウシューズを履けなかったcyoppiも完治
元気に前進しはじめました!
この人は、今から辛さや痛さ、苦しさを経験しながら
たくさん泣いて強くなっていくのかな~。



この誰より(かどうかは知らんけど)も頑張る性格の二人が
好きなことを見つけられ
その好きなことを本気で教え、育ててくれる先生に巡り合えたこと
このどれが欠けても、今のような親子の育ちはなかった気がします。

この幸運に感謝です





最後に・・・
子どもが苦手で、こつこつ真摯に頑張ることも苦手な
横着で、頭でっかちで、大げさな、未熟者のたわごとに
最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
経験豊富に生きてこられた人にとっては、当たり前のようなことなんかな~


というわけで、まだまだ未熟な親のお話でした。

はぁ~すっきりした~





本当に、おつきあいいただき ありがとうございます。


お手数ですが、ぜひ、クリックを~♪


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   


Pagetop

[Edit]

マイデスクの片付け

夜な夜な机に向かう娘の隣で、ちょこちょこと片付けをしています。


長女Riraさんは、狭い仕切られた部屋が好きではないらしく
受験勉強も、現在も、リビングと子ども部屋の仕切りの引き戸を開けたまま
家族の気配を感じる中で暮らしております。

普通、高校生ともなると、個室に引きこもってこそこそするもんじゃないの?!
全くもってオープンです


閉めきるのが、好きではないらしく
親のほうがテレビの音を気にして戸を閉めようとしても、拒否され・・・
そして、たった一人で夜中に起きてるのも寂しいらしい。

そう、寂しい!

というわけで、受験の時は、パパ君に起きててもらったりしました。
冬は、ワタシ的に冬眠期間なのか何なのか、ものすごく眠くて
昼寝をしても、毎晩夜10時には寝室に引き上げており
「どんだけ寝よんっと家族に非難されておりました



んがっ


春が来たからかなんなのか、むくむく活動的になり
午後、のんびり昼寝をすることもないし、毎晩1時くらいまでは起きていて
Riraさんの隣で、片付けを始めたり、読書をしたり・・・
充実の夜を過ごしております


昨夜は、台所の食器棚の掃除と入れ替え
自分のデスクの棚2箇所の中身を全部出してオーガナイズ
棚も、心もすっきりしております


片づけた棚は、長年、リースや雑貨を作ろうと、
溜めてきてたドングリや松ぼっくり、貝殻や絵具やら・・・
この2年くらい手作り熱が冷めたので放置したままでしたから
全部出して 要不要に分別して、今朝の破砕ゴミと明日の燃えるゴミに分けて
片付けました。

2009年のお写真ですが、
そのころと中身は大して変ってないので・・・。

道具入れ 
この棚をオーガナイズ~

小学生は、なにかと工作に必要なものもあるので、ボンドや絵の道具など
必要そうなものを残して収納。

学校でなにか必要な時は、この棚を自分で探れば材料がそろうはずです。

他のところにも収納していた段ボール箱いっぱいの松ぼっくりやドングリは捨てました。
手作り雑貨、作りたくなったら、拾いに行きます~

というわけで、下2段に選んだものを収納して
一番上の引き出しをからっぽに出来ました。


これから徐々に
マイデスクの上の書類関係のオーガナイズに着手していく予定

夜の時間に、テレビも消して、ガサゴソと気配を感じさせながら
娘の横で お片付け~

気がかりだった整理整頓も進むし
気持ちも机もすっきりでき
かつ、娘は寂しくないし
ワタシは、家族に 「 寝すぎっ!」 と叱られることもなく
一石4鳥くらいの効果が期待できる行動です


いいねぇ~この快適な季節~



お手数ですが、ぜひ、クリックを~♪


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   

Pagetop

[Edit]

