[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

鯛を釣ろうと釣り糸を垂れたら・・・

鯛を釣ろう!と

太平洋に 小さな小舟から 釣り糸を垂れたら

思いもよらずに クジラが かかった。







そんな心境の我が家です



はてさて、このクジラを全力で釣り上げるべきか・・・
( 釣り上げられるか、どうかは まったく別問題としてね )

自分が目標としてきた鯛じゃないから

このまま 思い切ってぷっつり糸を切ってしまおうか・・・


目下のところ 迷走中





先日書いた 「 我が家が挑んだこと 」 に結果が出ました 

挑戦したのは Riraさんでした。



大きなホールで 1人で舞台に立ち
無事 目標の 「 予選通過 」 を成し遂げ
決選の舞台に立つことができました




毎年は、ワタシも楽屋について行くのですが
今年は 早朝ホールの玄関まで送り届けたら
そこからは 先生と仲間たちと 舞台を頑張り
予選から決選終了まで 本人の顔を見ることはありませんでした。



前日も ワタシが手伝ったことは 荷物を入れるバックを出してやっただけで
当日のお化粧道具、ドリンク、食べ物、
 着替えに ストレッチの用具、その他もろもろを
自分で準備し
当日 朝四時に起床して 体を動かしていました。
なんの助けを求めることもなく・・・。



それが良かったのか
毎年 手に汗握り、心臓が痛くなるほどヒヤヒヤして 舞台を見るのですが

今回は ドキドキ緊張することもなく
むしろ 楽しむくらいの気持ちで 見ることができました


本人も 冷静だったようで
自分が踊ってるときに 客席で咳をしていた人がいて
「 DVDに、咳払いが 入ってないかなぁ 」 と
後で 気にしておりました




当日、朝 ホールの玄関まで送り届けたワタシは
そのまま 家に帰り、時間があったので
トイレ掃除と  いつもの玄関の水拭きをし
ベランダの花たちに水やりをしました。


叶えたい願い事があるときには
 好きな場所に赤い花を飾る


という 風水か何かのおまじないも実行してありました




その効力が強すぎたのか

鯛を釣り上げることを目標に 釣り糸を垂れていたら

思いもよらない 大物クジラがかかったわけです


想定外の出来事に おろおろうろたえる家族でして
とうの本人Riraさんにいたっては
うれしさを通り越して
 どうしょう~ と涙ぽろぽろ 

となりました


まだ 結論は出ません。





さて、そんな今回の挑戦でしたが

毎日 どんなに夜遅くなっても
ストレッチをかかさず、足指の強化をし
疲れた足を手入れし
翌日の家を出たい時間をワタシに告げてから布団に入り
淡々とこなしていくRiraさんの姿を見ながら


この子って スゴイなぁ~と
親バカながら 感心した次第です


子どもが 頑張るなら 親も気持ちよく応援できます。


Riraさんには、ともにレッスンに励み 高い志を持った仲間もいました。
彼女が、試験期間中でも 平然とレッスンを休むことなく
親子で頑張っている姿を見てきたからこそ
中学生になっても 慌てることなく
当然のこととして レッスンを一日たりとも休むことなく
やってこれたのだと思います。

頑張る先輩、仲間がいることが 本当にありがたかった一年です。




最近 気付きましたが
ワタシ自身にも発見がありました。

こう見えて 一刀両断にばっさりとした所があるワタシでして
好きな人と そうじゃない人がはっきりしており
そうじゃない人は、ワタシの意識外の存在でしかないのですが
 
そんなワタシが 好きな人というのは
何かに真摯に頑張っている 前向きな人で

ワタシは、そういう人を
応援せずにはいられない ということに気づきました。
頑張る人が すきなんですねぇ


目標を持って頑張る人が好きで
ありがたいことに
そういう人が まわりに たくさんいるということは
しあわせなことです。


私ひとりでは 絶対にめぐり合えなかった人と環境と
子どもが 頑張ってきて初めて見ることができた世界と経験と日常と・・・

おかげさまで 子育て親育ち です。



充実した一年を送ることができたこと、
まわりで支えてくれた人、惜しみなく注ぎ込んでくださった先生
すべての人に
感謝です



                

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

成長しているんですねぇ

20110323-1.jpg


年度末で cyoppiが 図画工作の作品を持って帰ってきます。



最近 日の出の太陽の位置の関係で
そんなに長くは サンキャッチャーの虹を楽しめないので
残念に思っていたら
ちょうどいいタイミングで やってきたお魚を
ここに飾ることにした



 20110323.jpg
 

『 にじ色の さかな 』


偶然ですが よい題名だよcyoppi 







20110323-2.jpg

サンキャッチャーの光といっしょに おさかなの光も きれいです






ここのところ Riraさんがタイトなスケジュールで動いています。

学校から早足で帰宅して 時計を見ながらお弁当を食べて
着替えて レッスンへGO


昨日も、昼から夜8時過ぎまでレッスンで、お迎えに行ったら
元気な表情で よそのお母さんと会話していました。



ちょうど2年前の小学5年生のこの時期は
足も痛くて触れないほどで 痛くて泣きながら寝ることもあったし
朝起きるのもやっと、というときがありました。


が、中学生ともなると 体力もできてきてるんでしょうね。
家では いつもと変わらず 淡々と
 宿題したり ストレッチしたり しています。


「 痛くない?」 とか 「 大丈夫?」 と
様子を聞かれるのも 嫌なよう。

そんなことを聞かれても やることはやらないといけないときで
聞かれたからといって 治るわけじゃなし
自分の気持ちでなんとかするから 聞かんといて! という感じ。
 

でも、弱音を吐くことも多いので
彼女から言ってきたときだけ 聞いてやることにして
こちらからは 何も言わないように・・・と思っています。


日々 成長しているとは 分かっているつもりですが
改めて思い返してみると
 二年も前の姿は ほんとうに 遠い日の姿と感じるくらい
成長しているんですねぇ。
 


成長を求められ、成長していけるこの環境に感謝し

ただ 淡々とこなそうとする本人の姿に
頼もしさを感じるしだいです。





                

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



Pagetop

[Edit]

匂いスミレが咲いています


20110322-1.jpg

人生二度目の献血に行ってみた。
パパ君も一緒。

彼は、数ヶ月前、献血車を見かけて 突然思い立ち、受付に行ったら
ちょうど歯医者さんへ行って治療したばかりだったので
献血できなかった

が、今回は薬も飲んでないし・・・と並んだところ
なんと ワタクシだけが 血圧が高めで計りなおしてようやくOK。
と思いきや、その後の血液検査で 
ヘモグロビンの値が若干低く
健康な範囲ではあるが、献血はできないという値で
あえなく却下となりました。


いろいろと、献血するにも 条件があるんですねぇ



べつに、献血の受付の場所には 震災の為に血液不足・・・とは書かれておらず
採取した血液も、その成分によって保存期間も短いものがあったり
震災直後のいまは、献血しようという人も多いようです。

もうしばらくして、落ちついた頃に
かえって血液不足が懸念されると、呼びかけもあるそうなので
焦らなくても いいようです。
が、一度献血したら、次回は3ヵ月後にしかできないようです。
ワタシのように血液検査で 状態が分かるのも いいかもしれません


というわけで、パパ君だけが 役に立てました



日本赤十字社に集まった義援金の現在の金額がニュースに流れていました。
この経済の低迷している現在
家庭も不景気極まりないときに
それでも なんとか自分にできるコトを・・・と
思い行動した人がたくさんいることになんとも励まされます。




20110322.jpg


我が家は、今週、ある目標をもって頑張るときです

ふだんの暮らしを いつもより念入りに
でも、淡々と 悠々と 過ごしていく所存です


漠然と なぁんとなくとしか思えなかったことが
ここにきてようやく 現実的な目標になってきた気がしています。


ワタシがすることは
相変わらず 念を込めて掃除すること
取り組む姿を認めてあげること
信じて任せること
これのみです


なにに 頑張ったかは、またいつかご報告~





                

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

プラスのイメージを持つとき!

20110318.jpg 

今朝も自転車通勤



できるコトのひとつを実行
キャンプ道具のチェック



びっくりし過ぎて 唖然としたのが
パパ君が 多分8年前に準備した 緊急持ち出し袋


これまで あまりに関心がなかったワタシは
パパ君に任せっきりでした。

その袋の中身が気になり 取り出してみたら・・・

ひょいっと 意表をつく軽さ 


びっくりして 袋を開けたら、中身は
 
手回し式のラジオ(新品)
2010.10.15の賞味期限切れのチョコレート
ワタシのコンタクトの予備1組


たったこれだけ・・・



たったこれだけで パパ君は 何をしようとしていたのか・・・



情報だけでは、生きてゆけないんだよ・・・。



というわけで、非常持ち出し袋が 
あっさりあてにならないことが分かったので、キャンプ道具の確認をしてみた。


と言っても、我が家にテントはない
が、メッシュタープはある。


基本的に、キャンプは、野外で暮らせる道具が必要なので
これは必然的に 被災したときにも役立つはず!
2口のガスバーナーもあるし、寝袋もあるし
懐中電灯も 鍋も食器もある。
たき火台もあるし、
以前ベランダに敷いていたウッドデッキがぼろぼろになったので
蒔きのサイズにカットしたものもある。

ただ、非常用の食料はない・・・。


以上のことを 確認でき、整理できたので ひとつ安心。


日本が落ち着いたら、足りないものを買って備えようと思う。





今日、「 そうだった」 と思えたいいお話を読んだのでご紹介します。
 


谷口 令さんのブログ・・・

簡単にワタシが解釈したことをまとめると

「イメージしたことは現実になる」とか、
「願いを言葉にしたり、公言すると 実現する」
という 言霊の力が よく言われますが

いまこそ、それをみんなが試してみる時なのでは・・・。
どうしよう!どうしよう!と原発の状況の不安だけをあおられる今、
それは、まさに 「 最悪のことが怒ったら・・・」 という
そうなってもらいたくないイメージだけを、みんなが持ってしまっているということ。
報道をみるみんなが そんな負のイメージだけを持ってしまっているということ。

そんな不安な気持ちが勝る今だからこそ、

「そうあって欲しい現実」だけをイメージしませんか?  ということ。


現場で作業されている人々の力で 事態は落ち着き
退避が解かれ、あとは復興に向けて 進んでいける!


そのイメージを!!


口にした言葉は、実現する。



いつも 意識していたことなのに、忘れていました。
いまこそ 大事なことです。

いますぐ自分にできることのひとつです。






少しでも多くの人に伝われば、と思い 
置かせていただきます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


 

Pagetop

[Edit]

壮大な気持ちで掃除

自分の1円や10円玉ばかりの貯金箱をすべて出し
今日ある我が家の小銭も足して
ちいさなパンパンの袋を うれしそうにみる長女
学校の募金という形で 自分にもできるコトが うれしげな様子



日々の報道で 心を痛めていますが

救出されたニュースや 助け合う避難所の様子
海外からの応援と援助
そして この状況のなかでも
秩序をまもり、互いに助け合おうとする日本人の姿に
海外からの賞賛の声もあるようです。

被災された方が 自ら 前向きに乗り越えていこう!という言葉を
今、口にされる姿もあります。



仕事って スゴイ

誰かのために 命をかけて 職務を全うする
インフラの復旧にあたる人も 救助にあたる人も
 自治体の職員も 子どもたちを守ろうとする先生も 
まさに原発の現場で働く人も
自らが被災し、家族の安否も確認できないまま
なんとか職務を全うしようとしている。

この戦争のない国で
 「 命をかける 」 という事態に直面することになろうとは
想定なんてしてなかったと思うのに
それぞれの仕事で
くい止めよう、助けようとする人がいることに
「 仕事 」 の重さを感じます。





何もなかった ここで
悲惨な状況の報道に引きずられ
一緒になって 落ち込んでいるだけでは
 いけないような気がしてきました。


被災地の方々の姿に 勇気と感動をもらっている場合ではありません。




先日も書きましたが
ここに住むワタシにできることは、
毎日を確実に暮らすこと
できると思ったことを 実行すること



毎朝の玄関を拭きながら
トイレの掃除をしながら
「 これ以上被害が拡大せず、1人でも多くの方が助けられ
暖かい場所と食べ物が届きますように 」
という 壮大な願掛けの気持ちで います。

たかだか自分ちのトイレ掃除に こんな思いで取り組むとは・・・

笑われるでしょうが
それでも、そんなことでも、ワタシにできるコトのひとつです。


健康なら 献血にも行けます。



こちらが、落ち込んで 励まされている場合では ありません。




少しでも多くの人に伝われば、と思い 
置かせていただきます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 



Pagetop

[Edit]

できること

ここ香川でも
コンビニの看板と店内の灯りはありますが
外観の照明は消されています。

電力供給の復旧に応じて この取り組みは終了、とコンビニのHPにありました。



が、常日頃、そんなに照明いるのかな・・・と思ってきたワタシとしては、
この原子力発電に頼らざるをえない現状の前で
ほんの一週間前に戻ることを目指すのではなく
これから この節電した状態を 常として
維持していくことも大切なのでは・・・と感じます。


夜の街を走る車の中から
娘に コンビニの消灯を教えてもらうまで その変化に気付かなかった・・・。

看板ひとつあれば それで充分。


ローソンでは、北海道と被災地を除く店舗で、日中の暖房を切っているそうです。





学校でも募金活動が始まりました。
 
小銭を溜めた貯金箱とお財布の中身(この日は、お財布には小銭のみ)を
全部ひっくり返して子どもに持たせたら
その後のお迎えのとき、駐車場代100円も残していず
危うく駐車場から出られなくなるところでした
(車のなかでみつけた100円玉で無事脱出

という、相変わらず 単純な行動力です。





テレビの報道を見ていると
やはり 「 救援物資!」 と思いますが

被災地への個人的荷物は受け付けられていず
県や市でも 16日現在の段階では 個人の義援物資は受け付けていません。

かなりの大量にならなければ、かえって被災地の混乱を招くようです。


例え、個人の義援物資を受付け始めたとしても

津波にあわれた方、寒い地方で
衣類を・・・と思いますが
衣類は、新品のみの受入で
古着はダメだそうです。

もちろん 生ものもだめです。




テレビの報道がすべてではなく

被災地でしか分からないこと
震災経験やボランティアの経験がある方にしかわからないコトや問題が 
たくさんあるようです。



とにかく 義援金

小さな個人にできるのは
やはり 今は 義援金での協力のようです。

公表された 確実な機関へ・・・。



高松市のHPより

・義援金について

 高松市役所本庁1階案内所ほか各支所
(山田支所,塩江支所,牟礼支所,庵治支所,香川支所,香南支所,国分寺支所)において
義援金の受付をしています。


 日本赤十字社香川県支部においても,
直接持参または振込みによる義援金の受付を行なっています。
百十四銀行,香川銀行窓口の振込用紙をご利用ください。
※手数料無料(本支店備え置きの専用納付書をご利用の場合)


我が家は、日本赤十字社へ
うちの子どもの学校の募金も 日本赤十字社へ届けられるようです。




子どもと一緒に
ご飯を食べるとき
ニュースを見るとき
ラジオを聴くとき
子どもに その内容を話します。

どんな人がいるか、どうやって助けられたか
どんな状況の人がいるか
どれだけの人が どんな思いで頑張っているか・・・・


何もなかったこの地に住む子どもにとって
テレビを通して見る世界は 
やはり遠いところの出来事と映っているのではないでしょうか。

少なくとも子どもよりは 経験と感じる力のある私たち親が
自分の口で 話して 自分が感じた気持ちを伝えることも大事と感じます。

なにを話しても、聞いても、見ても
涙がこぼれますが
その気持ちを子どもに語ることは、
ひとつの小さな 自分にできるコトだと感じています。




少しでも多くの人に伝われば、と思い 
置かせていただきます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


Pagetop

[Edit]

毎日のなかで

食べ物を粗末にせず しっかり残さず食べる


消防士さんの手を煩わせないよう 
近所にも迷惑をかけないように
電気を確実に消し、火の元も確認し 火事を出さない


お巡りさんの手間を増やさないよう
気を付けて、緊張感を持って 運転すること


必要以上の買いだめはしないこと


できるだけ歩いたり、自転車に乗り ガソリンを使わないこと

公表された確実な機関に 募金すること



節電も 

西日本と東日本では電気の周波数が異なり東日本に送るには、
周波数を変換しなければならず
この周波数変換施設の容量には上限がある
と、四国電力ホームページにありました。


ここ四国ではなかなか小さな力のようですが
限りある資源という意味で やって無駄はない!と思います。 
 


こんなことしかできませんが、

あたり前のことを確実にやっていくことも 
大切と感じます。



このブログを更新しているのも

もしかして ネットワークの無駄使いなのか・・・と心配。

しばらくお休みしてても、気にしないでください^^;



ともに 小さなことでも頑張りましょう。







Pagetop

[Edit]

ラジオの力

テレビから流れ続ける震災の報道


ただ ただ、現状が押し寄せてくる・・・

突きつけられるこの現状を 被災している現地の人は 停電のために見られない・・・

だれのための報道なのか、一瞬わからなくなる。




夕方になって ラジオをつけると

すべての番組は変更され

安否確認のメッセージを受け付け

被災された人を励ますメッセージとリクエスト曲が流れ続けていた。





避難所で夜を迎える小さな子どもたちのために、と
「 あんぱんまん 」 が流れた。

阪神大震災で被災した経験から 
ラジオから流れた子ども向けの歌で 笑う子どもたちがいたことを思ったそう。



ちいさな男の子が いつも好き嫌いでご飯を残すのに
震災のニュースをみて
「 食べ物がない人もいるんだから、僕、今日は残さず食べる 」 と食べたそう。





全国から たくさんの励ましが 届けられている。




テレビから流れる 悲惨な現状


ラジオからは 日本に住む一人一人の 
切実な気持ちが ここにあり 届けられ
声援が送られている。


電池で動くラジオの 確実な声の力を感じた。




遠いこの場所で何ができるか・・・
いつもと変わらずに食事をすることも 申し訳ない。
テレビで見る現実と いま ここにある現実と

ただ 少しでも モノを大切に 
自分たちが消費しているだけの生活を少しばかりつつましく
何かをしていかなくては・・・。



Pagetop

[Edit]

これが現実とは・・・

 3月11日 
東北・関東大地震 発生

夕方のテレビで 衝撃を受けた。


のんびり散歩で 子どものお迎えに行った間に 起きたらしい



それからは テレビにくぎづけ


身内の安否は確認できたものの
まだ雪の残る地方での 震災


もう言葉が ない






なんともないここが 不思議な気がする。

もう 地震は 他人ごとではない・・・



モノのない生活とはいうものの
人に迷惑をかけず
誰かを助けることのできる備蓄と準備を
最低限でもしておくことが
責任だと感じる。


すべてを丸ごと流し去る津波の前で

いかに自分が求めているものや 暮らしが
ちっぽけで 無力なものか・・・
守ろうとしている物の もろさを感じます。 




こんなときでも なすすべもなく
日常を送ることが
 むなしい




ただ ただ いまは、 被災地の 少しでもの 無事を願うのみ・・・




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

今日の一言・・・なぁんてね(笑

20110310-1.jpg 

空が かわいかったので  ぱちりっ


 

気になっていた 一言

「 好きなように 生きる 」




自由に 楽なように 生きる・・・?

じゃ、無理してがむしゃらに頑張らなくっていいのか・・・? 

肩肘張って、虚勢を張って、頑張ることが必要なときもあり・・・

でも 自分を楽にしてやることも 大事・・・




そんな矛盾を考えていたとき 見つけた言葉


「 好きなように生きる 」 とは

「 自分のことが 好きになれるように生きる 」 ということ







ラジオで聞いたのを 書きとめたのか・・・
なにか 立ち読みしたのだったか
どこで 見つけたのかは、忘れたが

聞いた途端に 「 あ~ぁ  」 と 納得した答え




いつか 紹介しなくっちゃ と思っておりましたので
本日 ご紹介してみました 



毎日、目の前のことは わりにキチンとこなしてますが

子どものことに引きずられたり 甘んじたりして

自分自身のことが おろそかに・・・



ちょっと なにか 行動を起こさなくては・・・と思うこのごろ・・・





お時間がある方は どうぞ応援クリックを~ 

                

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  

Pagetop

[Edit]

ふつうに暮らしております~

20110309.jpg

むむむっ

誰と戦おうというのか・・・

誰に勝とうとしているのか・・・




それは、もしやワタクシでは・・・



パパ君が、今読んでいる本

本だけは、趣味と価値観が合わない夫婦です。
難解すぎて 手に取る気にすらならない・・・

でもこの題名は 気になるな~
おおよそ、誰かと戦うような、勝とうとするようなキャラじゃないからなぁ・・・パパ君








さて、更新が滞っておりますこの頃。

忙しいものの まったく ふつうに暮らしております。


最近やっているのは、

家の中に 花を飾ること
 

20110309-1.jpg 

あ・・・これは 花では ないかも・・・



かわいいので、つい 花芽が伸びるまで 育てております


20110309-2.jpg 






風水では、ドライフラワーは よくないと考えるよう・・・
ですので、ベランダの花を摘んだりしております。

最近 意識して飾っているのは
 
赤い花


20110309-3.jpg

やりたいこと、叶えたいことがあるときに
お気に入りの場所に 赤い花を飾ると いいそうです



ま、この赤い花を飾る以前のことですが
なんと Riraさんの 期末テストの結果が出ました

自己BEST更新

ひゃっほぉ~ ママ様のおかげだぁ~


と言いたいところですが
ワタシが見てあげた数学は 9教科の最低点でして

もしかして ワタシが見ないほうが 良い結果なのでは・・・という
疑念が うっすら湧いてくる今日この頃です



20110309-4.jpg

ま、ちいさなことは気にせず 元気にまいりましょう~




お時間がある方は どうぞ応援クリックを~ 

                

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
 




Pagetop

[Edit]

イラっときたものの・・・

晴れ間もあった午前中に お雛様を片付けました。


ワンポイント雑学


お雛様は、3月3日を過ぎたら 一日も早く片づけないと
お嫁に行き遅れる・・・というのは

人形業界の方が言い始めたことで
そういう由来があるわけでも 作法としてあるわけでもないそうです。


ので、焦らずに よいお天気を待って ゆっくりとお片付けください





さて、昨日 また ぷちっと切れました、ワタクシ
Riraさんに・・・


レッスンに行くときに 「 送っていこうか?」 と聞いたら 
その時は、「 自分で行くから大丈夫 」 と言ってたので
午後からのんびりモードになっていたら

出かける15分前になって
 「 テーピングができてないから やっぱり乗せていって、帰りは電車で帰るから 」 
とおっしゃった。


ここで ぷちっ 


はっ、はやっ



えーと、どこに切れたかと言いますと・・・


自分の準備は、自分で時間を計算してするもので
時間がなかったわけではない。
こちらも暇だから、送りましょうか・・・と提案したにもかかわらず。

ですのに、今頃自分の都合で その発言ですかっ



というわけです。


自分以外の家族が のんびりだらだらしてるときに、
自分だけが、足も痛いし、くじけそうな気持だったのだと思いますが ・・・・・・


基本的には、
自分がやると決めて、頑張るのも自分で
親は、できる協力をする・・・わけで
自分で出かけていけないようでは だめだ・・・と思ってきました。




で、結局 自分で電車で行き
「 これからは、自分で帰ります」 とイジケたメールをよこしたので
夜迎えに行く理由とこちらの配慮を返信して
迎えに行きませんでした。


無事に帰ってきたので よかったよ。



このやり取りを見ていたパパ君ですが・・・
基本的に、ワタシと怒るポイントがよく似ており
普通は、両親のどちらかが怒ったときは、一方はフォローにまわる・・・
と言われますが、それができにくい。

しかも、感覚でしゃべったり行動する子どもと
理論的に理由を並べられるワタシとでは、
パパ君としても味方するのは、ワタシの方になる。

というわけで、子どもとしても、身の置きようがない



でもまぁ、機嫌が悪く出かけても 
レッスンが終わると 嫌な気分も忘れて ケロッとして帰って来るのに
この日は、ワタクシの方が引きずってて
受け止めてやれませんでした。

ので、言葉少なに ひとりご飯を食べて、就寝~




なんとなく考えておりましたが・・・


親としては、
子どもが、弱音を吐きたくなったとき
 ただ 寛容に受け止めてあげなくてはいけなかったのでは・・・

いや、いつもは、そうしているつもりですが
どこまでも譲歩し続けるのは、どだい無理な話
ワタシの機嫌の悪いときもあるし、慈悲もここまで、というときもある。


というわけですが、今回に関しては

ほかの誰に泣き言をいうわけでもなく
友だちに 聞いてもらうわけでもなく
先生に 「足が痛いんです~」などとは口が裂けても言えるはずもなく

やはり ここは ワタシが聞いて 弱音を吐きださせてやるべきだったのでは・・・



という考えに 至りました。



はぁ~ 今夜は なんとか うまく受け止めてやりたいなぁ~






お時間がある方は どうぞ応援クリックを~ 

                

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ






   

[イラっときたものの・・・]の続きを読む

Pagetop

[Edit]

おにぎり と おむすび

先日は 授業が4時に終わるのに
その後 居残りで委員会があるらしく
そのうえ レッスンの時間が 5時スタートで・・・

という 過密スケジュールだったRiraさん。


時間にきっちりしているタイプの我が家だからか
子どもたちは、親以上に 時間が気になり
遅刻なんてことは 「 人生最大の失敗 」 くらいに 重大なことらしい



というわけで
終わりの時間が読めない中学の下校と迫り来る個人レッスンの緊張で
先日のRiraさんは、 朝からどんより


といっても、ワタシにできるコトは ない・・・。



せめて・・・と 好物の 明太子でおにぎりを作っておいた。




案の定

殺気立った雰囲気を全身で放つように Riraさんが階段を駆け上がって帰宅。

歩きながら カバンをおろし
制服を次々と脱ぎ
うがい、手洗い・・・

放つ言葉も とげとげしいなか


おにぎりを差し出してみた。



「 メンタイコ 」という響きに ピキッと 反応し
ひとつ手に取る。




ぱくりと食べたRiraさんは

満面の笑みで 「 めっちゃ美味しいわぁ~ 」 と 
顔が文字通りほころんでいた。 



美味しいものを食べると
とたんに機嫌が直る習性の Riraさんを見た瞬間



うっしっしっ
心の中で 小躍り



なんとか時間にも間に合い
気持ちの余裕があったかどうかは分かりませんが
レッスンに出陣していきました。


おいしい食べ物の力は 偉大です






ときどき 時間が無いお昼に コンビニでおにぎりを買うワタシ。
時間が無いこともあり 美味しいさを求めて食べることはなく
ただ、空腹を埋めるだけのもの




このコンビニおにぎりをかじりながら 思い出すことがあります・・・





2010年2月 木村まさ子さんの
「 いただきますとごちそうさまに 心をこめて 」 と題された講演


関心を持っていただくために書きますが
 木村まさ子さんは、 キムタクの お母様だそう。


その講演で 考えたことは ブログにも書き残していますので 
下の★をクリックしてみてください。
あっ、長文ですので 覚悟してクリックどうぞ


命をいただくということ・・・

自分のなかのまだ見ぬ誰かがいるということ・・・

自分が作る食事の意味・・・




自分で読み返しながら、確かにお話しされたのに
書きとめていなかった おにぎりの話を 今日は思い出してみたいと思います。



コンビニで 様々な味のおにぎりが販売されており
いつでも手軽に おにぎりを食べられるようになりましたが
家庭で作るおにぎりと大きな違いがある・・・というお話でした。

気持ちを持たない機械が作り出したおにぎりと
お母さんが 家族の為に 握ったおにぎり

その込められた気持ちの分だけ お母さんのおにぎりには
心を満たす暖かさがあり 
握った人と食べた人の気持ちを結ぶ・・・

だから 「 おむすび 」 と呼ぶんだそうです。


コンビニのおにぎりは、たしかに便利で 空腹を満たしてはくれますが
おむすび には なれない。


そんなお話でした。




おにぎりのパッケージをみると
たかだか鮭おにぎりに 見たこともないような添加物の文字が表記されています。

家で作れば、お米と塩と焼き鮭と海苔 という分かりやすいもの
たったこれだけ


そのことを 意識してから
 ワタシは食べますが
パパ君も 子どもたちも 口にすることは ほとんどありません。

年に数回 コンビニでおにぎりを選ぶのは
子どもたちにとって ある意味 貴重な愉しみ という感じです。



そんな おむすび


この日の Riraさんの顔を見ながら
その おむすびの力を 再確認したしだいです。



いつまで、この食べ物に騙されるような単純さが続くかは 分かりませんが
いつか 家庭を持つときに
この 食の力を感じて ご飯を作れる人に なってもらいたいものです。


この日、珍しく 
パパ君とRiraさんが一緒に遅い晩ご飯の食卓に着きました。

焼きたての鮭と 普通のお味噌汁・・・

そんないつものご飯を
「 おいしいねぇ~ 」 と食べてくれたことは
主婦として この上ない喜びでございました

いつも ありがとう







お時間がある方は どうぞ 

                

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

わらしべ長者的HAPPYDAY

3月3日 ひな祭り


と言っても、平日で
みんなの晩ご飯時間も ばらばらなので
お雛祭りのお祝いは また後日 ということで・・・・



仕事の後は、 「 開運お片付け 」 勝手に命名
へ出動してました。


単に 以前お片付けした友人宅が 美しいままキープされてるのを見て
そのご友人が、「うちにも・・・」 と声をかけてくれたのでした

ひゃっほ~ うれしいねぇ。

まだ、なんの幸運ももたらしてはないと思いますが
なにか役に立ててる感じで うれしいです



帰りに、 桜餅をいただき
手作りのフォカッチャも いただきました



20110303-1.jpg 






夕方、のんびりしていたら~  「 ピンポ~ン 

出てみたら、cyoppiのお友だちと母



おばあちゃんお手製の ちらしずし~ (お雛祭りだから) いただきました。

20110303.jpg





うちは、みんな ちらしずしが大好き

「 めっちゃ おいし~ おかわりあるん? 」 とcyoppi大絶賛


具だくさんで、美味しかった~ また 食べたいよ~。







そんな美味しい晩ご飯の途中 パパ君帰宅。



手には、紙袋

パパ君が、お土産を買って帰ることはないので・・・?

と思ったら・・・


20110303-3.jpg 

ねんりん家のバームクーヘン

職場の方から いただいたらしい





すごいっ すごいっ


なんの予定もありませんでしたが
思いがけず ひな祭りモードです



なんか めっちゃうれしい日になりました


わらしべ長者のように 
ちいさなモノをおすそわけしてきたものが
こんな 家族でテンションのあがる うれしい日となりました。

みなみなさま 幸せを ありがとうございますぅ



 

お時間がある方は どうぞ 

                

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
 
本日は、ひな祭りのお祝いの予定ではなかったので
別の話の予定でしたが、それは、またあした~

Pagetop

[Edit]

残りの冬をたのしむ




朝、ベランダに出たら



わが目を疑うモノが・・・



20110302.jpg

南京豆・・・


なぜ・・・?

うちで こんなモノを食べたことは ここ数年ない。

ここは、別に 千葉県でもない・・・。



時々 鳥が来てるようなので、きっと何処かでくわえたものを
落として行ったのかな・・・。




夕方、帰ってきても まだ ありました





真冬の間 その柔らかな色が、じみ~な玄関先で貴重な彩だった 葉ボタン

しばらくの暖かさで もう花芽が伸びてきそうだったので

こんな風にしてみました。



 20110302-1.jpg


チョキンと切って そのまま器に挿してみました。


 
20110302-2.jpg


ダイニングテーブルのうえに置くのにちょうど良い。
花粉が落ちる心配もないし、高さもよいかんじ







20110302-3.jpg


かんきつ類をたくさん楽しんだ冬でしたが
実家に 食べるほどではない ちいさい文旦(ぶんたん)が
たくさん残っていました。
 

文旦は、よく売られているのは、小さい子どもの頭ほどもありますが
実家の庭で採れたのは、 そんなに大きくはありません。

ちいさいモノがまだまだたくさん生っていましたが
木のためにも 収穫したほうがいいので 採ったものの 捨てるのも…・というわけで
おばあちゃんが 試しにお風呂に入れたそうな。

柚子やミカンの皮も お風呂に入れることですし…。


さわやかな 文旦の香り


というわけで、今宵は 文旦風呂




まったく効能は知りませんが よい香りにはちがいない




春も近づきつつあるこの頃

残りの冬を たのしんでまいりましょう



 

お時間がある方は どうぞ 

                

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。