[Edit]

韓国海苔でおむすび

韓国海苔

昨日ごいっしょにランチをした彼女から

お土産に 韓国海苔 をたくさんいただいていました。

 

焼肉屋さんでよく頼むおむすびで

韓国海苔でまかれているものがあり、家族全員大好きでした。

ので、さっそくパパ君の今日のお弁当は、

韓国海苔弁です。

って、うすくご飯を入れた後に

ごま油と塩味の付いた 刻んだタイプの韓国海苔を ふりかけ

また、ご飯をのせ

そのうえに、四角い韓国海苔を一面に広げただけで、

おかずはいたって普通の和風でしたが・・・kao03

 

おにぎり  

で、こちらは本日のRiraさんのバレエレッスン前の軽食です。

夕方、学校から駆け戻り、すべての服を脱ぎ捨て

( パンツまで汗とか) 

レオタード用のパンツをはき、タイツを装着し、レオタード、普通の洋服を着いの

メガネをはずし、コンタクトを装着しつつ

ママ様は、背後から髪を束ねてお団子を作りぃの

レッスンバックにあらゆるものを放り込んで

担いで家を出るまで、わずか10分足らずsn

水曜と金曜は、こんな感じなので、

軽食はもっぱら 車の中でもつまめる おむすび

本日は特別バージョンで

韓国おむすび でございます。

「塩おむすびが好き、しあわせ ハート」 という、手軽なRiraさんですが

今日のおむすびもきっと気に入ってもらえるはず。

 

Oさん ありがとうございます。

早速、我が家の食卓にのぼっております。

大事にいただきまぁす。

 


スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

ちょこっと小掃除

20090130123331


本日もなぞの写真です。

仕事を始めるまでは、お天気にまかせて

毎日掃除機をかけて、拭き掃除して、と簡単にでもお掃除できていましたが、

平日仕事に行ってると、なかなか十分な掃除はできません。

   ↑ いやっ もともと完璧に掃除はできてませんでした sn

 

 

そこで、毎朝 何か1つ 「小掃除」 をすることにしています。

毎朝、歯磨きしながら(私が一番最後に洗面所を使いますから)

家族が使った後のタオルで

歯ブラシスタンドを拭き取り、蛇口や鏡、洗面ボールを一拭きして

タオルを洗濯機へ。

 
最初は、面倒かなぁ、と思いましたが、習慣になり もう何ヵ月も続いています。

 
この季節、朝、窓の結露を拭いたときは

ついでに 換気もかねて窓を開けて、一ヶ所でいいからサッシを拭くことにしています。

たった一枚分の窓幅だけでいいのです。 ←自分へのフォロー焦る3

 

今朝は、ガスレンジの上のライトの球が切れたので

交換のために、ガラスのカバーを外したついでに

カバーに重層スプレーをシュッと一吹きして、いらない布で拭き取りました。

 

それが上の写真です。 


ガスレンジ近くには、重層スプレー不要になった布をカットしたものをカゴにいれてあります。

 食品としても使われる重層は、安全で洗い流す必要もなく

洗剤も使わず油汚れがスッキリできます。



必要な場所に、準備さえしておけば、簡単気軽に拭き掃除ができます。 

大掃除は、覚悟も時間も気合いもいりますが

小掃除なら気軽にできて、小さな達成感もあります。

 

なかなか早起きができない私は、何かの「ついでに」、ざっと一拭きです。

 
朝の家事のついで

部屋を歩く動線のついで

物を取り出すついで

 
たくさんの「ついで」を活かして小掃除。

いいですよ(^.^)b  おためしください。

ブログランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。

 

 

Pagetop

[Edit]

鍋帽子の代わり

タオル 

これアップなんでしょう?

「鍋帽子」って知ってますか?

愛読書に 『婦人之友』 があります。

まぁ、しぶいっ!感じでしょうか?

A5サイズくらいの婦人之友社発刊の、月刊誌です。

何年か前から大好きで、毎月読んでいます。

自分の娘を自由学園にいれようか、とひそかに考えたくらい好きです。

で、そこではおなじみの『鍋帽子』

いつか作りたいと思いつつ、いまだに作ってないので、

私なりのあるものを活用した方法で。

 

遅くなりました。上の答えです。

中身は、

大豆の水煮 

おわかりですか?

大豆の水煮です。

昨晩から、500グラムの乾燥大豆を三倍の水につけ、一晩おきました。

今朝、朝食の準備をしながら、ことこと煮ました。

30分くらい煮た後、

火からおろし、新聞紙にくるんで、バスタオルにくるんで

放置していたもの。

午後、帰宅したときには、程よいやわらかさになっていました。

 

本来なら、新聞紙やバスタオルでくるまず 『鍋帽子』 なのです。

鍋帽子とは、ポットカバーの大きいもので、

つまり、お鍋がすっぽり入る保温カバーですね。

 

煮込みのおでんやカレー、シチューのときにも役立ちます。

 

で、今回の大豆の水煮ですが

今晩のビーンズカレーに使ったり

後は冷凍してオムレツに入れたり、五目煮豆にしたりする予定。

冷凍庫に煮豆があると、急ぎのときに何かと便利です。

水煮 

 


ブログランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。

 

 

Pagetop

[Edit]

ランチに行ってきました。

めずらしくランチに行ってまいりました。

一年半ぶりに会う友人といっしょにです。 

友人といっても、もうお孫さんもおられる方なので

「友人」という響きが合うかどうかはわかりませんが。

 

以前とまったく変わらず

にこやかで はつらつとしたままで

安心しました。

といっても、いつも元気な私よりも、元気でパワフルな方なので

心配はしてなかったのですが。

 

それでも、知っている方が、

現在も変わらず しあわせそうなことは うれしいものです。

 

おしゃべりな2人なので、言いたい放題、話したい放題で

食事も美味しく、あっという間の楽しい時間でした。

満腹満足、ありがとうございました。

 

また、今度はゆっくりうちにお茶しに来てくださいませ。

 

 

Pagetop

[Edit]

陽だまりに

朝の予想通り、陽だまりがぽかぽかのお昼になりました。

出勤の自転車は、あんなに寒かったのに

帰りの自転車 ( 毎日仕事は、お昼過ぎまで ) は、

汗ばむほどで 手袋も途中で脱いでしまいました。

帰りに、郵便局に行ってきました。

年賀葉書の抽選がありましたよね。

で、結果報告です。

キッテ 

グー! 切手シート 10枚 

以上 bikkuri01 拍手 パチパチ

年賀状を下さった皆様、ありがとうございます。

帰りの自転車は、のんびり辺りの香りもかぎながら・・・

真冬とは思えない今日のお天気です。

家々のベランダには、あちらこちらにお布団が干してありました。

 

以前、小学校時代の同窓会をしたときに

担任だった女性の先生が、

「いいねぇ。晴れた日に気持ちよくお布団が干せるって

普通のことだけど、いつも仕事していると、うらやましかったわぁ」

とおっしゃってたのを思い出します。

 

早い午後の 少しの時間ですが、

いま、我が家の布団も、お日様に当たっています。

 

ブログランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。

 

 

Pagetop

[Edit]

今年、初?!かな。

20090128091851
車も家々の屋根も白く霜が降りた冷たい朝でした。
でも、風もなく空は真っ青だったから、久しぶりの自転車通勤。
毎日どたばた忙しいから、体力温存!無理は禁物!とCAR LIFEにどっぷりつかってましたが、どこかで後ろめたかったのでした。
この地球温暖化の時代に、全く燃費の悪い四駆のデカイ車で、渋滞のなかを通勤と送り迎えの街乗り。
エコロジーに反していて、なんかいつも後ろめたい気分で運転してるのでした。
保育園までは、cyoppiと駆けっこして、それから5キロの自転車通勤。
天気のいい日は、寒さに負けず頑張ってみますっ(^^)v

Pagetop

[Edit]

リビング

リビング

   初公開 !

リビングです。

ありのままのいつものリビングなんですが

写真を撮ってみると気づくことがたくさんあります。

いろいろな方の インテリアや収納・片付けの ブログをのぞいていると

部屋や収納、引き出しの中の写真が載ってます。

きれいだなぁ、と感心しながら、

「よし、うちもがんばろう上」と刺激されます。

が、いざ家の中を写真に撮ってみると

思ったより物も多いし、ばらばらなものであふれてるなぁ がっくり

と、少々ショックです。

改めて、人気ブログの方々は、すごい!!


リビング 1 が、気を取り直してご紹介。

基本的に、リビングには子どもたちのおもちゃは持ち込まないようにしています。

ここで遊んでも、寝るときには隣の自分たちの部屋へ片付けるきまりです。

我が家は、子どもが生まれてから、その成長に合わせて季節ごとに家の中を模様替えしていました。

ので、小さい頃は、リビングに子どものものがありましたが、現在は、上の写真の窓の右にある本棚には子どもの本がありますが、そこだけです。

壁にあるリースは、昨年秋に拾ってきたたくさんのどんぐりで作った手作りリース。

プロフィールの写真にしているものです。

お気に入りは、センターにある座卓というかローテーブル

以前使っていたものは、ガス圧式の高くなったり低くなったりするテーブルでしたが

一昨年 故障してしまい、買い替えとなりました。

 

何ヶ月かの間、いろいろな家具屋さんやらネットショップを探しましたが、

なかなか気に入るものがありませんでした。

あるとき、家族で行った近くの温泉の、湯上りの休憩所で 出会い キラキラ があったのでした。

それは、75cm四方の正方形の座卓。

シンプルなデザインといい、色といい、無垢材だし

「そう、こんな感じ!!」 と 家族全員意見が一致。

そこで、「温泉の名前」と「ローテーブル」からネット上を検索していると、

なんとひっかかってきたのです!!!

すごいでしょうbikkuri01

見ず知らずの方に、すぐメールして連絡をとり、やってきたのがこのテーブルキラキラ(オレンジ)

ANTIPOEMEという方の作品です。

チョコレート色のウォールナットの無垢材です。

子どもたちも ほお擦りするような 滑らかで柔らかな肌触りの木です。

730㎜×1300㎜×高さ370㎜のサイズで、お願いして作っていただきました。

週末の夕食は、よくここで食事もしています。帰りの遅いパパ君は、毎晩ここで食事です。

無色のオイル塗装はしていますが、傷も家族の歴史、と気軽に使っています。

 

実は、cyoppiの学習机も、気に入るものがなければ彼にお願いしようと、考えていたほど。

私としては、ウォールナットの無垢材でデスクを作ってもらえばよかったかなぁと

少々後悔してたりします。が、私の机じゃないし・・と今回は cyoppi の好みを尊重しました。

 

ANTIPOEMEさんは、小さいお子さん2人のお父さんでもあり、独立して間もない方でしたが、

今どきのお兄ちゃんという軽快な感じでもあり、実直そうなソフトな感じの方でした。

気になる方は、ぜひHPへ行ってみてください。

 

という感じです。

こう見えて、わたくし インテリアコーディネーターの資格を持っていたことがあります。

資格ばっかりで、実務経験がまったく無かったため、資格更新の時期に資格を停止しました。

一昨年は、「整理収納アドバイザー2級」資格も取ったりしてみました。

興味は、とってもあるのですが、なかなか理想のインテリアとはいきません汗とか

生活の場でもあるし、家族が居心地よく、合理的に過ごせるスペースをさぐっていきたいものです。

ねっ。

 

 

 

Pagetop

[Edit]

どんぐりのヘアゴム

20090127083836
昨日書いた『どんぐりのヘアゴム』
写真がわかりにくかったし、せっかくかわいいので
改めて写真だけ、パチり。

Pagetop

[Edit]

本日の晩ごはん

イクラ 

本日の我が家の晩ごはん

○冬野菜の豚汁

○きんぴらゴボウ

○中華風チンゲン菜

○いくら丼

イクラドン 

つやつやキラキラのいくらを 大きなお椀にたぁっぷりのせましたにっこり

白米に、少しもち米を混ぜて、昨日とった昆布いりこだしでご飯を炊いてみました。

ご飯も、もちもちした食感で、いくらの香りもひきたち

とても満足の一品となりました。

Riraさんは、ひさしぶりのいくら丼を、自分の携帯で激写Brilliant

いやいやっ焦る3 なにも写真に収めなくても・・・無言、汗


Pagetop

[Edit]

干し芋 ありがとう

[干し芋 ありがとう]の続きを読む

Pagetop

[Edit]

行ってきました!フリーマーケット

[行ってきました!フリーマーケット]の続きを読む

Pagetop

[Edit]

続・ニコニコ日記

先日書いた 『ニコニコ日記』

原作は、小沢真理さんのコミック 『ニコニコ日記』 です。

レンタルDVDは、探せなかったので コミックを探してみました。

ありましたぁぁ、 最寄の市立図書館に。

しかぁし、蔵書検索してみると1・4・5・6巻 しか出てこないっ怒

どうやら 置いてないらしい。

 

「え゛ーっ」とは思いましたが

恥ずかしながら 図書館に コミック があること自体知りませんでしたkao05

漫画も貸し出ししてんのね。

日頃まったくコミックに興味のない私は、そんなことも知りませんでした。

で、仕方がないから とび巻ですが、借りてきてみました。

 

まだ、1巻の半分くらいなのに、もう うるうる kao06

前回も書いた印象的な場面、正確には

「わかった 仁子を ニコにさせるコツ

まず わたしが 笑えばいんだ・・・

 ただ それだけの ことだった」

でした。

深ぁい台詞です。

ですが、昨夜も不抜けたRiraさんに怒ったばかりです。

言葉の暴力でしょうね。

そういう言葉が積み重なって

痛い思いだけが こどもの心に 蓄積されている気がします。

まだまだ修行が足りない母です。

が、学生時代以来のコミックです。

Riraさんといっしょに 楽しめそうです笑い。

Pagetop

[Edit]

これは何かな?

20090124131330
何だか不気味な写真です。
今日はcyoppiと、ほのぼのとダシ用の煮干しの頭と腹わた取りをしました。
↑の写真は、取りのぞいた残骸たち。
沢山できました。
さて、今から来週分のおダシをとりまぁす(^O^)

Pagetop

[Edit]

ニコニコ日記

あまり、TVドラマに はまらない私ですが、

今も忘れられないドラマがあります。

NHKの夜の15分くらいのドラマ『ニコニコ日記』です。

2004年にDVD化されているので、それ以前の放送です。

独身でドラマのライターのケイのところへ

ある日突然小学3年生の小箱 仁子(ニコ)という女の子がやってきます。

ニコは、ケイの昔の友人である女優の隠し子です。

そこからふたりの共同生活がはじまり、

あまりにしゃべらず無表情なニコとコミュニケーションをとるために

ケイはニコと交換日記を始めます。

 

そんなやりとりのなかで

ケイは 「なんでこの子は 笑わないんだろう?」

と考えます。他の人に笑ってる顔をするのに、です。

ずっと考えていたとき、ふと思いついた台詞があります。

 

「私が、 笑ってなかったんだ !」

 

私の記憶は定かではないですが、このやり取りだけはすごく覚えています。

 

当時、子ども好きとはいえないような私が

一人目Riraさんの母となり

専業主婦で子どもと向き合う生活で

広くないうちの中で、細々したことにも目が行き届きすぎ

子育てのストレスがたまっていたのだと思います。

天真爛漫とはいえない小さいRiraさんに

過剰な要求や欲求を向け イライラすることも多くありました。

そのせいで Riraさんも 私の顔色をうかがうところがあり

痛いことに、それま今でも あると思います。

 

表情の乏しいRiraさんに対して

ケイと同じように「なんで笑わないんだろう」 と感じていたのです。

その答えが

私が 彼女に 笑顔を向けていなかったんだ

ということでした。

 

今でも、この台詞を思い出すことがよくあります。

 

子どもが、面倒だなぁ、やりたくないなぁ、いやだなぁと

消極的に物事をとらえているときや

「失敗した!怒られるっ!」と萎縮したとき、

「大丈夫。たいしたことないじゃん。はっはっはっ」

という気持ちで、笑って顔を見てあげると

子どもも自然に笑っていることに気づいたのです。

 

それも昨年、子育て始めて10年経ってやっと気づいたのです汗とか

 

子どもは、親がどう物事を捉えるかによって

すごく影響される気がします。

私が笑っていれば、子どもにとっても 笑える出来事になる気がします。

 

「かわいそうに」と接すれば、「自分はかわいそうなんだ」と思ってしまいます。

子どもが感じる幸せは

親の笑っている表情ひとつで作り出せるものかもしれません。

 

今年の年賀状に

「些細なことにまどわされず 笑っていきます」

と私の年頭のの誓いを書きました。

 

失敗やできなかったことを怒る前に

「笑って すくってやる」ことも必要かな、と感じます。

特に、「ママは怖いsn」と感じている我が子たちには。

 

と思いつつも、「今は、叱咤激励すべきときか?」とも迷うのですが・・・。

子育ては、答えもなく、お手本もなく 難しいものです・・・。

 

 

 


ブログランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。

 

 

Pagetop

[Edit]

おてっしょ ??

おてっしょ
「おてっしょ」 ってご存知ですか?

 

このお皿は、直径8センチくらいの

小さい小皿です。

最低でも40年以上は経っている古いものです。

って、つまり私が子どもの頃から実家で食事に使っていたものなのです。

以前、実家の物置 (というか納屋の中の部屋というか) で見つけ、

懐かしくなって 家族の人数分だけ もらってきました。

実家では、いつの頃からか使われなくなり、それでも母は箱に入れて

納屋にある これまた古い茶箪笥にしまっていました。

我が家にやってきて以来、毎日のように朝に夕に食卓に登場しています。

一枚一枚、印刷された模様だと思いますが、

ゆがんでいるところあり、途切れたところありと

まったく古物としては価値のない、広く庶民に使われてきた食器だと思います。

 

あるとき ふと 「おてっしょ」 とつぶやくように思い出しました。

そう、この小皿は 「おてっしょ」 です。

そう呼ばれていました。

この言葉が浮かんだとき、自分でも驚いてしまうような思い出し方でした。

 

方言だろうと、ちょっと調べてみると

全国各地で「てしょ」「おてしょう」という言葉で使われていたようです。

「お手塩」 がなまったものらしく

江戸時代にお膳の食器を清めるため、小皿に塩をもって出したのが

手塩皿の起こりだそうです。

by 高松市歴史資料館「高松の方言」

おすし屋さん用語で「おてしょう」は、醤油用の小皿のこと

東京言葉でもあるようです。

 

それにしても 懐かしい響きでした。

この言葉を思い出したときの

つぶやくように浮かんできた幼い頃の感覚

 

この小さな おてっしょ を見るたびに ぬくもりを感じます。


ブログランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。

 

 

Pagetop

[Edit]

整理・収納のきっかけ

大好きなブログにsonicaさんの「捨ててスッキリ。キレイに暮らす。」があります。

今朝のブログでは、片付けるための「極意」の本の紹介があり、

物とのかかわり方が書かれています。

 

そちらのブログにもコメントさせていただきましたが、

今日は、私の物の持ち方のきっかけを紹介します。

 

以前にも書いたのですが、「記念」や「思い出」には こだわりません。

このきっかけは、二度の出産でした。

 

