FC2ブログ

[Edit]

誰かに話すことは大事

今回の騒動で思ったこと、感じたこと、やったことをまとめておきます。


よく、「言霊」の力ということを耳にしますが
「言霊」とは、前向きな夢であったり、願望であったりを
言葉にして、書いたり、誰かに話したり、声に出して口にするというように
起こったらいいな、ということを過去形で表現することで
願いがかなっていくというものです。

「 志望校へ合格できた!」 とか
「 ハワイへ家族旅行に行けた!」 とか・・・。

そういう情報発信を自分がすることで、
自分自身明確に目標を意識し、行動が伴っていく!と同時に
それを聴いた誰かが 「あ、それなら、こんないい情報があるよ~」と
思いがけないヒントだったり、具体的なアドバイスだったり、情報だったりを
投げかけてくれるチャンスを生むことにもなって
事態は好転していく!ってことも含まれていると思います。



ですが、最近よく思うのは、いいことばかりじゃなくて
自分が困ったことに遭遇した時、悩んだ時、迷う時にも
それを口にしたり、誰かに話すことで
自分が思っているより案外簡単に、事態が変化したり
思いもかけない視点が見つかって、新しい解決方法が見つけられたり
気持ちを軽くすることができたり
手助けしてもらえたり・・・

そんな効果があると感じています。


友達に打ち明け話をされて
「 なんでもっと早く言わんかったーっ 」 と思うこともあったり
逆に「もっと早く話せばよかったわ~」ってこともあったり・・・しますよね。

ワタシ自身は、わりとこのことを自覚していたので
落ち込んだり、悩んだりするときに
ブログに書いて 思考の整理をしたり
友達のところへ駆け込んだり
具体的に解決するための行動を、直接、素早く取るタイプなのですが

うちのパパには、そこんところが 欠けています。

「つらい」「しんどい」「苦しい」という事実にばかり気を取られて
そこから抜け出すためには、何ができるか!というところへ行きつくのに
時間がかかる。
 ・・・むしろパパんの場合は、そこへ行きつけない


そして、日頃から口数が少ないタイプで
自分にとっていいことも、悪いことも、むやみに人に話さないので
いろんなことをため込んでしまうことで、事態が深刻になっていくという
負のスパイラルに陥りやすいタイプだと感じます。
「謙虚」、「控えめ」と言えば 聞こえはよく、美徳のように見えますが
いやはや、マイナスの事態のときには、より事態の展開を悪くしがちです。


むやみやたらに人に話すことは、憚られますが
自分に近しい人には、何気なくでもいいから話をすることは、意外と大事です。


まさに、今回もそうでした。

気乗りがしないパパに、
「飲み会に行って、ちょっと自分の不調を訴えてみたら?」 と言ったワタシに
「食事の場で、そんなぁ~・・・」と言ったパパでした。

でも、結局は、周りも痩せこけたパパの姿をみて驚くだろうし
ズバッと言えるタイプの方ならいざ知らず、
なかなか 「 なんか病気なの?」 とは、相手の方も言い出しにくいもの。
「 調子が悪いんや~」 という言葉を口にするだけで、
何か新しい展開が起こるわけです。

おかげで、新たな展開が起こったし


人と話をするって、そういうことです。
意外なほどに、大事な力があります。
・・・もちろん、逆の力が働くこともありますけどね



パパにもよく言いますが

選択理論で言われることに、
自分の「感情」があって、それに伴う「行動」があるだけじゃなく
「行動」を起こすことで、「感情」を変化させることができる
というのがあります。

たとえば、悲しくて落ち込んだ時
人は背を丸めて、膝を抱えて、暗~い音楽を聴きたくなったりしませんか?
そしてますます落ち込んでいく・・・
落ち込んでる人が、
颯爽と背筋を伸ばして、目線を上げて闊歩したりしませんよね。

そして、なんの落ち込む要素がなくても、
背を丸めて、うつむいてとぼとぼ歩くと、だんだん気分が落ち込んできませんか?

人が、うれしいと感じたり、つらいと感じてしまうことは、
どうすることもできませんが、
「感情」があるから「行動」が起こると思われがちですが
「行動」を変えれば、「感情」はついてくるということです。

もっと詳しく言うと、選択理論では、自動車に例えるのですが
自分自身でハンドルを握って
「元気になろう!解決しよう!」という思考で、行為・行動を起こすか
「しばらく落ち込んでいよう・・・じっとしていよう・・・」と思って 、
うつむいて座り込むという行為をするのか
どの方向へハンドルを切るのかは、
すべて自分の意思(ハンドル)で決められるということ

選択理論について、詳しく知りたい方はこちらへ・・・


だから、パパに、「しんどい、苦しいってことにばかり向きあわずに、
楽しい人との集まりに行って来たら?」という、気分転換を勧めたわけです。

パパに限らず、なんかやる気が出ないな~って気分の時に
引き出し一つを片づけてみる。
窓一枚を磨いてみる。
掃除機をかけてみる。
そんな小さな行動が、小さな達成感を生んで、気分が良くなっていく・・・

おんなじことだと思います。
選択理論も、片付けも・・・つながってるんですね~

落ち込んで、じっとしていても 事態は何も変わらない!
ほんの小さなことを変える、小さいことでも動いてみる
たったそれだけで、事態は展開していくものです。


そういう 知恵を パパにも持ってもらいたいもんです


って、説明してんだけど、いまいち理解しないので、
ここに書いて、パパの左脳に訴えてみることにしました




あら、今日でおしまいにしようと思ったのに、まだ書ききれてないので
まだ、続きます~





 クリックお願いしま~す♪


                
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ   



スポンサーサイト



Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム