[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

子どもの口から聞きたくない台詞

2010夏の空 雷雨 


自転車通勤・・・なんて書いてましたが

ブログアップしたとたんの雷雨でした。

よかったよ、車で来てて


それにしても、文字通り 「 バケツをひっくり返したような 」 激しい雷雨。


ふだんなら 少し開けといてもまず吹き込むことのない窓からも

雨が吹き込んで あたりを濡らしてました。

今年一番の雨だったような気がします。


なんだか激しい天候が多いですね。






さて 気を取り直して

2010夏の空 

最近、いろいろと不調な 長女Riraさん

追い立てられるような時期でもないので 暇なのかなんなのか

気持ちも後ろ向きな感が漂い ネガティブ発言も多い。

けど まぁ ふてくされてるって感じでもないですけどね


そんな彼女の夏休み中の口癖は

「 どぉ~しょ~   」 でした。

何かにつけ この台詞が口をつきます。


外では、冷静な 落ち着いたキャラですので言わないと思いますが

家の中では、この台詞を吐きまくり

ほんっとーに  ウザイかぎりっ



今日も 職場から電話をかけてみたら暗~いトーンなんですよ。

「 どぉ~しょ~   数学の宿題の答え合わせしたら、よっけ間違えとるぅぅ 」



ワタシはいつも こう切り返す

「 だからっ  」




そもそも 「 どうしょう 」 なんて言ってても 問題の解決には決してならない。

「 どうしょう 」 とあたふたしている間は 思考は停止しているものです。



そもそも 具体的に解決方法を考えようとすらしていない。

「 どうしょう 」 には 後ろ向きな 投げやりな気持ちが満タン、な気がする。



これが 大人なら いろんな意味があると思う。

「 どうしましょうか?」 という よくない事態をいち早く報告し指示を仰ぐものだったり

それとなく 周りの人を動かして 協力を仰ごうという意図がある場合 など

マイナスな嘆きの台詞以外の意味があると思う。
 
自分だけの問題でない場合もあるし・・・。




んがっ

相手は、こども。

単なる感情の 吐露でしかないし

自分自身の問題でしかない。←Riraさんの場合はねっ



まぁ、とにかく彼女が言う 「 どうしょ~っ」 は、

自分が動いて やれば済むことばっかりなのです。


何回この台詞を 言われても 周りの人間に なす術はないっ

よって ウザイのである。



が、あんまり直接的に 否定してばかりもなんなので

がつんっと言いった時には 一呼吸おいて静かに話しかけてみることにした。




最近 気がついたんですが

思春期といわれる時期にさしかかりつつある中学生ですが

静かに、諭すように話せば

「うんうんっ」 と 耳を傾けてくれている様子が伺えます。

ワタシに何か言われることを ウザイとはまだ感じていないよう。



基本的に 彼女は ちゃんと分かっています。

分かっていても 面倒くさい。行動が起こせない。

つらいこと、難しいこと、苦しいことに立ち向かえない・・・そんなところです。

大人でもありますよねぇ。



ただ そこを直接指摘しても、 彼女にしたら事実を改めて指摘されているに過ぎず

次の行動に移せる力が湧いてくるわけではないわけです。



ということなので

静かに諭して とりかかけるきっかけを作ってやろうかな・・・と思うわけです。



彼女の力の源は

一緒に ほんのちょっと かかわってあげること、のような気がしています。



もう中学生の彼女なので

無いやる気を 無理やり起こさせることは もうムリな気がします。

本人が、必要と感じ、やりたいと感じて やる気を起こさないことには 

頑張れないし続けられない。



親がいくら勉強してもらいたいと思っても、バレエを頑張ってもらいたいと思っても

仕向けたいようには、進んでいかないものです。

結局 自分はどうしたいか、ですから。
 



幸いにも、彼女の問題は

やる気はあって、やりたい気持ちはあって、やらなければならないことは分かっていても

具体的に 動けないってこと。




やる気がないものを なんとかするのは無理ですが

  やる気があるなら、ちょっと協力

 少し プッシュしてあげようか・・・と思うわけです。

せっかくある 「やる気」 を潰さないために。




で、この日 早速 数学に付き合ってみました


たかだか中学一年生。

たいした計算をしているわけじゃないので まだまだワタシでも解けます

一緒に 宿題を振り返りつつ、例題を作って解かせつつ・・・。

ひとつずつ 「 わかった 」 が増えていけば 後はなんとかなるはず。

たった二時間あまりで 大体の不安要素は取除けたよう。


「 夏休みって40日余りあったよねぇ  」 という嫌味も忘れず・・・




いつもいつも 「 どうしょう 」 で 止まってしまいがちなRiraさん。

小学生と違って 体も変化する時期に 

なんの努力を増やすことなく これまでのバレエのレベルを維持できるはずはなく

そんなことは 日ごろから懇々と言われているから分かってるはずなのに

行動が起こせない。

そのことを、 「 本人の問題 」 と傍観しておりましたが

あまりに ほかのことでも 「 どうしょう  」 が多くなったので 

その言葉の意味やら感じ方やら見え方を話してきました。




ママ様は、「 どうしょう 」 とただうろたえている人が嫌い。

言っても解決しないなら、黙ってその言葉を口にしない。

「 どうしょう 」 と困ったときに、いろいろ考えた解決策の中に

「誰かに教えてもらう」 「誰かに手伝ってもらう」

「誰かに助けてもらう」というものがあるのなら

初めてそこで相談してきなさい。

「 どうしょう 」という言葉を口にすることで 

どこからともなく差し出される手を期待しているのなら

残念ながら きみの親はそんな優しい人ではありません。


というようなことを。



これらのことを 怒りに任せ、力任せに大声で言うのではなく

一呼吸おいて 静かに 何度も語り続ける所存です。



始めて4年半になるバレエで ずーっと教えられてきていることも

学校の勉強も

やっていることは違っていても、いろん部分でつながっていることを

そろそろ 確実に意識してもらいたいものです。

彼女は、レッスンが増え 学校から走って帰宅して

宿題する時間もないくらいスケジュールが立て込んでくると 

様々なことを 自分の中で消化して 調子をあげてきます。

この春から夏は、状況的に 緩やかでした。

本来なら、いくら緩やかな状況でも 自分自身を追い込んでやらねばならない時期。

でも、そこまでは まだできないようです。

ならば、忙しい、追い立てられるような状況を作って

追い込んでやることも必要なのかも・・・と感じます。

それを自覚して、ワタシに自分から申し出てくれることを期待してましたが

そのへんの腰も重いようなんですよねぇ




勉強は、本人が頑張ろうっと思っているなら 頑張ればいいと思いますが

ワタシとしては、今のこの時期にしか打ち込めないバレエに

すべてを傾けて頑張ってくれてもいいと思っています。

モノにならなくても、勉強できなくっても

 「 やりたいことを精一杯頑張った 」 という達成感をひたすら求めていく生き方が

あってもいいような気がしています。

自分に、「やりきった」という気持ちが持てれば

次の新しいことに 悔いなく進んでいけるものなのかも・・・と最近思います。

そんな経験を積んでいく生き方が 彼女にひとつでもできればいいなぁ、と。




ねっ Riraさん





さて、次回は そんなRiraさんの夏休みお弁当総集編をお届けする予定です。 




               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



 
スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

自分の夏休み

先週の金曜~土曜

子どもたちは、一泊2日でおじいちゃんちにお泊りに。


夏休み初めて ふたりともいないってことで

ぽっかり自由な一泊2日がやってきました。


いろいろ 買い物にでも行ってみようかな・・・とか思ってましたが

当日 ワタシが起こした行動は・・・




仕事から直帰して ただひたすら テレビのリモコンを片手に

撮り溜めた番組を夕方暗くなるまで

スナック菓子もつまみながら ねそべり~

まったくお腹が減らないなぁ~ 当たり前っ

でも、晩御飯は作らないといけないよなぁ・・・などと考えていたら

運よく パパ君から残業のおしらせメールが。




もう 今日は 主婦業もお休み、と勝手に決めていたので

いつ帰るとも分からないパパ君のご飯は

昨日のカレーで OK ということにして

しばし夕方寝。


遅い帰宅のパパ君と ご飯を食べて コップ半分のビールを飲んだら

もう睡魔に襲われ・・・


翌朝は、「ゲゲゲの~」のテーマソングで目覚め

なんとか朝ごはんも準備してからは

また寝そべって ぐうたら~。


午後になって やっと むっくり活動開始。

なんとか娘たちをお迎えに実家へ往復したら

やっと本来の 姿にもどりました



まったく 無意味な 怠惰な ワタシの夏休みでございました。

どうして 家族の1人でも2人でもいないと 気が抜けちゃうんでしょうか



もし 我が家に こどもがいなかったら・・・

想像しただけでも 恐ろしい 暮らしぶりだったのでは・・・

ひゃぁ~ 


ま、そんなことでは パパ君にも見放されて

ワタシは今頃 ひとり寂しく生きているのかも~。





あんまりだら~んとしているのも案外疲れるものです。

実際、金曜の夜は、胃が重~く 気分も悪~く

パパ君いわく、「 今まで聞いたことないようないびきをかいていた 」 らしい・・・

もう 最悪~



というわけで これからは気を引き締めてまいりまぁす。

酷暑の夏もそのうち過ぎ去るでしょし、よい時候にもなると思いますので

頑張れるはずです。





残念なことに、食欲不振とか夏バテという文字がいっさい関係ないワタシ

のんきに 体を動かさず、ただ美味しいものを食べて飲んでしていたら

自分でも感じたことのない違和感を 体に感じている次第


つまりそれは 脂肪君の仕業


「 パパ~ どうしよう・・・ スイミングでも始めようかぁ・・・」

とつぶやいたら、ワタシの性格をよくご存知のパパ君は

「 無理やと思うから、まず自転車で通勤せぇ!」と。

ごもっともな台詞。

すっかり自転車の存在すら忘れてたし



というわけで、ちょっと意識して歩いたり自転車乗ったり

体力をつけて

身に着いてしまった 余分なものをそぎ落としていく所存です。

この余分なものが体に着いているってことが、

気分的にも すっきりしていない最大の原因だし・・・

気分がすっきりしないから 活動的にも意欲的にもなれてなくて

ますます暇になってて 自堕落になって・・・今回のような夏休みを過ごしてしまうわけで

まさに 負のスパイラル



いかんっ なんとしても抜け出さなくてはっ





という今日の通勤スタイルは 車

いっ、いかんやんかっ



がっ、がんばりまっす。

もし、なにか実行に移して 成果でも出れば、是非ご報告いたします。



               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

なんとっ ラッキー!!

なんと ワタクシっ

初めて 当たりらしい当たりに めぐり会いました



二等です



といっても 1万円ですけど



しかも 買ったことも うっすら忘れ気味で

そういえば、一体 抽選日はいつなんやろっ?