これまで大きな病気も怪我もなかった丈夫で元気な私にとって

「出産」は、「もしも、自分に何かあったら・・・。」

初めて現実的にとらえた出来事でした。

って、結果的に全くの安産でしたがふるーつ☆Cultivation・笑(小)

、そう感じてしまった私は、「思いつく限りのものを整理しておこう。」と

家中のものを眺めてみました。

 

もともと少ないものたちでしたが、気になる段ボール箱がいくつかありました。

本棚に並べ切れなかった本のダンボール、

独身時代からの今まで捨てられなかった思い出の日記や写真などなど。

 

本などは、簡単です。

二度と開かないと思うものは、妊婦を理由に、

三階までブックオフの方に取りに来ていただいて処分。

近くに図書館もあるし、我が家の本棚は図書館!と思えば、

人生のバイブル以外は、我が家になくてもいいと判断。

 

問題は、思い出の品々です。

 

ここで考えたのが 「残しておくもの」 「捨てるもの」 の判断の基準です。

自分にもしものことがあったとき、残された家族が私の私物をみつけて

悲しんだり、心が痛むものは 処分しよう。

それからの未来を生きていく家族の気持ちが

暖かくなったり、支えになるようなものを残そう。

と決めたのです。

 

思い出を大切にする友人の1人は

「自分にもしものことがあったときは、中身を空けずに処分してね」と

ご主人に頼んで、一箱 宝物箱を作っているそうです。

 

とにかくこうやって身辺整理をして出産に臨んだのでした。

 

それから、このことが自分の物の持ち方の基準になっている気がします。

日々成長している家族と自分です。

先々、嫌でもいろいろな物やことが次々やってきます。

それを受け入れていく、スペースと気持ちの余裕が必要だと思います。

 

思い出は、物の中にあるのではなく

これから先の自分の中に生きていくものではないでしょうか。

そうなるものをふだんの暮らしの中で積み重ねていきたいとあらためて感じました。

 

こんな大事なことを思い出させてくれたsonicaさんに感謝です。

 

 

 


ブログランキングに参加しています。ぽちっとお願いします。

 

 

Pagetop

[Edit]

お鍋たち

20090122123029
昨年、もう10年使った980円の天ぷら鍋を処分した。なぁんか外側がハゲてきて、「天ぷら揚げてる途中に爆発したら…(^o^;」とずいぶんドキドキしながら使ってましたから。

その時考えたのが、月に1度か2度の天ぷらに専用鍋は必要か?と。

答えは、「no!」
我が家にお鍋は、たぶん少ない。
クリステルの鍋が3サイズと鉄のフライパンと中華鍋。Colemanのほうろう鍋、やかんと小さいミルクパン。
たったこれだけ。
鍋の時の土鍋と鉄鍋もありました(^o^;

日々段取りを考えながら鍋をフル活用しながら、ご飯を作る毎日です。

少量の油で揚げるクリステルでの天ぷらは、まだ要領が悪いですが、上手に使いこなしていきたいものです。

Pagetop

[Edit]

されど お味噌汁

20090121151829

先日、ふとつけたテレビで『和風総本家』がかかっていて、

美味しそうなお味噌汁がでてました。

ので上↑の写真。


すごもり卵を作ってみました。
(しかし、ふきこぼれたガスレンジがお見苦しい焦る3)

これまで、お味噌汁に直接たまごを割り落としていた私。

一人分ずつうまくまとまらなかったし、そもそも、なんの意識もなく作ってました。

が、ここでひと手間

お味噌汁とは別の鍋にお湯を沸かし、その中にお酢を適当にいれ、

沸騰したところへたまごを割り入れると、写真の状態。

半熟とろとろだけど、まとまりのあるすごもり卵完成。

お椀によそってあらかじめ作ってあったお味噌汁をいれれば出来上がり。

すごもり卵の味噌汁


ひと手間かけたことで、大切な一品となりました。

Pagetop

[Edit]

鍋つかみ

刺し子2

  半年くらい前から始めた刺し子

きっかけは、やはり「もったいない」でした。

実家に行ったとき、見慣れない布巾を母が使っていました。

吸水性もよく、食器を拭くときにタオルのようにケバもでません。

で、「いいなぁ」と思い母に聞いてみると。

なんと 今は14歳になる甥っ子が生まれるとき、

必要だろうと、買っておいて 使わずにそのままになっていた おしめsn

なんです。

パッケージも開けずに14年もたんすの肥やしになっていたらしい。

もったいないから、そのまま使い始めたらしい・・・。

結局、私も分けてもらい、それから興味のあった刺し子をやってみようbikkuri01

と始めました。

以来、テレビを見ながら ちくちく ちくちく と縫いだしのです。

なので我が家の布巾たちは、刺し子です。

 

で、布巾だけでは飽き足らず、必要と思っていた鍋つかみを作ってみたのです。

サイズも、形も好きなように、自己流で作りました。

市販の鍋つかみは、フックに掛けるように、ループが付いていますよね。

いつも使うときに、フックに掛けるループの長さが短くて

「吊りにくいなぁ」と感じていました。

私だけ?

そこで、自作の刺し子の鍋つかみのループを長めにしてみたのです。

 

が、使い始めて気づきました汗とか

長いループが鍋から垂れてしまって、強火のとき焼けてしまいそうなんです焦る3

 

いつか いつか きっと 焦がしてしまうかも・・・

と思っていたら、とうとうやってしまいましたkao06

ショックです。

鍋つかみ 

すぐ気づいたからよかったものの、気づかなければ火事ですぅ。

 

長年、商品化され定番となっているサイズとは

かくも大事なものなのですね泣き顔

勉強になりました。

ブログランキングに参加しています。

 

 

Pagetop

[Edit]

もったいないおかげで

20090121085431
20090121085429
会社にあるグリーンです。
支店ができた3年前からあるようです。
ときどき私が勝手に剪定したりしてあげています。

で、捨てられない性格の私は、無防備に伸びたヘデラを剪定したときに「もったいない( -_-)」と思ったわけです。
で、一度目は、たくさんあったので、そのままくるくるっと編んで、ヘデラのリースを作りました。
二度目は、挿して育ててみよう!と思い立ち、ペットボトルで栽培中。
はや半年たち、根がすくすく成長中(^O^)
春には、どこか土に植えてあげる予定です。
記念や思い出には全くこだわりなく捨てられる性格なのに、変なところで捨てられません(^^ゞ

Pagetop

[Edit]

理想の自分

20090120120949
大人になってから随分たちますが、未だに自分はどこを目指しているのかわかっていない気がします。
あるものを活かしながらシンプルに暮らすこと。
そうありたいのはブレないのですけれど。

スローな暮らしをしながら、マクロビオティックを実践してたり、できる限り手作りしてたりする方々は、自分の価値観でしっかりと暮らしていて、あこがれます。
その反面、優雅に立ち居振舞いも麗しい容姿のセレブな女性にも、すごくあこがれ、その場の自分の姿に気後れすることがあります。

迷ったりするのは、この2つの理想になかなか接点が見いだせず、自分らしい目指すスタイルがはっきりしないからでしょうね。

『できることからはじめています』著:廣瀬裕子
この本は、まさに前者の、飾らない、日々を丁寧にエコも意識しつつ暮らす方々がたくさん登場します。
我が家で愛用する物たちもいくつか見かけ、ほっとしたりもしました。

なりたい理想がはたして自分らしいのか…。自分が楽な姿なのか…。
わかりはしませんが、素直に「いいなぁ」と感じることを、ひとつひとつ取り入れていけば、自分らしい自分になっていくのかなぁ、と感じています。

ブログっていいですね。
これまで漠然と、悶々と思ってきたことが、文にすることで整理されていくようで。
暮らしを整理整頓するということは、一緒に気持ちも整理していくことなのかもしれませんね。


ブログランキングに参加しています。

 

Pagetop

[Edit]

美味しいね

20090119163718
おいしいイチゴ「〇ぬきひめ」をいただきました。
実家の近くにハウス栽培をして出荷している方がおり、まさに朝採れでみずみずしいのです。
市場へ出荷されて競りに出るのが翌日、それから店頭に並ぶわけですから、今日のイチゴは格別新鮮です。
イチゴの中の白い部分が、ふわふわなのです。
この味を知ると、なかなかスーパーで買う気にはなれません(^o^;
よって実家から、このイチゴをいただかない限り、こども達はイチゴを食べられません。
あぁ、我が家、随分実家に依存してるわ(>_<)

Pagetop

[Edit]

治外法権

ポアント
あるときの家族の会話

パパ君「今日は何を買ったんですか絵文字名を入力してください?」

Riraさん「ポアント(トゥシューズ) と 

ウォーミングアップの上着笑い。

パパは何買ったン?」

パパ君「なぁんも買ってないよ。

いいねぇ、いっぱい買ってもらって。

(ちょっと嫌味 って支払うのはパパなんですが・・・汗とか)

我が家の中で、お前だけは治外法権だなぁ。」

そう言われて気がつきました。

まさに、そのとおりbikkuri01

日頃は、家に物が入ってくることに厳しく、家族が持ち込むものにも厳しく

そのうえ10円や100円はけちけちするけちんぼママの私ですが、

反面、なぜか大きなお金になると「要るものはしょうがない」と

金銭感覚がマヒする私

というわけで、ことにRiraさんのポアントには

「つぶれるものは仕方ない!」と

何も言わず、割り切って財布を開いていました。

1月に入ってもう四足目です。

本当に 『治外法権』!! 

言われて初めて気づきましたぁぁぁぁ!

その言葉の後、パパ君がRiraさんに

「ママを見てみろ。なぁんにも買わずに節約してるだろう!」

と、力強く言いました。

ぶぶぶっっ←わたし

なんと、バレエショップの隣にあるショップでね、ついでに

「卒園式もあるし、入学式もあるし・・・パパには内緒だよ」

とふたりの娘に言い渡して、バーゲンのスーツを買ったのでした汗とか

娘たちも「ぶわっはっはっ」と大爆笑ふるーつ☆Cultivation・笑(小)

「えっ、なんかおかしかったkao04?」ととぼけてるパパ君

そのまま笑っておしまいにしました。

ふっふっふ、Riraさんだけでなくわたくし自身にも治外法権なのだよ。

もうしばらくしたら、白状するよ、パパ君。

 

 

Pagetop

[Edit]

あったまろう

大根葉

この写真で「あったまろう」というタイトル?!

何だと思いますか?

しなびた大根葉です。

勝手にしなびたわけではなく、寒風の中、干していたのです。

実家では、家族が食べる分だけのお野菜を作ってくれています。

毎週末、実家に行き、その場で野菜を収穫していただいております。

青々とした大根も大きく成長しています。

実家では、「そんなの食べるの?」と言われるのですが

私はいつも葉の部分もいただいて帰ります。

一株は、みじん切りにして、ゴマやちりめんじゃこ、かつおの粉、桜海老など

乾物物などと一緒にごま油でからからに炒めて、みりんと醤油で味をつけ

自家製ふりかけを作っています。

炊き立てごはんに混ぜるもよし、おにぎりの具にするもよし、

チャーハンにも入れたりします。

添加物のない美味しい常備菜です。

 

しかし、本日のは 「しなびた」大根葉

これは何にするかというと、

洗濯用のネットに このまま入れて

なんと、お風呂に入れて入浴するのです風呂

 

我が家のお風呂は、寒々としたユニットバスです。

お風呂につかってる間に冷めてきてしまい、おまけに追い炊き機能がないのです!

 

で、おばあちゃんの知恵袋bikkuri01

干した大根葉をお風呂に入れると保温効果が高まるとか。

我が家の娘ふたりは、若干かるーいしもやけがあり、

その改善のため、トルマリンの原石もお風呂に入れています。

遠赤外線効果だそうです。

で、トルマリンと一緒に大根葉も入れて入浴

私的には、「なんか暖かさが持続してるなぁkao03」と感じたのです。

 

パパ君は、不気味そうな感じでしたが・・・汗とか

 

実家では捨ててしまわれるものですが

我が家では随分活躍しております。

今日もこの大根葉のお風呂に入って、寒い冬を乗り切る予定

注意  最後の人の入浴が終わったら

お風呂から大根葉は引き上げて処分してください。

朝まで放置していると、お風呂の残り湯は、緑色になるそうです。

水分を吸った大根葉は生き生きしているようですが、

くれぐれも食用には使わないでください。

あしからず拍手 パチパチ 

Pagetop

[Edit]

なんとか入りました!

うちの次女 cyoppi は、春から小学生になります。

 というわけで、いろいろと準備を進めております。

しかぁーし!ここで問題発生です。

うすうすわかっていたことですが・・・。

我が家はパパ君とRira さんとcyoppiの四人家族なのに

70㎡あまりの3DK ちょっぴり狭小住宅

ダイニングキッチンとリビング、夫婦の寝室とくれば残るは1部屋

これが子どもたちの部屋となります。

この部屋、みょうに長い部屋で大体7畳あまりと思われます。

で、

これまでRiraさんの机、チェスト3つ、2段ベッド、電子ピアノ、かんたんな本棚

などなどぎゅうぎゅうに詰め込まれた状態でしたjumee☆faceA61

この状態で、果たして新たにcyoppiの机なんか入るのか?

 

自慢じゃありませんが、私は

○物を家に持ち込まない!

○不要なものは、家から出す(処分・フリマ・あげる)

を常に心がけています。

が、小学生になると次々と物がやってきます涙

机も我が家にとっては絶対必要と思われるものです。

で、とりあえず買ってみました。

CADソフトを使って、家の図面をかんたんにひき

すべての家具を図って、CAD上にパーツを描いて

いろいろ試して、入るであろう机のサイズを割り出しました。

 

じゃーんbikkuri01

cyoppi desk 

なんとかはいりましたぁぁぁ!

『入るものだなぁぁ』とひとり感動ですキラキラ

狭く安普請の築14年くらいの我が家ですが、これから少しずつ

家族四人の生活環境をご紹介していきたいと思います。

お楽しみに。

(って誰に語ってんのかな?)

 

Pagetop

[Edit]

夕飯

いりこだし

これ↑何かわかりますか?

写真がへたすぎて、わからないという節もありますが

このガラスのビンに沈んでるのは いりこ です。

水出しいりこだし を作ってみました。

といっても、水800mlに大きめのいりこを15匹入れ一晩冷蔵庫におくだけ

かんたんです。

水出しの昆布だしは作ったことがありましたが、

いりこでもできるということで挑戦。

どたばたしがちな夕方、だし汁から作り始めるのでは

ますますどたばたします。

で、我が家では週末に 昆布 と いりこ と 鰹節 で煮出して

大きな鍋いっぱいのだしを一週間分作って冷蔵庫で保存していました。

が、面倒くさい日もあり、週末になると足りない日もあります。

今回は、一回分を水出しで作ってみました。

前の晩に準備しておけば ガスも使わずだしが取れます。

で、昨夜の夕飯です。夕飯

おおっ!kao03めずらしくたっぷり作ったのでご紹介です。

キラキラ(ピンク)・大根と厚揚げの煮物

・ほうれん草のおひたし

・りんごと大根の千切りサラダ

・甘塩さばのごま油焼き

・たっぷり白菜とベーコン・えのき・とろーりチーズのコンソメ煮

実家に毎週いただきに行く白菜・大根・ほうれん草をたっぷり使った

和食でございました。

おそまつさま で ごちそうさま でした。

 


Pagetop

[Edit]

手作り

20090113222803
Riraさんが突然、布をとりだし裁縫を始めました。
で、できあがったのがコレアップ
なんでしょう?
答えは『カイロ入れ』です。
ネル素材の布だから、ふんわり柔か
それを見ていたパパ君が、自分も欲しいと言ったため、名前の刺繍入りで作ってました。
これで落としても大丈夫!
ただし恥ずかしい苦笑い
まぁ、あっという間の簡単ハンドメイドですが、『そんなこともできるのかぁ』と感心した次第です。

Pagetop

[Edit]

遠く離れていても

ロア.ト
図書館から帰宅した長女Riraさんの机の上に、

なんだか見覚えのある装丁の本が。

ご紹介しましょう。


今は引っ越して遠く離れてしまいましたが、

ママ友達のsyokoraさん

彼女のブログで紹介されていた本とおんなじ

『ロアルド・ダール』の著書でした。

でも、Riraさんはそんなこと知らないはず・・!?

聞いてみると

『チャーリーとチョコレート工場』を書いた人で

めっちゃおもしろいよ。もう何冊も読んだよ。」

ですって。

syokoraさんとはRiraさんの幼稚園時代に知り合いました。

あまり積極的ではないうちのRiraさんが

初めて「いっしょに遊びたい」と言ったのがsyokoraさんの娘さんでした。

それからは、あれよあれよと言う間に母子で親しくなり

今でも私にとって大切な方です。

syokoraさんとは遠くに離れているのに

同じ頃に同じことを考えていたりして共感することが多いのですが

今回も、syokoraさんのブログで見たばかりの本に

Riraさんが同じように注目してて

ほんとにびっくりしました。

こんな風に、ぴたっと来る人との出会いはそうそうないと思います!

大事にしたいなぁと、感じた出来事でした。

 

 

 

 

 

 

Pagetop

[Edit]

ブログってなんだかすごい!

このブログのスタートをきっかけに

山本ふみこさんのことをネットで調べていたら

なんとブログを書かれていることが判明!

著書は、ほぼ読破していながら今まで全く知りませんでしたえぇ

ちょうど、このブログを始めた頃だったので

思い切って山本ふみこさんのブログを訪問して

コメントを書かせていただきましたグー!

なんと、翌日「risyonさんへ」

とお返事のコメントをいただきました。

長い間、ただ本を通してしか触れられなかった世界の方と

言葉を交わせるなんて

感動です。

これを機に、リンクを設定してみます(初の試み)

 

Pagetop

[Edit]

あたたかな気持ち

毎年 年賀状を作るときに思うことがあります。

我が家がどんな様子で暮らしているかを

報告したいこともあり

いろんなシーンの家族の写真をたっくさん

家族4人それぞれの思うことも一言そえ

作っています。

元気でまさに幸せいっぱいという雰囲気のできばえになります。

当然、泣き笑いもある暮らしなのですが

出来上がった年賀状は、いささか華々しすぎる気もして

気後れする気持ちもあります。

 

余計な心配かもしれませんが

我が家の年賀状が届く方の中には

過ぎた一年のあいだにさまざまのことが起こっていることでしょう。

いろいろな想いで新しい年をお迎えしているところへ

この能天気な年賀状が届くのは、正直いかがなものなのでしょう?

というのが毎年の気になるところです。

そんななか、初めて年賀状をお送りした方からのお返事に

こんな言葉がありました。

「うれしい年賀状をありがとう」

「ありがとうございます。"福"が来た感じです」

「お家に招いてもらったようなあったかい年賀状でした」

こんなにうれしくなるコメントはありませんでした。

自己満足でしかなかった年賀状でしたが

届いた方が暖かい気持ちで受け取ってくれたことを知ることができ

こちらまで心ほころぶ気持ちになりました。

 

1月25日お年玉くじつき年賀状の抽選日です。

我が家が出した年賀状で

またどこかのお家に福が来てたらいいなぁ

と初めて私欲を捨てた年始です。

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム