• 201704 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201706

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

新しくなりましたっ! おこづかい帳


20101130朝
2010.11.30   夜明け



我が家の子どもたちのお小遣い制度
「 岩下式おこづかい 」

今年の7月から スタートしたおこづかい制度も
「 岩下式 」 なのか なんなのか
いろいろ変化しながら 我が家オリジナルのゆる~いモノに変わっているような・・・


毎月、記入するシートをパソコンで作成してプリントアウトしておりましたが
なんせ、10月下旬からパソコンが立ち上がらず
その記帳するシートがプリントアウトできず、子どもたちから苦情。


毎月 毎月、岩下式の項目に合わせて決算するのも面倒でした



んで、こづかい帳を探したたり、迷ったりしてましたが
とうとう昨日 新しいおこづかい帳を作ることにしました



昨日訪れた文房具屋さんで
かわいいノートを見つけたので
やはり我が家独自の形を作って 記帳していくことを決断し
早速 作業


力作のおこづかい帳ができましたっ


20101130おこづかい帳

これまでのモノも貼り付けました。


新しい内容のモノは こちら

 20101130おこづかい帳1

見開きで 1月分が書き込めます。
これまでと違って、随分簡単な集計です。

小学2年生のcyoppi用のひらがな交じりと
中学1年生のRiraさん用の漢字バージョンのこづかい帳です。


半年分は、作ったので しばらくは安心です。



うちの娘たち、私よりちゃんとしているので
毎回買い物のたびに記帳しています。
衣類や、学用品の負担分の半額も、きちんきちんと私に収めてくれています。


ですが、それを受け取る私が ずぼら~



実質貯金残高と、彼女たちが 「今月の貯金分」と差し出す貯金の貯蓄額が
まったく合っておりません



すっすまないっ


早急に、銀行に入金行って、収支を合わせたいと思います。





だいたい、今年はいっさい家計簿も書けなかったしなぁぁぁぁぁ



と、きちんきちんとこなすタイプのようでいて
ものすごく面倒くさがりのおおざっぱなママ様です。




先日も、cyoppiに
習い事の時間の都合で
 小学校に入学して以来はじめての車でのお迎えを頼まれた私

なんだかんだといろいろやっていると
ふと携帯が鳴っていました。
出てみれば、cyoppiとおんなじクラスの友だちのママ。

「 もしかして、cyoppiちゃん、お迎えかなぁ?」と言われて

はっと我にかえって時計を見ました






すでに約束の下校時刻は 15分過ぎており
この日に限って、いつもより10分も早く帰りの会も終わったらしく
小学2年生にとっては
もんのすごく長い間 校門の前で 佇んでいたらしい・・・・・・




cyoppi まことに申し訳ありませんでした。

きみの入学説明会も すっかり忘れて、入学しないと思われてたり
学年でただひとり物品の受け取りを忘れていたこともありました。

おかげで cyoppiは、
忘れ物ひとつしたことのない完璧な準備のできる小学生に成長しております。


いいような・・・・悪いような・・・・

そんなママ様を これからも油断することなく よろしくねぇ



子育て「小学生の子」と「片付け・収納」「シンプルライフ」ランキングに参加中♪
かなり励みになっておりますので
どうぞ よろしく♪ 
 
                

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

子どものお小遣い その後

ニュー・ピオーネ 

ニューピオーネ  美味しい季節ですね。


くだものには厳しい我が家。

おばあちゃんちは ミカン農家

実家は、兼業農家で 周囲は農家も多く

実家の斜め前のお宅は 苺とブドウの農家。

なので、果物は その日出荷される寸前のものを直接買って食べており

結婚して、スーパーで気軽に苺やブドウを買ってみて

それまで食べていたものが どれだけ新鮮で美味しかったかを知ってしまい

以来、スーパーで買うことは無く

実家に行ったときに 買ってきてもらって いただいてくる

という贅沢なシステムに 頼っております。




そんな貴重な ニューピオーネ。

今年は、ラッキーなことに ニューピオーネにめぐり合える機会がなんだか多かったのです。

毎回 ピオーネを前に、幸せ~モードいっぱいで食べております




さて、7月にスタートした 「岩下式おこづかい」

お小遣い 2010 9月 

なんとか 毎月 使い道を書きとめて 決算して、続いています。


実際にやってみて 我が家なりに 改善したり修正したことをまとめておきます。



当初 「おこづかいで買うもの」 として

日常の普段着、学校の運動靴・・・などがありました。

我が家で決めたことは こちらから




cyoppiは、夏の間にサイズアウトした運動靴と上靴を買い換える必要がありました。

2割引のSALE品を探したものの、足に合うものをいろいろ検討していくと

選んだものが 2000円くらいのものでした。


cyoppiの毎月のお小遣いは 7才×400円=2800円ですので

これでは、ちょっと現実的におこづかいで買うことは無理でしたので

相談して 今回は、親が出すことにしました。





旅行でも 特別にお小遣いを渡しました。


いつもは、お友だちへのお土産や、自分のお土産などは、

その場その場で、いきあたりばったり

「 高すぎるよぉ 」 とか 「 ほんとにそんなの欲しいの?」 とかついつい口出しして

お互いに不機嫌になりつつ・・・ってこともよくありました。


うちの場合、自分で財布を持って買い物をする、という経験に欠けていることと

むやみには買わない子どもたち、ということで

旅行の第1日目に それぞれにお小遣いをわたしました。


いろいろ 迷いながら 選ぶものの了解を親に求めなくてもいい

自由な買い物を楽しんだ・・・はずです。




このおこづかいを始めて 意外に不便だったのが

私が子どもたちに服を買ってあげる楽しみが 無くなった・・・ということ。

季節柄 SALEも多く、大きめサイズをあらかじめ買ったほうが・・・とか

ふだんは買えないけど、SALEで手ごろな価格になっていたり・・・と

そんな場面がありましたが、「岩下式」だと 普段着もお小遣いで、です。


ふたりの金額では、現実的には、Tシャツ一枚も なかなか買えません。

そこで、成長とともに買い替えの必要な基本的な衣類は、親のお金で買い、

リサイクルショップや、ユニクロの掘り出しものなど

数百円で買えそうな 子ども自身が選ぶ衣類は お小遣いから出す、ことにしました。



基本的に、うちは衣類の数は少なめだと思います。

しっかり洗っても丈夫で 肌触りのいいものを 数少なく持ち

私も、必要に迫られない限りは 衣類の買い物に行かないので

余分なものを持つことは あまりありません。


長女Riraさんは、年上の従兄弟たちが 全員男の子で おさがりがありません。

成長すれば、購入するしかないので このお小遣いだけではムリでした。

それでも、学校に着て行く白いTシャツや、靴下、下着類はおこづかいで買い、

リサイクルショップも利用したり工夫をしています。




そんな感じで 修正したり 相談したりしながらのお小遣い制度です。

もっと きっちり 厳しい態度も必要なのでしょうが

まずは 、「 自分で必要な物を 価格を意識して買う 」 ということを

経験してもらいたいので しばらくはこの調子でいく予定。


外出先で すぐ 「 のど乾いた~何か飲み物買ってぇ~」と言っていたcyoppiも

いつも出かける時は 水筒準備してました


その反面、TVで見た新発売のジュースを自分で買ってみたりもしてました



月末の決算は、いっしょに手伝ってあげないと 小学生には面倒ですが

お金に関しては、全部親の許可がいり、

親の価値観が優先されて諦めることも多かったと思うので

学校で必要な文房具でも 自分で考えて買えるのは、楽しいようです。



お盆に おじいちゃんたちからお小遣いをもらい

それも全額、それぞれの貯金通帳に入金しました。


どうやら ふたりで協力してお金を出し合い

我が家 初ゲーム機 wii を買いたいようです




ゲームは、家に置きたくないなぁ・・・と思い続け

運良く Riraさんは それほど熱望もしなかったので 

クラスでもただ1人ゲームを持たずこれまで過ごしてきましたが

cyoppiは、そうはいかず 昨年冬から お風呂掃除で 1円、5円と貯めてきました。


もう2年越しの夢でした

「 諦めず願い続ければ 叶えられることもある 」という経験をさせてみる予定です。





応援のクリックを~
               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop

[Edit]

通帳を作りました

通帳 

先程 子どもそれぞれの通帳を 新規に作ってきました。

子どもたちの貯金箱のなかのお金や 今月のおこづかいから貯金する分を入金して

準備しました。





なんだか 「 おこづかい 」と聞いて わくわくしている娘ふたり

日曜日の晩ご飯の後、おこづかいの話し合いをしてみました

お金について、話したことなんて これまでは なかったなぁ




「 岩下式おこづかい 」 の本を参考に ルールを説明

岩下式おこづかい1 

なにが難しいって、④の 「子どもが買うものに文句を言わない」 じゃないかな


「 なんでそんなもの買うの?」なんて言っちゃだめらしい。

子ども自身が、「 失敗したなぁ 」 と感じるのが大事とか。

親にとったら 無駄なものでも、 子どもには 大事なものもありますし・・・


だ、そうです。



岩下式おこづかい2
 
スタートするにあたって おこづかい帳をいろいろ探しましたが

なかなか よいものがありませんでしたので

毎月、1ページだし 自分で作ったほうが早いなっ・・・ということで

こちらも 岩下式のおこづかい帳を参考に 作ってみました。


子どもが高校生くらいになり、金額も 行動範囲も広がってくれば

これでは無理ですが、中学生くらいまでは 1ページで書ききれると思います。




岩下式おこづかい


むずかしいのは、これです。


おこづかいで 自分で買うものは 何か。

半分おこづかいから出すものは 何か。

親が出すものは 何か。


基本的には、岩下式で おおまかに分けてくれているので

それを参考にしますが

その家庭家庭で、いろいろ独自の支出があると思いますので

このあたりを 子どもと相談することが大事かなぁ・・・と思います。


小学二年生のcyoppi は、次女ということもあり 

学校で必要な 絵の具セットや リコーダーなどの道具は、

Riraさんからのおさがりがありますし

そんなに複雑な支出はないので 簡単です。

 
ややこしいのは Riraさん。

電車ででかけてレッスンに行き、時間も長く、日曜はお弁当持参。

トウシューズは やればやるだけつぶれて買い替えが必要。

とてもじゃないけど おこづいでは無理ですので

どんなものを どこまで 半額出すのか・・・考えてみました。



まぁ、まだ 気がついていない支出も見つかると思いますし

現実的にムリなことも出てくると思いますので

そのときは、毎月毎月 臨機応変に、そのつど家族で相談して

やってみたいな、と思います。




文房具、家庭学習用のドリルなど

勉強に関するものは おこづかいで買うことになります。



だれのために勉強するのか。

「 勉強する 」ってことを 親が率先して勧めているわけではなく

自分が必要なものを 考えて お金を出して、

ひとつひとつ大切にしてもらいたいのが目的です。



貯金の目的は 「 自分の夢のため 」 です。


が、とりあえず cyoppi は、今一番欲しいDSを目標に貯金を始めました。


毎月、いくら貯金するか・・・という話のなかで

cyoppiに 「 いつまでに、いくら貯めて 買いたい?」 と聞いてみたら


「 八月には、買いたいっ





だぁ~かぁ~らぁ~ 

100以上の数が分からないヤツは、これだから・・・




ま、仕方ないので 「 それはムリやで 」 と説明して

こつこつ頑張らせることに。





Riraさんは、どんな目的で貯金していくのかはしりませんが

好きなレオタードを買ってみたい、とは思っているようです。



まぁ、今月は、すでに学校の宿泊学習のために

着替えの下着を買い足したり、短パンを買ったり・・・支出が大きいです。

が、これまで金額なんてそんなに気にせず すっかり私任せでしたが

今回は、ちゃんと自分で吟味しながら選んでおりました。

それだけでも、格段の進歩です。




2人の金銭感覚は、それぞれ 問題はあると思いますが

すべてを任せきるわけではなく

相談をしながら やっていくつもりです。



またなにか新しい発見があれば おしらせいたします。


応援のクリックを~
               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


 

Pagetop

[Edit]

お小遣いスタートします

先日ちょっと書きました 子どもたちの新しいお小遣い制度

「 岩下式おこづかい 」
 

若干 準備不足ですが、スタートいたします←無理やり

 


これまでのお小遣いは

 (学年+1)×100円

100以上の計算ができるようになってから・・・という理由で

お小遣いの支給は 小学校三年生から。

つまり cyoppi は、おこづかいは与えられていません。

て、こともあって どうしても欲しいDSを

彼女は 涙ぐましくも 一回1円という風呂掃除で貯めようと しておりました。

が、いくら計算しても、手に届くはずもなく・・・

何かが欲しい!と熱望することがすくない娘たちの

めずらしく真剣なcyoppiの願いを もうすこし大切にしてあげてもいいような気がして

いろいろ考えておりました。



また、「 ママは買ってくれない 」と、はなから諦めモードで

たいした物欲のない長女Riraさんの

ゆるすぎる金銭感覚も、ちょっと問題なのでは・・・と感じていました。





これまでは 「婦人之友」の考え方で お小遣いを計算して渡してましたが

Riraさんは、毎月バレエ雑誌を690円で買うことになり

まったく これまでの計算では、まかなえず

途中から 定額1000円にしていました。

つまり 自由に使えるのは310円。

これでは、何に使う・・・と計画できる余地もなく

結局、高額なものは 親に買ってもらう羽目に・・・。



なにが面倒って

スーパーに子どもたちといったときに、「これ買って、あれ買って」といちいち言われるのと

遠くへ出かけたときに、お友だちやら自分やらへのお土産を買おうとするときとか

友だちの誕生日プレゼントとか・・・

とかく 毎月のお小遣いでは まかなえない事態があります。


このときに、いちいち親がサイフを開けていたのでは

きりがないし、「 お小遣いって何なの?」ということもありました。

金額的な問題もあるし

それでは、計画的にお金を使ったり、貯めたりということは学べないのでは・・・




そんなときに出会ったのが

「 岩下式おこづかい 」 の本でした。もちろん図書館で



学用品、学校の教材の半分もお小遣いから出し

普段着、下着、文房具は全額おこづかいから出すことにして

年齢 × 400円 /月  をお小遣いとして支給すること

というものです。 



これからは cyoppiにも この金額で支給いたします。




とりあえず、大まかな取り決めをして

子どもたちにも説明をして

とりあえずの金額で スタートいたします


本日、それぞれにこづかい帖を準備し

それぞれの個人名義の通帳を作りに行きます。

お財布は、札まで入るものをcyoppiにも準備しました。

「 子どものおこづかい 」 という岩下さんのブログをたどれば

遠足のお菓子とか、祖父母からの臨時のこづかいとか、将来の夢に向けての貯金とか

習い事や部活の出費とか・・・

細かいアドバイスもありました。

後は、その家庭ごとに臨機応変に。


これをスタートするといいうことは、その大元の 家計を見直してちゃんとやっていくことが

大事になってきます。


我が首を絞めることになります。


がんばりまっす。←頑張ることばっかりですねぇ



応援のクリックを~
               

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

Pagetop


プロフィール

risyon

Author:risyon
思い立ったが吉日タイプ主婦
面倒くさがりゆえに、ふだんの暮らしを整理してシンプルに、ひと手間だけかけた丁寧な暮らしをめざしています。

パパ君とRira (大1) とcyoppi (中2) の
4人家族

カレンダー+最終更新日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

最新記事

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。