先週の女子高生弁当と美味しいモノ

ノマドのように・・・・
子ども部屋の机~リビングの座卓~窓際の机~と
家の中を移動しながら試験勉強しているRiraさん
 

昨夜は、不要になった衣類をダスターにするために
チョキチョキと 切る作業をしていたワタシの隣で数学に取り組んでいた。

おかげで、a³-b³ と a³+b³ の因数分解の公式を一発で覚え
「 ママすごっ!なんで一回で覚えられるんっ!!」 と娘に尊敬された
ママ様です




さて、今日は、ゆる~い内容でお送りします

先週から、今朝にかけての女子高生弁当




体育祭の日

20130509-3.jpg

カニカマ入り卵焼き
ウインナー・梅干し・釘煮
ミニトンカツ
きゅうりのアスパラ詰め
ホウレンソウときゅうりとトマトとマカロニのサラダ
おにぎり




この日は、黒米の和風弁当 with パパ弁当

20130509-2.jpg

卵焼き・フランクフルト・ミニトマト
小松菜のおひたし
五目煮豆






  20130509-4.jpg
 こんにゃくと海草のサラダ
ミニトマトとウインナー
じゃこてん
豚肉の大葉巻きと、ポテトと人参巻き
佃煮と梅干し






ワッフル弁当

20130514-2.jpg
チーズ入りのワッフル2個
野菜ジュース
ミートボール
レンコンのきんぴら
大根サラダ
ジャーマンポテト風のポテト





今週月曜日は~

20130514-4.jpg

サフランバターライス
ウインナー・ミニトマト・釘煮
きゅうりとサラダホウレンソウ
野菜オムレツ
きんぴらごぼう




ついでに、昨夜の晩ご飯

20130514.jpg 

冷凍してあったピザの生地を使って
4種類のピザ

あらあら~オーブンシートをのける前の写真だわ~
電子レンジの天板が 大きくなったので、一度に4枚焼けました

美味い美味い~






そして、本日のお弁当

20130514-1.jpg

ピザの具を 取り分けておいて作ったホットサンド

卵とツナとチーズ
トマトソースとピーマンとコーンとちくわ
グリーンリーフとトマト
五目煮豆
ウインナー・豚肉しょうが焼
野菜ジュース


今頃 食べているはず~



というわけで、立派なお弁当とは言えないまでも
楽しくお弁当づくりは続いております。



本日火曜日のRiraさんの予定は・・・
学校へ行き、試験期間中のため部活動はないものの
夜7時から10時前まではバレエがあるので
それまで学校の図書館で勉強してみるそう・・・。

試験期間中と言えども、バレエに行くことを自分で決めたあたり
部活とバレエと勉強 「三つともやるしかない!」 と思えてきたのかもしれません。


漠然と、「試験勉強たいへんや~」 と焦ってばかりの段階から

何をどれだけこなすかを具体的に把握できてきて
片方から取り掛かることで、見通しもでき
気持ちの整理がついてきたのかな?と思います。

ほんの少し成長





さて、気持ちのいい季節ですし・・・ワタシもRiraさんの隣で、
やるべきことをひとつひとつ片付けて行こうと思います



お手数ですが、ぜひ、クリックを~♪


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ    



   

Pagetop

[Edit]

頑張るべきか、楽に生きるべきか・・・

しあわせは、案外身近にあるとか、小さいことでしあわせを感じるとか・・・
そういうことを実感するのは 得意です

20130509.jpg

苗を買ってきて植えて以来、2年間も咲かなかったジャスミンが
今年初めて たっくさんの蕾を付けました。







20130509-1.jpg 

北側玄関の半日陰
このあまり適していない環境に、ジャスミンは2年間かけて慣れ
咲けなかった2年分の蕾を、一気に開花させているような
そんなしあわせな光景です。
そして、その香りが、甘く芳しく玄関ポーチに満ちています



いろんなことが起こりますが、それでも、家でみんなでご飯を食べたり
テレビ見てみんなで笑ってたり、子どもが楽しげだったりすると
「 あぁ~しあわせやな~
と、いつも思います。
めっちゃ単純で安上がりで、無欲な感じですが・・・


よくできた家族のおかげで
仕事にも、家事にも、毎日の生活にも、ストレスを感じていないので
読み始めた、
『 大好きなことをやって生きよう!』 著 本田 健
の、冒頭に出てくる
「 あなたは毎日楽しく過ごしていますか?」 という問いかけにも
 余裕で 「 はいっ 」 と答えられるしあわせ者です。


それでも、この本を手にとったのは
のんきに楽しく暮らしているものの、「退屈だな~」と思うこともあり
人生半分終わってるにもかかわらず、自分探しをしてるところもあり
現状に満足していないことがひとつ。

そして、頑張る子どもたちを見ながら、
無理をさせてるんだろうな~とか、もっと気楽に過ごしたいんじゃないかな~とか
大好きなことだけをやって生きてはいないだろうな~と
親として迷うところがあることが理由の一つです。



高校生になった長女Riraさん

GWは、山のような(かどうかはしりませんが)宿題を抱えて
部活にも行き、バレエのレッスンも毎日のようにあり
のんべんだらりと過ごしてる姿はあまり見ませんでした。
高校生になったら、きっぱりバレエは卒業して、
部活動と勉強に励みたいという彼女の希望は、そう簡単には叶わず
10月のバレエの発表会にむけて週2回ほどレッスンがあります。
GW最終日、部活とバレエと辞書と勉強道具を抱え
午前中は部活に行き、それからレッスンに移動、レッスンの合間に宿題をして
夜帰宅し、それでも宿題が終わらず、登校日の朝、4時半に起床して宿題。
で、その日は部活の朝練にも行き、放課後部活して、移動してレッスン3つ受けて
迎えに行ったのが夜10時でした

何がすごいって、これをRiraさんは半ば 厭々ながらこなしていることです・・・


自分が「やりたい」と言ってやることなら頑張れる彼女ですが
今回は、「やらなければならない」という状況に置かれています。
大変なことは、わかりきっていたのですが、どうにもしてやれないので
ここは、腹をくくって
「せっかくやるんなら、やりきってやる!」という心境でやりきってもらうことを
願うだけで、何もしてやれない無力な母なのです

これって、「大好きなことをやって生きよう!」に反してますよね~


多大なストレスとなって、今、彼女にふりかかっている・・・そんな感じです。

目に見えるほどストレスを抱えているんだから
上手にズルく休むとか、割り切るとか・・・そんなアドバイスもしますが
「 部活とレッスン、なんかウマく時間がズレとんよなぁ~ 」 と言いながら
レッスンをサボることなく、なんとか参加しています。



もうひとりの娘、次女cyoppi

初めての発表会のレッスンで、マメがつぶれたり、親指のでっかい爪が取れたり
疲れがたまって、嘔吐してレッスンを休んだりしながら
なんとか通っていましたが、とうとう足の甲の痛みを訴え
学校を早退して、病院へ行きました。

びっこをひきながら歩いていて、近づく運動会の組み体操の練習で
テーピングと絆創膏だらけの裸足をみた学校の先生や友だちに驚かれ
気持ちがすっかりブルーになっておりました。


あまりに痛そうなので・・・「 まさかの疲労骨折?」かと・・・。
・・・しかし、腫れは少しだけ
・・・それほどきついレッスンはしてないはず
・・・しかし、過去にRiraさんは、腫れてもいないのに骨折してた

痛さに弱いcyoppiは、よくない想像ばかりが頭にいっぱいで
無口になり、ぽろぽろ泣き、痛さも増すばかり・・・て感じで
全く、「病は気から」 の典型のような人です


で、受診した結果は、腱鞘炎

お医者さんに
 「 運動はしても大丈夫。6割くらいの力で出来ることなら問題なし 」
と言われ、骨に異常がないことを確認できたと思いきや
もう気持ちが元気になり
「 バレエ 行こうっと」 と笑顔が戻りました ・・・

一晩明けた今朝は、「なんか治ってきた~」 などと言い、
運動会の練習も休む気はさらさらないようでした


この弱っちいcyoppiを見るにつけ、
「 Riraさんってほんと強いね~」 と親は感心するばかりです。

同じ5年生の頃、同じように痛い足を引きずるように学校へ行っていたものですが
一度たりとも 車で送ったことはありませんでした。
自分がやりたいと言って始めたことで、痛くて当たり前~ですから
甘えは禁物
気持ちに負けて、熱を出したりしたこともなく、学校を休んだこともありません。
泣きながらでも、行ってたし・・・。
現に、今もどんなに行きたくなくても、体が元気すぎて
体調不良になって休むことも出来ず、 悲しいくらい頑丈です


そんなRiraさんの前で 『大好きなことをやって生きよう!』 なんて
のんきなタイトルの本は広げられないので、こっそり読んでいる次第

矛盾してますよね~。


今は、大好きなことのために頑張ってるわけじゃなく、
やりたくないことをやらされて、苦しんでる感じ。

「自分でやりたいと思ったことに、頑張りなさい!」 と言っておきながら
「やりたくなくても、やらないといけないことがあるのが大人というもの
なぁ~んて思ってもみたり・・・。
ま~、何事も気持ちの持ち方次第なので、
やらねばならないことを厭々やるのではなくて
どうせやらないといけないなら、
楽しんで思いっきりやってやろう!という気持ちに切り替えることに気づいて
取り組んでくれることを願ってるんですが・・・そんなことは無理なんでしょうか
 


バレエの先生は、子どもたちに
「 あぁ~苦しい。・・・でも、あと一回だけやろう!」
「 あれもこれも大変~!・・・でも、どれも頑張ってやってやろう!」
そうやって、頑張る経験を積むことで、その子の力が大きくなって行き
大人になっても、人が苦しいと思うことでも平気な顔して乗り越えていける力になる!
と、言います。

まだ成長途中のRiraさんですが、投げ出すことなく、あれもこれも淡々とこなす姿に
その先生の言葉を実感できます。

って、高校生なんて、これくらいこなすのが普通?
単に、ワタシ達夫婦が、親バカすぎ???

まぁ、少なくともワタシが子どもの頃よりは、絶対的に凄い人ですけど・・・。

なので、多少しんどくて投げやりな発言して不機嫌な時があっても
なんとかやり終えられるよう、協力していきたい所存です。 



そして、
まだ、何も苦しいことを乗り越える経験がないcyoppiは、
今からその経験を積んでいくわけです。
乗り越えられるかどうか・・・すでにそれが不安~
 
念のため 「 バレエやめる?」 って聞いてみたけど
置かれた立場が、おぼろげながら分っているのかなんなのか
「 やめない 」 とは、言いました。
好きで始めたことだけど、いまは痛い、つらいこともあることを経験している最中
そんなところでしょうか。

大好きなことだから、苦しみを乗り越えられる
そして、乗り越えないと、本当に大好きにはなれない。

今、そんなところにさしかかっているんでしょうね。


っていうか、へなちょこすぎるやろぉ~cyoppi~
他のみんな、めっちゃ元気にレッスンしてるで~





そう言うワタシ自身は、全く乗り越えられないんですよね~
楽チンなことしかやってないんですよね~
だから、毎日ストレスもなく、気楽でしあわせなんですよね~
でも、退屈なんですよね~
だから、この本を手に取ったんですよね
 


読み進めて、なにかいいヒントを見つけられたら、またご報告します。



お手数ですが、ぜひ、クリックを~♪


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   

追記

ほんの一か月前に、
自分でこんな気持ちの整理をしていたことを思い出した

こちらをクリック・・・

やはり子どもには、成長してもらいたいということか・・・。

Pagetop

[Edit]

無理やりバーベキュー

緑が元気な季節
20130506-6.jpg

我が家の狭いフツーのベランダ(屋根が無いから正確にはバルコニー)も
新芽がすくすく成長して 今年初のバラが咲きました。



GW唯一、夜7時半には家族全員がそろうこの日
バーベキューが食べたいという家族のリクエストに応えることにしました。



この奥行き1.5mのうちのベランダで


植木鉢を全部移動して~




ほ~ら 出来上がり


 20130506.jpg 20130506-1.jpg
 大人はベランダ

子どもたちは 家の中からの参加

20130506-2.jpg 

一年以上前に購入した使いかけの着火剤は
めっちゃ湿気ており・・・モクモクと白煙を立ち上らせ

お隣に建つマンションから通報されやしないかっていうくらいでしたが

なんとか無事に炭が焼けました。



20130506-3.jpg





20130506-7.jpg

こんな感じです~

子どもの日なので、柏餅もこんがり焼いて~
家にある食材で、焼けそうなものは焼いてみました
干物とか・・・お菓子とか・・・



この時期、蚊も虫もいないし、汗ばむほどでもないし
ものすごく快適なバーベキューの季節かもしれません




今朝、宴のあと~

  20130506-4.jpg
念のため、大きな炭は、水を張ったバケツに浸けて、消火しておきました。 






道具を片づけるついでに、ベランダを隅々まで掃除

20130506-5.jpg
いつもの洗濯物がたなびくベランダに戻りました。


うちには庭が無いので、
子どもが小さいときは、この狭いベランダで、お弁当食べたり、ままごとしたり
水遊びをしたり・・・いろいろ楽しんできたものです。


これまでもベランダで、
室内でも使える水コンロでバーベキューをしたこともありましたが
ここ数年は、キャンプ場でバーベキューが定番でした。

が、子どもが忙しいので、なかなかキャンプ場にも行けない
でも、炭で焼いたお肉が食べたい!ってことで

今回は、キャンプ用の道具で、無理やりバーベキューを試みたわけです
うちのバーベキューセットは コンパクトなので、炭も少なく、安全(なはずです)



かなり楽しい宴となりました


※ うちは、自己所有のビルなのでベランダバーベキューしましたが
決してお勧めはできませんので、あしからず





お手数ですが、ぜひ、クリックを~♪


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   




Pagetop

[Edit]

プチ片付け~子どものクローゼット

無印良品店頭で、掘り出し物を見つけたので「買おうか!」と思ったけど
そこは冷静に、帰宅してから検討!

狭い我が家に、むやみに家具を増やすことは、はばかられる。




BEFORE

20120917-2.jpg

元々は、作り付けの奥行き90cmのクローゼット
両開きの扉が付いていましたが、取り外してタンスを入れていました。
長女のタンスが上の写真

次女は、写真の左手の方に・・・
20121028-5.jpg
ここに入る分だけです。


サイズアウトのモノは即処分したり、あげたりして、
着られない衣類が無いよう管理していますが
衣類のサイズも成長とともに大きくなるし、
冬のコートや制服など、かける場所が足りないことが不便でした。


そこで見つけたのが、無印のスチールユニットシェルフ



しかし、冷静に考えて・・・測って・・・結果
購入することはやめにしました

新しく家具を購入する前に、
タンスの場所を移動することで、
もともとのクローゼットのパイプを活用できるように・・・
と、考えてみることに。



AFTER

20130505-1.jpg
次女の小さいチェストがあった場所に、長女のタンスを移動
鏡は、移動して、別のところへ設置




長女のタンスがあった場所に、小さい次女のチェストを移動
20130505.jpg

たたむことが、とっても苦手な長女のために
かける場所がゆったりとれる収納 に~

いつも、きちんと片づけられる次女は、
どこにチェストを置いてもきれいをキープできます






ついでに、これまで気になっていたことも改善


どこにでもありがちな収納ケース

20130504.jpg
 
季節外れの衣類を入れていたので、出し入れしないので、
ぱさっと上から布をかけて目隠ししていました。



が、引出しの正面に、生成りの和紙を差し込みました。

AFTER


20130504-1.jpg 
  
ついでに、子ども部屋にある他の収納ケースもすべて同じように・・・


おかげで、ごちゃごちゃ感が減り、目隠しの布もいらなくなり スッキリ~ 


たったこれだけのことで、達成感!




ついでに、こちらもご紹介

  20130505-2.jpg
子どもたちが、デスクにひとつずつひっかけている箒

机の上の消しゴムのカスを掃除するためのものです。

手で払うと、手が汚れ・・・
下敷きでは、こすれて汚れが付いてしまったり・・・
いちいち雑巾は面倒だし、雑巾では上手くカスがとりきれないもの。

そこで、我が家はこの小さな箒です。



 

ちょうど、次女の箒をひっかけるための紐が切れていたので、修理

新しい紐を縫い付けて、その上から布のマスキングテープを・・・

20130505-3.jpg

これで、また使えるようになりました。



二個で数百円ほどの小さな箒

なかなかいい仕事をしてくれます





というわけで、ちいさい整理整頓に励むGWです。



   
お手数ですが、ぜひ、クリックを~♪


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   

Pagetop

[Edit]

今週のお弁当~遠足

20130504-2.jpg

毎日続いております~って当たり前やけど

cyoppiがフェルトのクマとウサギのマグネットを作ったので
一緒にお披露目~





 20130504-3.jpg
 前回、このように写真を掲載っして「女子高生のお弁当」と題したら

「 いっぱい食べるんだね~(笑 」とコメントいただいたので
Riraさんの名誉のために但し書き

手前のお弁当は、Riraさんの早弁用で
背後のお弁当が、部活弁当

なんてことはありません

背後のお弁当は、パパの!
Riraさんのお弁当箱のご飯が入ってる容器は、直径7cmの小さいものです





遠足の日は おにぎり弁当

20130504-4.jpg 




翌日は、cyoppiの校外学習のお弁当

20130504-5.jpg 

体調不良で、まったく何にも食べられなかったcyoppiは
なんだか やせっぽっちになって、痛々しい感じです


ようやく、昨日くらいから少しづつ食べる量が増えてきました。


このGWで、疲れを解消して、元気を快復してもらいたいもんです



お手数ですが、ぜひ、クリックを~♪


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   

Pagetop

[Edit]

立夏にむけて

これまで子育てをしてきて15年あまり・・・
お恥しながら初めて「嘔吐」というものを経験した母です

どんなに周りで「嘔吐下痢」が流行ったとしても、
まったく感染に負けない娘たちでしたから
これまで、子どもが「吐く」という経験がありませんでした。


が、昨日学校から珍しく午前中に電話で呼び出しがありました。
それはcyoppi~

こんな電話って、怪我したか、病気ですよね~。


で、早退して小児科を受診したら、嘔吐下痢ではなく便秘じゃないか・・・と。

その診断にかなりの不安がありましたが
感染するもんじゃないことははっきりしたので、様子を見ることに。


結果、午後から飲ませた薬はすべて嘔吐し、
いっさいの飲食物は摂取できず、横になると吐きそうだというので
ソファーに座って爆睡し、夕方からはカーペットの上で横になって眠り
夜は、いく分元気になり、少しだけご飯を食べ、朝まで爆睡して
今朝は、校外学習へと出かけて行きました。


疲れがたまってたんですね~
それもかなり・・・。


4月から、バレエのレッスンが増え、土曜日は午後4時から9時過ぎまであり
のんびりが大好きなcyoppiには、大変だったんだと思います。
そこへ、発表会のレッスンが日曜日に加わり~
足の親指の爪は剥がれ
(といっても、剥がれる原因は、トウシューズではなく、従弟とのサッカー
足のマメもつぶれ~
ひ弱なcyoppiには、疲れが溜まりすぎたんだと思います。


そこに、この五月とは思えない寒さ~


そう思うと、Riraさんはどこまでも頑丈だわ~



新しい学年になって以来、学校も楽しいはずなのに、
今ひとつ元気がなかったのが気になってましたが、やっぱりか~って感じです。


ま、忙しいことに徐々に慣れていってもらうしかないですね~




そんな折、風水の谷口令さんのブログにこんなことが書かれておりました。



5月5日の立夏に向けて、土曜の期間の今は
体も心も調子をくずす時期
体調が悪いのは、これから来る夏の季節に備えるため
体が準備をしているデトックス期間

とても必要なこと

だそうです。


それを知って、「そうか~」と腑に落ち、元気になれました。



この爆睡が、cyoppiには必要なことだったわけです。

今頃、元気に校外学習楽しんでるかな~
美味しくお弁当を食べて、元気に帰ってきてくれることを
心待ちにしております~



皆様も、不安定な気候ですし、ご自愛くださいね~





お手数ですが、ぜひ、クリックを~♪


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   


Pagetop

[Edit]

平和な次女^^;

「 カットバン ない?」 と次女cyoppiが聞いてくるから

「 Riraちゃんに昨日買ってあげたから、Riraちゃんが持っとるよ~」
と、答えたら

「 でも、昨日聞いてみたら、 『 持ってない 』 って言われた・・・」 とcyoppi。





確か、昨日もこれと全く同じ会話をcyoppiと交わしてた・・・ので
「 昨日も、Riraちゃんが持っとるから、聞いてみなって言ったよねぇ 」
 と、聞き返したら・・・



「 Riraちゃんに昨日聞いたら 『持ってない』って言われて、
Riraちゃんが持っとるの知っとったけど
Riraちゃん!嘘ついたーっってショックで
 その先の会話が出来んかったーっ 」 


ですと・・・
 

聞けばcyoppi
今だかつて、Riraさんが嘘をつくなんてこと 考えたこともなかったそうで
嘘をつかれたという経験もなく
( 単に、嘘をつかれても まったく気づいてなかったということ )

今まで生きてきて お友だちに嘘をつかれたという経験すらもなかった・・・
嘘に気付いたことがなかった・・・

よって、誰かが自分に嘘をつくなぁ~んてことを
考えたことすらなかったし、疑うこともなかったらしい




まったくもって 平和な奴です




この日 家族一同大爆笑したのでした





時々・・・

自分が子どものときは、窮屈な家が嫌だったり
嫁姑のややこしさや辛さを垣間見たりして
思うことも多かった経験が、反面教師となったりして、今がありますが

家庭内でいざこざがなかったり、嫁姑問題って何?って環境で、
姉妹喧嘩すらしないうちの子は
世の中に出たときに びっくりすることが多すぎやしないか???
と、その平和さ加減に うっすら不安すら覚えることがあります・・・。

なぁ~んて言っても、案外、外では、揉まれてんのかもね~ 
 




さて、我が家のGWですが・・・

毎日誰かがバレエのレッスンがあるので
家族そろってフリーの日はありません。
仕方がないので、衣替えをし、気がかりだった不要品を整理処分し
こまごまとプチ断捨離しています。

要らないものは 結構こまめに処分しているので
家の中に不要なものはなく、少ないモノで暮らしている我が家ですが
収納に何かが足りないことが悩みでした。

そうして先日、
鈴木尚子さんのブログで ぴったりのヒントをいただきました!
 
我が家に欠けていたのは
「 うっとりするような美しい収納 」 だったのです。
モノを大事にしたい、収納用品にお金をかけず、購入せず
今あるものを活用して きちんと片付けたいと思ってきましたが
それができても、不満が残る自分がいました。

そこで初めて、収納の扉を開けた時に「うっとり」するような
気分が上がるような美しさを自分が求めていることに気付いたわけです。

というわけで、少しづつ、美しくしていきたいな~と思っています。
もちろん、出しやすく仕舞いやすく!は鉄則です


がんばりま~す


では、皆様も、たのしいGWを~


お手数ですが、ぜひ、クリックを~♪


                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   


Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム