• 201707 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201709

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

初めての個室 cyoppi

4月16日土曜日夕暮れ
山陽自動車道上り車線を運転していたら
下り車線を赤色灯を点けたトレーラーとすれ違った・・・

緊急車両でもないのに赤色灯?と思ってたら・・・それは災害派遣の車だった
まさに、熊本へ向かって走る。
その後も、もう日の暮れた山陽道を
緑や赤の回転灯をつけた車列が何台も行き過ぎた。
四月に大学生になったばかりの大学生の被災は
他人事とは思えず、送り出したばかりのお親御さんのことを思うと
あまりに悲しい。

こんなときに、のんきに娘のところへ出向いている我が身を、
いかがなものかと思ったが、地震のニュース以来
南海トラフが懸念される香川に住む我が家のことが心配で
ひとり気が重かったRiraさんは、ワタクシとcyoppiの顔を見て
幾分安心したそう。
それだけでも、行った甲斐があったことが慰め。

できることは、募金くらいですが、
今度こそ、せめて自助のための備えだけは自分でせねばと思います。






さて・・・

 cyoppi 初めての自分だけの部屋ができました。


これまでは、ずーっと7~8畳くらいのスペースを二人で使ってきました。
机を横に並べて配置してたときもありますし・・・
二段ベッドで部屋を半分に区切って
勉強するスペースと着替えたり身支度するスペースを分けるように配置したり・・・

年齢が違うと就寝時間も違うので、
二段ベッドの下の段にカーテンをつけて、cyoppiが寝てたり・・・


狭い限られたスペースで、工夫を重ねてきました。


Riraさんが引っ越す前の部屋は

20140623-1_convert_20140623155858.jpg

Riraさんのスペース


二段ベッドの向こう側がRiraさんの机スペース

 20140623-3_convert_20140623155934.jpg
二段ベッドの左側が、cyoppiの机スペース
写真では広そうに見えますが、ベッドと机の間は1m30cmしかありません。


この、cyoppiの机を、Riraさんが今回の引っ越しで持っていきましたので
cyoppiは、Riraさんの机を使うことになりました。


さっそく、撤去したのが・・・
 20160415_convert_20160415165531.jpg
こちらの二段ベッド

cyoppiが1歳の時からふたりで使ったモノです。

もう165cmと157cmに成長した二人には、
かなり圧迫感があったと思いますが

毎日毎日13年かけて大きくなったので、
本人たちは、さほど気づいてないらしい


 20160415-1_convert_20160415165553.jpg
 それでも、高さも低いので、不便だったと思いますよ~



で、とっとと分解しましたら~
20160415-2_convert_20160415165617.jpg 

広々~

ベッドがなくなったら、Riraさんが帰省してきたとき、どこで寝るか?
という問題がありました。
まさかのリビングか?

なんて思いましたが、
モノに執着しないcyoppiは、
モノを整理しただけで不要な棚や収納ケースができ、それも撤去
思った以上に広くなり~
Riraさんのお布団を敷くスペースは十分にあります。




20160415-3_convert_20160415165644.jpg 
cyoppiの机スペース
収納スペースも余裕があります。




奥のカーテンの向こうに衣類を収納
cyoppiの日常の衣類は、手前のこげ茶の箪笥にすべて収納
季節外の衣類は、ベッドに下に収納ケース5個に入れています。

20160415-4_convert_20160415165707.jpg

カーテンで見えないところや、下の方のには、Riraさんのモノを収納
 少し見える右の白い棚にも、Riraさん思い出グッズがしまわれています。
20160415-6.jpg


というわけで、ゆったりスペースで過ごせることになりました。

20160415-5_convert_20160415165728.jpg

狭い我が家で、なぜかこの部屋だけが
広すぎる感じの雰囲気を漂わせております~


Riraさんの寝るスペースも確保できたことだし、一件落着~




スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

集中を邪魔する^^


めっちゃ美味しそうなモノができた~おやつにするよ~o(^▽^)o

一緒にお昼寝しようよ~・・・幼児じゃあるまいし

もう休憩しようよ~

ご飯食べに行こうよ~ヽ(≧∀≦)ノ

餃子作るの手伝って~(´ω`人)

もう勉強やめようよ~(T_T)

10時になった~寝る時間ーーー


週末、cyoppiにかけた言葉


全部、勉強の邪魔してるやんっ((((;゚Д゚)))))))




だって、放っとくと、ずーっと机に座ってるのよね~((((;´・ω・`)))
それが効率のいいやり方とは思えないので、邪魔してみた。

で、cyoppiに、晩ご飯の餃子を100個 包んでもらったりなんかして~

20160221-1_convert_20160223172401.jpg
素晴らしい速さと美しさで包めるようになってた~
いつのまにか成長してるわ~


 20160221-2_convert_20160223172432.jpg
フライパンでは追いつかないので、ホットプレートで焼きました。
 

20160221-3_convert_20160223172450.jpg 
熱々の ジューシーな餃子の出来上がり~



そんな週末が過ぎていき・・・もう明日から学年末テスト
そして、国公立大学前期試験

20160223_convert_20160223171627.jpg

自分との勝負に勝つ
cyoppiの机の上で、元気な赤い花がcyoppiを励ましています


ふたりの試験の重要性は えらい違う気もしますが (*≧∪≦)
ま、それぞれ頑張ってることなので
どちらもいい結果が出ることを 願うのみです~





少しずつUP
是非、ぽちっとお願いしますね~


Pagetop

[Edit]

母が手伝うことは無かった^^;

学年末テストで上位に返り咲こうと頑張るcyoppiを
全力でサポートしようと思ったら・・・

そんなサポートは、全然必要とされてなかった・・・


時々、「ママ~この問題集 答えが間違っとる~来て~っ
と呼ばれるので、いそいそと机に行く。

「ここね~いくらやっても答えどおりにならんのやって~
問題集の解答間違っとるよね~(゚∀゚) 」

というから覗くと、問題解く第一歩めくらいんところで cyoppiが間違えてる

「 ・・・(。-_-。)  最初っから違いますよ~ 」

ってことが、2~3度あった。


解答よりも 自分が正しいと信じるその姿勢が
そもそもの問題なんでは・・・



というわけで、ワタクシのサポートなくとも自力で頑張ってはいますが
問題解く以前の問題に気づけていない残念な感も否めません。



何にしても、ワタクシはお役御免のよう~
なので、楽しいおひるごはん作って、気分転換~ のサポートでも・・・


20160220.jpg
2~3年ぶりで 引っ張り出したわ~たこ焼き器


作り方も忘れ気味・・・
タコをでっかく切りすぎたので、丸の中に収まらず~

 20160220-1.jpg
 
でも上手~

海鮮焼きそば作りながら、たこ焼きも焼きながら食べながら~ってことで
たこ焼き出来上がり写真を撮り忘れたわ~残念


美味しいパン屋さんで奮発して、おやつを準備してみたり
日ごろ入れてやらない 国産無農薬レモン(実家の庭になっている)の
レモンティーをいれてやったり・・・
美味しいものでおもてなし~

ま、そんな感じで応援 


インフルエンザが流行して・・・前期試験の寸前で・・・
人ごみに買い物にも行けないので、掃除とご飯作りくらいしかやることないしね~

あと少し 二人とも頑張ってね~




是非、ぽちっとお願いします。

Pagetop

[Edit]

中1女子を励ます会

とうとう来週に迫ってきました国公立大学前期試験


と言っても緊迫感はあんまりありません



Riraさんは、ぽつりとつぶやきます。

「絶対一年も勉強に専念はできんわ~」・・・「浪人」という文字がちらつくらしい

「 ママ~どうやったら英語できるようになるかな~」・・・今頃ですか~
しかも英語が全くできないから国文学に進んだワタクシにしますか?その質問・・・


というわけで、何を言われても右から左のワタクシです。


そうつぶやいてるRiraさんも、イライラしてる風でもなく
淡々と学校と塾の自習室に通っています。



そんななか、泣いて帰ってきたのは 次女cyoppi 中1


初めての診断テストなるものを受けてきた。
診断テストとは、入学してからこれまで学習した全部の範囲が対象の
県下で行われる学力テストってところでしょうか?・・・よくは知らない


ワタクシ、中学生の頃
「学力テストとは、日ごろ培った学力を試すためのテスト」と理解してたので
1年間かけて習ったことを数日で復讐できるわけないやん~
ってことで、一切勉強したことが無かった。

ので、1週間前くらいから試験勉強にとりかかったらしいcyoppiを
尊敬のまなざしで見つめていた。


んがっ

この試験の自己採点で 意気消沈したと思ったら
翌日返された数学の点数に衝撃を受け・・・
その翌日に返された社会に打ちのめされて
無言の帰宅をして、解答用紙を前に涙を流しておった・・・



言っておきますが、長くブログをご覧の方はご存知かと思いますが
我が家は あんまり教育熱心ではありません。
本人がやりたいこと、なりたいものに向かって頑張ってくれればそれでよし!
という方針なので、子どもの成績をとやかく言うことはありませんし
「勉強しなさい」とは言わないようにして育ててきました。
なので、勉強してるのは自主的にです。

なのに・・・

いやいや、初めての診断テストで 何も泣かなくっても・・・


し~か~も~
まだ いち年生やろぉ~


ま~ね~ 気持ちがわからんでもない。

とにかく生真面目で、素直で、自分自身に対して求めるものが高いcyoppi
怠けたわけじゃないのに、てんで目標に届かなかった結果で
自分のアホさに 泣けてきたんだと思う。


親としてもね、これが遊びまくって 自分を律することができずに怠けた結果なら
「次頑張ればいいじゃない~」 と、励ましもできますが
彼女は彼女なりに頑張った結果がこれでは、
なんとも励ます言葉がみつからない~

しかも、常日頃から、子どものテストの内容や詳細まで見たことないので
いったいcyoppiのどこができないのか、どんなやり方がよくないのか
全っ然わからないんですよね~ ヽ( ̄д ̄;)ノ


とは言っても、cyoppiが頼ることができるのは ワタクシだけ
「これをこういう風にやれば、できる子になれるんだよ|」という
具体的なアドバイスを求めていることも明白

ですので、一応、思いつく言葉がけだけはしましたとも。

「ただ覚えるだけではなくて、関連づけて流れをつかむことが歴史は大事~」
「宿題でもプリントでも、時間を決めて、丁寧に速く解くことを常に意識する」
「一年生の今からあんまり上位では、これから上がっていく楽しみがない」
「診断テストがどんなものか、今わかってよかったじゃないか」
「これから上がっていく楽しみがあるっていいね~」


という、思いつく限りの励ましの言葉をかけたつもりですが
全然具体的な取り組み方ではないし・・・
これでは単なる気休めと慰めですな・・・

言うわ簡単~それができないからcyoppiは泣いてるんだし~


でも、頑張ってる(その学習内容は全く知りませんが・・・)cyoppiに
「やればできるよ!」
なんて言葉は、かけられないのです (T_T)


が、現在、cyoppiは、ワタクシの助言通りに
ストップウォッチを片手に ワークに取り組んでおります。

その素直さに こちらが泣けてきます~ (;д;)


ワタシ達夫婦は、子どもの学力に大きな期待はしておりません。
夫婦ともども進学校に通っていたので
自分より頭がいい人をたっくさん見てきました。
悲しいかな・・・
一度教科書を見れば理解できて応用も解ける子
コツコツやらなくても有名大学に悠々と合格していく子
ちょっと打てば響くような冴えた子はたっくさんおり・・・
なので、中学校の時からコツコツ努力しているようでは、
賢いとは必ずしも言えない・・・
ってことを、痛切に感じておりました。

我が子は、教えてもいないのにコツコツ真面目に取り組むタイプ。
小学校の宿題すら答えを写し、勢いと、少ない知識と記憶を駆使して
受験を乗り越えたワタクシと大違い
なので、小学校から真面目に取り組んだ結果の成績は、
あてにはならないと思ってきました。
なので、小中学校の成績がどんなに良くても、その子の賢さは計れない。
そう思っています。
そういう意味で、我が子たちに多大な期待はないわけです。



が、そんなふたりの娘に、可能性を感じてもいます。

たとえ打てば響くような賢い遺伝子を持っていなくても
コツコツと努力を積み上げることができる!
その力を持っているということ。

「努力」の「ど」の字も持たないワタクシから産まれてきたとは思えない
すごい力だと思っています。


何事も上達するためには、コツコツ努力することが必要と信じ
実際にその行動を起こせることは、ある意味とっても大事な能力

それを持って取り組んでいけば、もしかしてこの子たちは
悠々と親の知らない世界へ羽ばたいていけるのかも~ (((o(*゚▽゚*)o)))

という可能性です。



というわけで、変わらず頑張る娘にワタクシからささやかなプレゼントを~

20160217-1_convert_20160217205742.jpg 

cyoppiが大好きな回転寿司の持ち帰り寿司~



20160217_convert_20160217205818.jpg 
あさりのお味噌汁
ほうれんそうのお浸しは作りました

これくらいしか励ましらしい励ましをしてやれない力不足のママ様です

これで、気を取り直して、再び元気に頑張ってもらいたいのもです。


なんせ、我が家は中学生は塾には通わせない方針!
小学生もね。

塾に通って成績がいいのは当たり前~
中学生ごときが塾に通わないと希望の高校へ入れないようでは
その高校へ入ってから、とてもついてはいけないと思うので~
とにかく自力で頑張りなさい!
と、言い渡してあります。




お断りしておきますが、これは我が家の娘たちの性格を見越しての方針
一人では机に向かうことが困難な娘なら、その子が望む将来に必要とあらば
塾に通うという選択肢は検討いたします。
他の家庭やお子様に当てはまることではございません。
ので、あしからず。


というわけで、今宵は宴
苦しいくらいお腹いっぱい食べて、元気になってね~



っていうか、まだ勉強らしい勉強が始まったばっかりの中学生より
4月から大学生になれるのか
はたまた365日伸びて大学生になれるのかの瀬戸際にいる
Riraさんを むしろ応援しなくてはならないのにな~ (゚∀゚)



夕暮れ、外でバスケのボール投げをしているcyoppiと従妹A 
こんな会話が聞こえてきた。


A 「 診断テスト 1◎5点やったんで~やばいわ~がっはっは W(`0`)W 」

cyoppi 「ワタシもやばい~ 次頑張るわ~(。-_-。)」

従妹Aは、cyoppiよりも50点低かった・・・。

ワタクシ的には、どっちかっていうと
その点数でも「がっはっは W(`0`)W 」と笑っていられる
Aのようなタフな子になってもらいたいんだがな~


ないものねだりなのか・・・




思うところあって、参加カテゴリーを変えてみました。




是非、ぽちっとお願いします。



次回は、Riraさんの運気を上げるために
ワタクシが今やっていることをご紹介します

Pagetop

[Edit]

バレエのおかげ

日々駅伝練習にバスケに、走りまくっているcyoppiです

毎日、何キロも走るので、一緒に走ってる仲間には、
膝を痛めたり、どこかが痛かったりして
サポーターしてる子も多いようです。
部活でも、膝サポーターやテーピングしてる子をよく見かけます。


で、何にもしていないcyoppiを見てて
駅伝の先生方が声をかけてくれたらしい

「 cyoppiは、痛いところ無いの?」

走ったり部活した後は、家でサロンパス貼って寝れば治るcyoppiは
「 痛くないです 」 と答えた。


そしたら、部活の顧問の先生が
「 この子は、体幹がある。だから姿勢が良くて
体に余計な負荷がかかって無いから傷めにくいんかな~」
と、褒めてくれた。

別の体育の先生は、
「cyoppiは、体育の授業でも、
初めは上手く出来なくても、どうやったらできるかをよく見てる。
それを考えてるから、何でも上達する。」
と、褒めてくれた。

そして、毎日観ていてくれる顧問の先生が
「とにかく この子は、前向きで真面目!」
と、褒めてくれた。


と言って、初めて「先生が褒めてくれた~」とご機嫌で帰宅した。


見ていてもワタクシには、
体幹があるかないかなんてわかるはずもないのですが

cyoppiが褒めてもらったことは、
すべてバレエで身につけたことばっかりの気がします。

バレエは、言葉の説明ではなく
先生の動きをよく見てその通りに動くのが基本
振付も、見て覚える。
見逃したら動けないし、忘れたら踊れない・・・集中力がつく
これが勉強にも活かされて、集中力がついてる気がする。

どうすれば形にハマるのかも、自分でしっかり見て動く。


レッスンで腹筋背筋運動もするので、部活や陸上練習でも難なく出来る 

帰宅してからも 時間を見つけてストレッチ
痛くなりそうな予感がしたら、素早く冷やしたり、温めたり、湿布したり
お風呂でも優しく撫でているようです。
これも、バレエで教わってきたこと 


おかげで、今のところ何とか元気に走っています。

たった4年間のバレエでしたが、身についたモノは大きくありがたいものでした。
残念ながら きっぱりと辞めてしまいましたが
得たモノを大切に、新たな場でも活かせるといいな~と思います。


それにしても、日頃厳しく怖い先生に褒められるって
相当うれしいモノなんですね~
いつもは、帰宅しても言葉が出ないほど疲れきっているcyoppiが
この日ばかりは、ニコニコ帰宅して早々に報告してくれました。

部の先生からいただいた年賀状に
「いつも前向きで努力できることは素晴らしい。
いつか必ず花開きます!」と書かれてあり
いつもは怖すぎるほどの先生でしたが、めっちゃうれしそうでした。

自分がほんとうに頑張っていることを、見ていてくれる存在って、
有難くうれしいものなんですね。
家族が褒めるのとは違って、客観的な視点で、経験もある人に褒められるのは
格別なのかもしれません。


というわけで、これまで身に付けたモノを総動員して
今年もcyoppiは、手を抜くことなく全力で進んでいくようです。


まったくもって凄いね~
ワタクシの子とは思えませんわ~



それでは

 クリックお願いします

                
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
日々楽しく過ごすことが得意なお気楽主婦
なぜか娘は、努力する前向きな人に育っているが
ワタクシに「努力」の文字は欠落
そんな自分の老後不安を解消すべく奮起していく暮らし!
を、めざしてみようかな~

パパとRira (大2) とcyoppi (中3) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。