と、さっき思い出したので 宝くじを確認したら

なんだっ8月10日 過ぎてしまっとるやんかぁぁぁ



と、パソコンを立ち上げた次第です。





「 よく当たりがでるらしいよ 」 と職場で小耳にはさんだ宝くじ売り場が

偶然実家の近くでした。

実家に行くついでに その宝くじ売り場へ


買いましたのは

「 サマージャンボ 」 10枚と 「 1000万サマー 」 5枚をバラで・・・


300円当たる 下一桁の当たりのが 二枚 

1000万サマーの 下三桁の当たりのが 一枚 



過去 300円くらいしか当たったことないワタシがっ

なんか じ~んっ
宝くじなんて買ったの 何年ぶりだったかなぁ

金額うんぬんというよりも

神様は、まだワタシのことを忘れてなかったのねぇ~ってことを実感できて

感動。





大切に 有意義に

へそくり貯金させていただきますっ






クリックしてみたら、あなたにもいいことが訪れるかも・・・なぁんてねっ

               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

そろそろ旅行記も終了♪


前田珈琲1
 

朝からがっつり美味しい朝食を食べ

いざ 清水寺へ散歩~



朝6時から参拝できますが、まだまだ朝のお掃除中でした。

もう30年ぶりに訪れたわけでして、小学生のときの記憶もないし

昨年修学旅行でやってきたRiraさんについて行った感じでした。



清水寺1 






清水寺


しっかり お水も飲みました



そこかしこに 茶店もある清水寺。

前日の伊勢神宮とは なにやら 参拝するこちらの気分も お気楽になりがち・・・




そこからは、のんびりと行きたい方向へぷらぷらと散歩
 



三年坂 


三年坂方向へ 階段を下りながら

あっち こっちと お店を覗いて お土産を買いました。

といっても、今回の旅行

職場の人や知人や自分自身には、伊勢神宮でお守りを購入したので

買ったものは これくらい。


お土産 京バーム 




お土産 京バーム1
 






そうこうしているうちに もう日も高くなり 永楽荘を後にすることにしました。

ご近所を見回してみても

この永楽荘とさほど変わらない小さな家も多く

みな 工夫して古くからの狭い敷地に 上手にくらしているんだなぁ・・・と感じます。




さて、そこからなんですが

怪しい地図を片手にたどり着いたのは

なんとRiraさんのトウシューズのお店。


以前から 行きたかったものの

まさか パパ君に 「 トウシューズをオーダーしたいから京都まで行こう 」とは

なかなか言い出しにくく

無駄足になる可能性高いし

どんだけがんばってんだか・・・と疑われがちな のんきな本人の姿と矛盾があり・・・


ま、いろいろな気遣いもあって 行くに行けなかったのでした


が、今回行かなくって いつ行くんだっというチャンスがめぐってきたので

とうとう 実現


 計測とフィッティングをしていただき

無事にトウシューズとバレエシューズを手に入れました。

これが 使いものになるトウシューズかどうかは、

実際に履いてレッスンしてみないと分かりませんが・・・。

とにかくやってみるしかありません。




トウシューズ 







それから 京都の市街地をぷらぷら散歩。

ようじやカフェとか  雑貨屋さんとか、そりゃいろいろ行きたい所もありましたが

そうお茶ばっかりも飲めませんし、なんせ京都は暑かった。

距離感も分からないので、歩いて行けるのか いちいち車で移動するのか
 
暑さに負けて、思考回路もうまく回らず・・・

錦市場へ入って 涼みながら散策したに留まりました。




 錦市場
 










それからは、パパ君たっての希望で 金閣寺へ


こちらも Riraさんは昨年修学旅行で 来ています。

金閣寺 









そうこうしていると、ゴロゴロと雷が・・・

雨には降られませんでしたが、曇り空になってきました。

二泊三日の旅を堪能した感も漂い

そこからは のんびりと帰路に着くことにあいなりました。




はぁ~ 夏も終わりですねぇ。

今回の旅行で しっかり食べたおかげで みんなの体重も増加し

帰宅して5日すぎても まだ 野菜たくさんの手作りご飯で

体内を 浄化している段階です

ふだんのご飯って ほんとやさしく おりがたく いいものですねぇ

てなことを しみじみ噛みしめております。



長い 長い 我が家の旅の記録にお付き合いいただきまして

ありがとうございました。

次回からは、また ふだんの暮らしに戻りまぁす。



               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ







Pagetop

[Edit]

道開きの神のもとへ~京都

前回の 八坂通り


小心者のワタクシは 恐れ多くて右折できず・・・

右折ウィンカーを 取りやめて 八坂通りの交差点をスルーしました


車を停めて 即 電話

「 あの~ 八坂通りって 石畳なんですけど・・・乗り入れてもいいんですか?」

と、恐る恐る聞いてみたら

「 大丈夫です、どうぞ 」 というわけで

ぐるっと回って 再突入。

永楽荘 八坂通り 

だって この通りですよ

  よーく見てっ 舞妓さんも いてはるし・・・



のろのろ運転で、指定された駐車場を発見し 無事駐車完了。 






京都での宿泊は、いろいろ迷いました。

行きたい場所やカフェ、お店、神社仏閣・・・・そこへたどり着くにはどこに宿泊するか・・・




なんせ小学校の修学旅行以来とか、大学生んときに半日案内してもらったなぁ・・・

って以来で、自分で来たのは 初めてでして

何がどこにあるのか、まったく分からない状態

まぁ、お盆も終わって 金曜日の夜ってことで

わりに検索した宿泊先は どこも空きがありました。



そんななか いろいろネットとクチコミを頼りに たどり着いた選択肢が

「 町家に泊まる 」 です。



以前から 興味はありましたが、「大人の宿泊」ってイメージだったし

昔ながらの 土間のある町家ってイメージだったので

子どもと一緒の旅行には ピンと来なかったんですが

調べてみたら、普通のお宅をリノベーションして 一軒丸ごと貸し出しているものもあり

場所を選べば、観光にも便利だしいいかも・・・・というわけで。



今回の場合は、まさに八坂の塔のふもとで清水寺も散歩で行ける、という立地。

ただし、町家保存のため 火気厳禁で禁煙(我が家は煙草はすいません)と

キッチンでの火気も禁止されています。

ミニキッチンに 食器や冷蔵庫は完備されています。

ので、いわゆる 「素泊まり」って感覚です。

洗面とトイレにタオルはありますが、バスタオルや歯ブラシ、浴衣はありませんので

レンタルするか、持参する必要があります。

食事は、近くにカフェがたくさんあるので 朝食は困らないし

夕食は、一大観光地、なんとかなるはず。

ってことで、決断しました



「 永楽荘 」

永楽荘 玄関 

八坂通りを ひとつ曲がって三軒目くらいに 門があります。






永楽荘 1階 小道

この写真は、玄関から門に向かった様子




一階には 8畳の和室  掘りごたつがありますね。
 
永楽荘 1階 






信楽焼きのお風呂

永楽荘 お風呂 
子どもと2人でもゆったりつかれます。








永楽荘 階段 

二階から一階を見下ろしたところ

町屋らしい急な傾斜の階段でした。









二階には和室がふたつ

6畳と4畳半なので お布団は分かれて敷いてありました。

永楽荘 二階 
真っ白いガーゼ素材の寝具が ふかふかでみんな熟睡できました。












現地で、物件を管理されている不動産屋さんと賃貸契約を交わせば

後は自由。



隣近所は、普通の民家なので、節度はわきまえて・・・というくらい。

チェックアウトは

何もレンタルがないなら、翌日12時までに鍵を締めて

指定された場所に鍵を返してくれればいい、と。



永楽荘 鍵




気楽で いいです。

小さいお子さん連れのご家族には、案外お奨めのスタイルかも・・・。

ちょっと歩けば コンビにもあります。



この日の晩御飯は、不動産屋のお兄さんに教えてもらって

京都らしいおばんざいの店へ。



といっても、場所が これまたものすご京都らしい小路にありまして

人通りもなく、ぽつりぽつりと 料亭の行灯があるだけの

間違っても 気安くのれんをくぐってはいけないような・・・そんな場所でした。


石塀小路 





お店は こちら  「豆ちゃ」

石塀小路1 



小さなこの灯り ひとつだけしか通りにはありません。


紹介してもらったにもかかわらず 思わず 恐る恐る確認したよっ

「 コース料理だけじゃなく、一品料理とかもありますか?」と。




こちらの町屋風の個室でいただいたのは

石塀小路2
 





石塀小路3 

豚の角煮と大根




おにぎりには、ぎっしり具が詰まっていて 絶品

石塀小路4 
軟骨のから揚げも こりこりと美味しく




地鶏の竜田揚げの ジューシーさがまた格別





石塀小路5 

締めの茶蕎麦



これだけ丁寧に うちでも 薬味を添えられたらねぇ




いやぁ、一皿一皿、ちょっぴりずつの 美しい盛り付けで

空腹の人が がつがつ食べたらひとたまりもないような量でしたが

伊勢でたらふく食べていた我が家には ちょうどいい感じでした。

なんか思いがけず 京都気分を満喫です






永楽荘 八坂通り夜



インターネットのおかげも多大にありますが

我が家の旅行に 食事のハズレは ほとんどないですねぇ。

この日の夜も 当たり でした。

永楽荘 玄関夜 

それでは、おやすみなさぁい。




心待ちのあなた、押してくださぁい

               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

道開きの神のもとへ~おはらい町

おはらい町  
さぁて  伊勢神宮内宮を一歩出て 右手を見れば・・・


なんともお昼時の空腹をくすぐるような 光景が



おはらい町~おかげ横丁の はじまり はじまりぃ



おはらい町 アイス

ひとまず 豆腐ソフトクリームで のどを潤し・・・


おはらい町 アイス1 

こちらの お豆腐やさんで販売してました。
 


おはらい町 アイス2 

とうふドーナツのばら売りもありましたので、これも食べてみないとねっ





朝は、薄曇りでそれほど暑くない伊勢でしたが

おはらい町にたどり着いた頃には、快晴で いつもの真夏の暑さでして・・・



おはらい町 サイダー 

ついつい 飲み物に手が伸びます。



地ビールをぐびっといったのはパパ君。 ←いいなぁ

えっ  てことは、伊勢から京都の運転手は、私かいっ

って、我が家の車の運転は、半分ずつ交代で互角に行うのが 常






こんな井戸のようなものもありました。

おはらい町 井戸 

飲料できます

なんかcyoppiが たっくさん飲んでたなぁ。






 おはらい町 井戸1

よく知りませんが、おはらい町やおかげ横丁は、新しい町なんでしょうね。


和雑貨のお店も、食べ物屋さんも カフェも 和風の造りですが

まだ真新しい感じのきれいな建物ばかりです。 




松坂牛の牛串も

みたらしだんごも食べてみました




で、メインのお昼ご飯は こちら

おはらい町 豚捨 
おかげ横丁にあります 豚捨の牛丼

松坂牛ではありませんが 国産黒毛和牛だそうです。

甘辛い濃い目のタレで あんなに道中食べたのに、完食




そんでもって 食後のデザートは 涼を求めて・・・

 おはらい町 赤福1  

夏場だけなのかな?
  




赤福氷

 おはらい町 赤福2

こちらのお店では、この一種類のみ。

抹茶味のかき氷の中に 赤福のお団子とあんこが 隠れておりました




帰りには、 「 ひもの塾 」 で お土産に干物も。

こちらのお店、試食も出来ましたが

こんだけ食べてたら もう なんにも食べる気にはなれず・・・そりゃそうだっ





日頃 あんまり買い食いすることも少なく たいして食に強い興味もない我が家ですが

なんだか おはらい町とおかげ横丁は、どれもこれも手づくり感が満載で 美味しく

ハズレはなかったよ。



あ、こちら 食べ物ばかりじゃなく、おみやげ物屋さんもすんごい充実。

Riraさんは、友だちに 香りの店で 紙せっけんなんかも買ってましたよ。


満足 満足の たのしい時間でした。

是非、お腹をすかせて訪れてみてくださぁい







さて、この時点で 時間は、午後三時。

ワタクシの予定では、二時間とちょっと車で走って 京都に入る予定。

宿泊は、京都の一軒の町屋を 借りました。

町屋の鍵の受取り予定時刻は 午後五時半。


ふふふふっ、私の計画に 狂いもなく 「 完璧だわっ 」 とほくそえんで出発したら・・・


なんやらおかしいで~ またしても ナビ君

何を思ったのか 伊勢自動車道を途中で降りはって


なんとっ 国道一号線という


 まったく いっさい どうみても 一般道の道案内を始めた・・・

しかも到着時間は、当然のごとく6時30分過ぎって  あなたっ




そりゃ 車内でも 引き返して高速に乗りなおすか、どうするか、いろいろ思案しましたが、

なんせ 地図も持ってなくて

ことりっぷ「京都」 とか 「伊勢」って程度の本しかないので

あまりに無防備な我が家には なす術がなく 土地勘も 距離感もなく

道路も渋滞がなく スムーズに流れてたので

1時間遅れても 着くことは確実だろう・・・ってことで

一般道に身を任せることに相成りました



おかげさまで 一般道で三重県から滋賀県に入り

湖南市から栗東を走りぬき

やっと栗東ICで 高速道路に乗り込むことを許されるという行程でございました。


こんなことなら 湖南市にお住まいの peddyさんちにでも寄らせてもらったらよかったわぁぁ


と、車内で話してましたが、

まさか一般道を通るなんて想定してなかったから 

連絡先もメルアドも自宅に置き去りでしたっ

今回の旅の 唯一の 残念なことやったなぁ



てなこともありましたが、

こんなことでもないとなかなか一般道も走らないものです。

この道を通ることは、二度はないんやろなぁ

などと のんきに思いながら ただひたすらナビ君をたよりに走ったのでした。



うちのナビは、2008年に車を買ったときのままなので

ナビデータが2007年バージョンです。

それが古いのかなんなのか・・・

単に、もともと意表を突く案内をするタイプだったのか、定かではありませんが

頼りにするにはあまりに不甲斐ないやつです

と、毎回思うのは 旅に出て走行中。

出発してしまったものは仕方がないので、そのまま言いなりに進んでますけど

ちょっとは道路標識も 信じてみんといかんなぁ・・・と思ってみたり。



ですが、今回の旅の案内に関しては

休日1000円の高速料金なのに、

いっさい無視して平日に高速を走っている我が家の家計を案じて

ナビ君が、彼なりに お金のかからないルートをわざわざ思考して案内してくれた・・・

という 実はすごい優秀なやつなんではないか・・・

という結論にいたりました

全く根拠はありません 高速料金いくらかかってるか知らないし・・・




そんなこんなで ナビ君には不信感いっぱいでしたが

それでも無事6時過ぎには 京都に入ることができ



「 八坂通りを入ったパーキングに車を入れてください 」


という不動産屋さんのお兄さんの電話の指示のとおり

「八坂通り」と書かれた交差点で 右折しようとした先には

観光客が歩き、人力車までもがいる 石畳の坂道でして

その坂道の真っ直ぐ先には
 
日本人なら誰でもが写真や映像で見たことのあるかの有名な

八坂の塔が建っておりました・・・


って ここっ    こんなとこ車が入っていいんですかぁぁぁぁ



この続きは また明日。

おったのしみにぃ




心待ちのあなた、押してくださぁい

               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

道開きの神のもとへ~伊勢神宮

伊勢旅行 花椿3
さて、翌日は 今回のメインスポット 伊勢神宮へ



まずは 伊勢神宮 外宮(げくう)へ




伊勢神宮は、外宮を参拝してから、内宮(ないくう)へ参拝するのが順序だとか・・・


というわけで、外宮へ

外宮は、衣食住をはじめ、すべての産業・経済を守る神が祭られているそう。


伊勢旅行 外宮


 

ワタクシ初めて 伊勢神宮を訪れたのですが、

 想像以上に 厳格な格式のある雰囲気が 参道からすでに漂っておりまた。

ついつい 厳粛な気分で、静かにゆっくりと歩いていく感じです。


今回初めて知りましたが、伊勢神宮はクギを一本も使わない宮大工の技術継承のために

20年ごとにその御垣内の社殿をすべて建替えてきているそうで

お参りする社殿、ひとつひとつの隣には、まったく同じ敷地が確保され

平成25年の第62回式年遷宮の建替えにむけて

すでに準備がはじまっているそうです。





外宮の本殿は、直接人の目に触れることのないよう

四重に御垣が構えられ、その本殿の扉を見ることすらできません。

それほど 神に近く、厳格ということでしょうか。

参拝して手を合わせている人々も、なにか重いものを持っているような

今から何かを起こしていこうという覚悟を持ったような姿が多いことに

より一層の格式を感じられました。



伊勢旅行 内宮1

敷地内の木の一本一本にも何かが宿るようで

木に触れている人も多くみられます。







外宮を後に、内宮へ行く途中に 今回ぜひとも行きたかった

「道開きの神」 猿田彦神社があります。


これから何かを始めようとする人や人生の岐路に立った人を導き

道開いていく神様です。


こちらは、天照大神が岩戸にお隠れになった際に

その岩戸の前で舞を舞って導かれたといううアメノウズメノミコトもお祭りしており

俳優・技芸の祖神と仰がれているそうです。




伊勢旅行 猿田彦神社 






そして いよいよ内宮へ



伊勢旅行 内宮2 



内宮も外宮もそうですが、その敷地に入れば お手洗いも自販機もなく

本当に 不浄のない別の世界なんだなぁ・・・と感じました。
 



伊勢旅行 内宮3 



子どもたちにも、

恐れ多い神様であり

自分の私利私欲の願いことはしないよう、言っておいたのは言うまでもありません。

が、その雰囲気の中では、自然と ワタクシ個人のちっちゃなお願いなんて、

恐れ多くて 自然と立ち消えるような、そんな大きさと厳粛さでした。

いろいろ本やネットで写真を見たりしてはいましたが

実際に目にした 建物や木々、五十鈴川は、それ以上に 神聖で力のあるものでした。




伊勢旅行 五十鈴川 



ほんっとに これまで訪れたことのある神社仏閣に比べたら

別格って感じです。
 





伊勢旅行 内宮
こんな大きな木が ここにあること自体が 不思議な気がします。





そんな伊勢神宮の御垣内を一歩出れば

そこは 俗世~

欲望の赴くままに 素直に お腹を満たすことにあいなりました~


それでは続きは また明日ぁ


               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



Pagetop

[Edit]

道開きの神のもとへ~旅行記

ただいまぁ。 無事帰ってきました。

なんて、土曜日夕方には、早くも帰宅しており

翌日 日曜日には、、新国立バレエ団 「 しらゆき姫 」 も鑑賞し、

娘ふたりは、本日夏休みの登校日で学校へ・・・・

と いつもの暮らしにもどっております。



さぁて 参りましょうかぁ(笑  「 道開きの神 」 のもとへの旅行記です




当初の ワタシの予定では、

高松から高速に乗れば

明石海峡大橋を渡って 神戸に入り、

そこから名神高速を通って 京都経由で

東名阪自動車道を経由して 伊勢自動車道を通って

伊勢へいくはずでした。


っていうか、事前のリサーチでは、そんな行程でした・・・・




あっ  つまり我が家は

鳥羽水族館と、伊勢神宮参拝~京都観光の旅に出たのでした。

宿泊だけは、五日前くらいに無事決まり

出発前日あたりに どこに どんな順番で 行くかをようやく決めました。


いつも そんな感じで旅立ちます




なのに、神戸を通過しているあたりで、車のナビは 「大阪方面へ」とのたまい出した・・・


まさか、こやつ 大阪から一般道を通って行けというのかっ

と、もんのすご疑心暗鬼になりましたが、

さんざんな ナビに対する文句とは裏腹に

名阪国道(自動車専用道)を通って 

当初予定したような感じの時間に到着させてくれました。



たいした地図も持たずに旅しているナビ頼りの我が家には

いったい どう行くのが 最短時間なのか 正解が不明ですが

とにかく 朝6時40分に出発して

11時には、400キロ近くを走破して 鳥羽水族館近くに到着しておりました



伊勢旅行 鳥羽水族館






 伊勢旅行 鳥羽水族館 1

パープルの海老ちゃんもいれば




伊勢旅行 鳥羽水族館 2 

華麗に泳ぐ パンダイルカもおり・・・





伊勢旅行 鳥羽水族館 3 

どろ~ん でれ~ん と ひたすらデカイやつもいたり・・・







挙句の果てには



伊勢旅行 鳥羽水族館 4 

お魚さんたちに 行きかう人間がよく見えるように・・・と

水槽を磨いてやっているダイバーさんまでいたりした。








そんな鳥羽水族館の後は

徒歩3分のところにある ミキモト真珠島へ



こちらのお方が 創設者らしい

 伊勢旅行 ミキモト真珠島 




海女さんの実演も見られます。

伊勢旅行 ミキモト真珠島1 

実演してくれた海女さんは、なんと一番若い人が 20歳とか・・・

思ったよりも若いのにびっくり 



真珠養殖と海女さんの関係がよく分かりませんでしたが

目の前で もぐって サザエや貝を 採って来るのを見ることができますよ。




真珠に 興味があったわけではないんですが

天然真珠がどうやってできているか

養殖真珠をどうやって作っているか・・・

小学生のcyoppiの反応はよくわかりませんが

中学生女子や 大人には なかなか興味深いものでした。


ぜひ、一度 行ってみて~





伊勢旅行 ミキモト真珠島 2      伊勢旅行 ミキモト真珠島 3

こんなクラウンや もっと凄いものも展示されておりました。





そこからは、パールロードなる海岸沿いの道を走って

その日のお宿 花椿へ

伊勢旅行 花椿   


peddyさんお奨めの 御宿でございます。

9室しかない小さな まだ 新しいような宿でして、料理がお奨めとのこと。

伊勢旅行 花椿1jpg 

貸切露天風呂は あいにく入れませんでしたが

大浴場の お湯は ぬるっとしたいいお湯で





「 どれどれっ 」 と お腹をすかせて座りましたら・・・・



伊勢旅行 花椿2

海老は、ぎっしり実が詰まって まるまる太く・・・


煮物の味は やさしく

炊き込みご飯は、卓上で蒸らし


大人2人分のお刺身はこんな風で

伊勢旅行 花椿2jpg

鯛の向こう側に盛り付けられてた 伊勢海老は

まだ ぴくぴくと動いておりまして



焼き物もあり 冷製茶碗蒸しもあり

お吸い物  揚げ物  デザートまであり

温かいものは温かく運んでこられ・・・



一番リーズナブルな宿泊プランにも関わらず

久しぶりに 苦しいほど美味しいものをたくさんいただきました。


今思い出しても お腹がいっぱい気分ですので、本日はここまで



               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


Pagetop

[Edit]

道開きの神のもとへ

20100819.jpg 

というわけで・・・ 


道開きの神のもとへ

ちょっと 旅に出てきます♪



               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

お墓参りに思ったこと

なかなか更新がスムーズでない夏休みです。

しばらく期間が空いてしまうと、アクセス数も減ったり

ランキングも、 「 一体どこにおるんかいなっ? 」 って

自分自身のブログを探してしまうくらい 下がっておりますが

久しぶりに更新したとたん

アクセス数もUP
ランキングもUP


なにかと面倒な ランキング参加のクリック。

ブログをやっている自分でさえ、

お邪魔した先でクリックするのがおろそかになることもあるのに

なんだか ゆるゆるの内容にもかかわらず 

手間をかけてもらっていること ありがたいなぁ

って、感じです。



ランキングやアクセス数には 本当に励まされます。 


お盆 

さて、7月からずっと気になっていたことがありました。

三年前に亡くなった友人の命日のお墓参り。


その日に行きそびれたので

以来 ずっと気になっていました。


次のきっかけは、お盆だっ!と密かに思っており

今年は、私といっしょに赤ちゃんの頃からお世話になった娘2人も連れて行こう。と・・・・



お盆ってなんでしょう?


なんとなく 「お盆休み」 ってくらいにしか意識してなくって

本来の意味をたどることがありませんでした。



といっても、毎年 義父母のおかげで なんとなく時期を感じて

お彼岸や、お盆は、欠かさずお墓参りはしています。


こちらのほうでは お盆は8月13日~16日の四日間

宗教の違いはありますが、先祖や亡くなられた方が その家に戻ってくる期間だそう。




というわけで、日差しの強い午後でしたが、彼女のお墓参りをしてきました。





もう三年になります。

彼女のことはこちらからrisyon.blog6.fc2.com/blog-entry-194.html



我が家には 彼女を思い出せるモノもいくつかあり

それらを見るたびに よく彼女を思い出せます。





今の私は、彼女に恥ずかしくない生き方ができているでしょうか・・・


志半ばで逝ってしまった彼女に対して

頑張っている自分、やりたいことをやっている自分でいられてるでしょうか・・・・



彼女のお墓参りに行くということは

そんな自分への戒めの意がある気がしています。




最近、

日々、目の前のことは やりたいように こなしているものの

一体 いつまで そんなビジョンのない行き当たりばったりの生き方をしていくのか・・・

どこへ向かおうとしているのか・・・

そんなことを よく考えます。



まだ、世界の狭い子どもたちは

目の前のあらゆることに全力を傾け

いつか、そのなかから何かを見つけていってもらいたい

そんな生き方でいいと思いますが


人生半分終わった折り返し地点の自分。

案外、自分の決められた人生の終わりは近くにあって

そこに近づいているとしたら・・・

私は、なにをやっているんだろう・・・と感じます。



日々、ひとつひとつを満足いくようにこなしていくことは大切。

でも、どこかに 目標のような、夢のような 目指す何かを持ってもいいんじゃないか・・・


そんなことを切に感じます。

壮大な目標でなくてもいいのです。

どこかへ行きたい。

何かをやってみたい。

簡単なことでも いいのです。


行き当たりばったりではなく

自分で自分の範囲を 限定せず


そんなことを考えています。



なにか、ちいさな行動を起こしたときには、またご報告いたします。




お暇な方も そうでない方も ちょっとクリックしてみてね
               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

キャラクターに問題か・・・

暦通りのお休みだったお盆

土曜は、帰省してきた甥っ子たちと おじいちゃんおばあちゃんと焼肉へ

日曜日は 実家。



頼まれていた昼食用の持ち帰り寿しを 受け取りに行ってから 実家へ



10時50分に到着したお寿し屋さんの駐車場には、もう数台の車が駐車してあり

「 へぇ~ こんな時間から たくさん食事に来てんだなぁ・・・ 」 なんて思いながら

店舗のドアを開けた。



んが、開かないっ

押しても 引いても



冷静に 入口横に書かれた営業時間を確認したら、

なんだっ 開店は11時。


まだ、OPENしてなかったのね・・・



と、車に戻りかけたら・・・

その辺に静かに駐車されていた車から 文字通り わらわらっと

人がたくさん降りてきたっ



ち、ちょっとびっくり 



どうやら 皆さん

涼しい車中で 開店時間まで待機していたのに


突然 乗り込んできた車から デカイ女が降り立ち

 悠々と 店のドアを開けようとしたもんだから

「 なにっ!先を越されるっ」 と

一斉に 慌てたらしいっ・・・




いやっ、ワタクシ 単にお持ち帰りのものを受け取りに来ただけで

皆さんの席取りにはなんら影響ないんですけど・・・


と、思ってみても ワタシが自分の車に戻ってドアに手を掛けた頃には

ウソのように 店舗入口に行列ができていた・・・



こんなとき 

自分が 楚々とした 小柄な女性なら

周囲にそんなに気付かれることもないんだろうなぁ・・・・なんていつも思う。



デカイ上に 態度も 悠々とデカイらしい・・・





この後、無事に店内に入り、レジで持ち帰りの予約を伝えると

店員さんが 「 6000円になります 」 とおっしゃった。

母からの伝言の うろ覚えの記憶をたどり

「 えっ、支払いは終わっているはずです。」 と言ったワタシ。


「 えっ?!」 と若干動揺する女の子の店員さんに

「 直接お店に来て注文しているので、支払いは済んでますっ 

と、なんの迷いもなく 元気に きっぱり 申し上げました。



若い女の子の店員さんは、開店当初のあわただしさも手伝って

「 そっ、そうですかっ。」 と すんなりお寿司を手渡してくれました。



実家に着き、みんなで楽しくお寿司もたいらげて 片づけをしていたとき

母が、「 4000円のお釣りあるかなぁ・・・一万円札しかなくって・・・」 と言った。


 はて   何の話 










「 もしかして・・・支払いしてなかったん??? 」

「 えっ、あんたっ お金払ってこんかったん??? 」 ←驚く母



「 だって だって、払っとると思ってたから 『払ってます』って言ったら

すんなり渡してくれたのにぃぃぃぃ 




思い返せば こんなことが ときどきある・・・


ワタシの押しが強いのか・・・←決して意識しては押していない

きっぱりと 言い切る 話し方が悪いのか・・・

ストレートに 迷いもなくしゃべるのが悪いのか・・・


ものすご 自分の発言に迷いも躊躇もなく聞こえるらしく・・・



かつて営業職だったときも

そのことを上司に見抜かれており

「 なんの根拠も 確信もないけど お客さんに安心を与える話し方 」

と、褒められているような 貶されているような評価をされたこともある・・・。



そんなことを 一気に思い出した出来事でした。




ふぅ~ん

10数年経っても なんっちゃ 変わってないって事か・・・


なんか 人づきあいに 問題があるんじゃないかなぁ・・・とうすうす感じてましたが

この一刀両断なしゃべり方が 原因のひとつのような気がする・・・


もっと やんわりと ほんわかと しゃべれたらいいのに・・・と

思うのは、もはや 無いものねだりなんだろうか、

そうなんだろうな~



ひさしぶりに 自分のしゃべり方で 人に迷惑をかける場面に遭遇したわっ。





この後、母はお店に電話を入れて 支払いの意志を伝えておりましたので、あしからず


そんな 普通のお盆でした。




お暇な方も そうでない方も ちょっとクリックしてみてね
               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

モード!?全開 ^^;

スローカフェ4 
とあるカフェで めずらしくランチしてた




スローカフェ2 
子どもたちの 顔くらいのでっかいサンドイッチ

口のまわりも ほっぺにもソースをつけて

あんぐり もぐもぐ なりふり構わず食べてたら・・・




ふっと  視界に入った 斜め前の男性


そちらも でかいサンドイッチを食べていた様子

んが、

おもむろに 黒いTシャツのすそを スッとめくり

履いていたパンツ (←下着じゃないよ) のゴムのウエストを

突然 クイッと下げた・・・



と、思うやいなや 

ちらりと見えてしまったオッサンの つるんとしたふくよかな腰辺りから

ぺろ~んと 白い物体を 引き剥がした
 



そのブツの正体は・・・しっ 白い湿布・・・

げげげっ サイアク~

こんなかわいいカフェでランチ中に

なにしょんよ~




ぷぁぁぷぁぁぁぁぁぁあああ~




そう、それは うちのパパ君!!

夏休みを取って一緒にランチしてました・・・




もう びっくりしたわっ 

とっさに 隣テーブルに座ってた 若い女性の2人連れを 確認したわっ



スローカフェ

午前中、子どもたちも予定があってでかけており

家で1人のんびりしていたはずのパパ君。

なんにもしてないのに 何かの拍子に 腰を痛めたらく

冷湿布がなかったので 仕方なく温湿布を貼ったらしい。

ランチに行く途中 この報告を受けた私が

「 温湿布は、逆効果らしいよ 」 と言ったのを

よりによって カフェの食事中に 思い出したもよう・・・・



・・・



そんな 人だとは、思わんかった・・・・妻ながらびっくりしたわ


おっさんモード全開やんかっ







無事、食事も終わり 変わって夕方

腰痛治療のため 近くの温泉へ行くパパ君を車で送迎したところ


「 じゃあ、7時くらいに迎えに来てなっ 」 と車を降りようとしたパパ君に


「 お風呂からあがったら 携帯かけてなっ 」 と言ったら



「   携帯や 持ってないよ(笑 」



「 おいっ!  何のために きみに携帯持たしとんかなぁぁ



なんなのか 携帯を持っているのに

週末の夕方のひとり散歩にも、家族で買い物に出かけたときも

携帯は所持していない。


平日 仕事中に電話しても、めったにほとんどとってくれることはない・・・


家族との連絡が取れない携帯なら

いったい 誰と 何の役に立っているのか・・・はなはだ疑問です。





温泉に パパ君をおろした後 帰りの車の中で

いったいパパ君は、ちいさな温泉で

 今から2時間半も 何をするつもりかなぁ

きっと 1時間 間違ってんだろうなぁ・・・
 
温めちゃダメだって 言っておいたはずなのになぁ・・・

と、今日一日のパパ君の行動を振り替えながら

笑いがこみあげてきた


スローカフェ3


うちの パパ君は、こんなやつです


さ、そろそろお迎えに行ってあげるとするか・・・

 

               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
 
 


Pagetop

[Edit]

ちいさな諍い

いつの間にか 夏祭り真っ盛りなのか・・・


さっき 日曜日の夜 

遠くで  どーん どーん と花火の音が。

南のベランダから 建物の影に欠けた打ち上げ花火が覗けました。


しばらくしたら 東の窓から どーん どーん と 

あらっ、こちらの窓から見えるのは 初めてだっ。



さて、土曜日から、cyoppiは おばあちゃんちに お泊まりに出かけていて

我が家は、つかの間の三人家族。

って、別に特別なことは何にもないですが・・






そんななか突然大きな声を出したのは Riraさん。

「 もぉぉぉ cyoppi 最悪やぁぁぁぁぁっ  見てっ 」




イサカイ

これは 子ども部屋の片隅に置いてあった 写真立て (所有者Rira)


なんだ、写真に にっこり顔が 貼られてるだけじゃないか


それがなにか?


と思ってたら、怒ったRiraさんが


「 その紙 除けてんっ   顔にペンで×書いとんでっ 」







イサカイ1


おおーっ なんの恨みか Riraさんの顔が バツで消されてるよっ



「 もぉっ、cyoppi サイアクやぁぁぁぁ 」
 


なんかcyoppiを怒らすようなことでも やったんちゃうん

なぁんて なだめてましたが

考えてみたら・・・



何かでケンカになって Riraさんに怒ったcyoppiも 口では勝てず

目に付いたRiraさんがにっこり笑った写真に 怒りをぶつけてみた。


・・・ものの これが誰かにみつかったら 「 やばいわぁ」 という気持ちと

「 やりすぎたかなぁ・・・どうしよう・・・」 という小心者が顔を出し

こっそり 誰かに見つかる前に

 にっこり顔を 描いて  ぺたりっ と。



なんか想像しただけで 

「 cyoppi おもっしょー 」 と 私が笑い出したので

Riraさんも





まぁ 考えてみたら この2人

歳が5歳も離れているからか たぶんよその兄弟よりもケンカが少ない・・・それもかなり。



レッスンで なかなか土日に わざわざケンカするような時間もなく

相手を叩いたり、突き飛ばしたことすらなく・・・

怒りをモノにぶつけて 八つ当たりすることもなく・・・

たぶん、よその家の 本気の兄弟げんかを見たこともないので

その凄さもしらないと思われる。



口では勝てなかったcyoppiの

まったく小さな 反撃が これだったんでしょうね


おもしろいねぇ



そんな発覚は ツユ知らず

 cyoppiが おばあちゃんちから 

「 cyoppiちゃんですぅぅ 」 とハイテンションで能天気に電話をかけてきた。

きみは、いつも楽しくって いいねぇ・・・



ps  今回の記事更新中、パソコンの不具合なのかなんなのか
表示がすんなりできず 見難くなってました。
ごめんなさい。 
 

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。